eラーニングを活用した人材教育、組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム

eラーニング大賞
応募者募集
詳細・応募はこちら

『eラーニング アワード 2021 フォーラム』『日本e-Learning大賞』を
2021年11月に開催します。

こんな課題ありませんか?

  • 教育・研修に特化した
    ターゲットにリーチ
    できていない

  • 商品・ブランドの
    認知拡大や新製品の
    発表を行う場がほしい

  • セミナーの集客が
    できていない

  • 第三者による
    評価・実績がほしい

教育・研修業界に向けて
発信することができます

『eラーニング アワード 2021 フォーラム』は「教育ICTを取り巻く現状と未来」について豊富な実践事例とともに紹介・発表・議論する国内最高峰の総合フォーラムです。この場で広告の出稿や、講演を開いていただくことができます。

『日本e-Learning大賞』では先進事例、活用事例、導入事例を広く募集し、表彰式では各省庁からの表彰、審査委委員長による講評、受賞者による発表の場を設けられています。選ばれることにより、eラーニングを活用したコンテンツ・サービス・ソリューションの特に優れた事例として表彰されます。

4つの特長

  • 教育・研修に特化
    教育・研修テーマに焦点を当てた講演を開催。講演テーマに則した聴講者リストを入手できます。
  • 圧倒的な講演数と聴講者数
    各種テーマ講演を100以上開催。延べ聴講数13,000以上(2020年度実績)。講演を行うことで、御社の商品やブランド・姿勢・取り組みを発信することができます。
    今年は、下記のような具体的なテーマに落とし込んだフォーラムを多数用意いたしました。
    • 5G リアルタイム通信を活かした学び

    • オープンバッジ(スキル人材育成と可視化)

    • CBT、IBT(本人認証)

    • オンライン集合研修

    • オンライン教育ビジネス

    • ゲーミフィケーション

    • eスポーツ&教育

    • テレワーク時代の人財育成

    • タレントマネジメント

    • 学校ICT(GIGAスクール / 未来の教室 / EdTech)

    • プラットフォーム

    • 実用化された教育AI

    • 教育ビックデータ

  • オンラインとリアル講演で
    参加者との交流
    オンライン講演会場と併せてリアル講演会場(LIVE配信)もご用意。
    講演後に会場聴講者と交流。オフライン講演会場では感染症対策も万全。
  • 受賞による評価・評判の獲得
    eラーニングアワード大賞に応募し、受賞できることができれば、より多くの認知と第三者機関における受賞歴(評価・評判)を得ることができます。

講演・スポンサープラン一覧

  • オンライン講演
    オンライン講演会場での講演を開催します。 開催翌週に聴講予約者リストを納品いたします

    Cisco Webexによる安定運営、セキュリティ確保(2020年度開催実績有)

    講演中およびQ&A交流時間40分にもサポートスタッフを配置

    プラン
    • 30名講演最大予約数50名
    • 50名講演最大予約数125名
    • 120名講演最大予約数300名
  • オフライン講演会場での講演
    講演後に参加者と名刺交換もできる講演会場(溜池山王、秋葉原予定)での講演を行うことができます。
    オンラインへもLIVE配信
  • CM
    各講演間にスポンサーCMを放映(10社限定)

Copyright(c) 2011-2021 e-Learning Awards .All Rights Reserved.

pagetop