eラーニングを活用した人材教育、組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム

2019年度プログラム・セミナー

11月15日(金)のプログラム・セミナー

11月13日の講演内容から選ぶ 11月14日の講演内容から選ぶ 11月15日の講演内容から選ぶ
11月13日のスケジュールから選ぶ 11月14日のスケジュールから選ぶ 11月15日のスケジュールから選ぶ
  • 基調講演11月15日 (金) 09:25~10:15 会場:ルームC
    教育分野におけるICT化推進に向けて(仮題)
    総務省
    情報流通行政局 情報流通振興課 情報活用支援室
    室長 村瀬 剛太 氏
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    令和元年7月より現職。
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 基調講演11月15日 (金) 15:00~15:50 会場:ルームC
    Coming Soon
    文部科学省
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    Coming Soon
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 特別講演11月15日 (金) 10:25~11:05 会場:Sola City Hall
    AI時代のeポートフォリオ/教育ビッグデータの在り方と活用
    東京学芸大学
    ICTセンター
    教授 森本 康彦 氏
    ■講演概要
    AIなどの技術革新が進むSociety5.0という時代は、EdTechを用いて学びの過程の記録をeポートフォリオ/教育ビッグデータとして蓄積・活用することで、学習者の力を最大限に引き出すと共に、個別最適化された学びと多面的・多角的な評価を実現していくことが求められています。
    本講演では、学校関係者・教育事業者だけでなく,AI教育システムを開発したい企業担当者を対象に、最先端の情報、特に、今明らかになった効果的な活用方法について説明します。
    ■講演者略歴
    専門は,教育工学.特に,eポートフォリオ,教育AI活用の第一人者として研究,実践,普及活動を行っている. 1991年 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所入社.1996年 広島市立牛田中学校 教諭 (数学),その後,千葉学芸高等学校,富士常葉大学を経て,2009年東京学芸大学准教授, 2017年同教授 .博士(工学).
    ■ポイント
    ログ⊂eポートフォリオ≒教育ビッグデータ
    何のデータをどう収集し、見える化すべきか
    AI教育システム、授業にどう取り込むべきか
    ■聴講者へのメッセージ
    エビデンスデータに基づく教育の実現にはeポートフォリオが必要不可欠です

    受付中

  • 特別講演11月15日 (金) 17:20~18:00 会場:Sola City Hall
    『激動の教育変革時代をどう生き抜くか!?』
    一般社団法人教育アライアンスネットワーク
    代表理事 下屋 俊裕 氏
    ■講演概要
    (株)市進HDを見事な牽引力で利益体質に転換した経営視点から、今後の教育機関に必要な経営や指導法から、社員教育に必要な今後の視点についてまで講演いたします。教育機関経営者だけでなく、サービス提供会社の方にとって今後の経営のヒントになる講演内容となります。
    ■講演者略歴
    2011年株式会社市進ホールディングス代表取締役社長に就任(現任)。市進教育グループの組織構造を利益体質に転換することを実現。2018年一般社団法人教育アライアンスネットワークの代表理事に就任。業界の課題克服や新たな取り組みに挑戦し、より良き「民間教育機関の次代の姿」を創造していく団体を設立しました。
    ■ポイント
    少子化の今、教育業界の現状は!?
    EdTechの可能性とこれからの塾経営・指導
    民間教育機関の今後!?
    ■聴講者へのメッセージ
    教育産業の「みらい」について一緒に考えてみませんか。

    受付中

  • 全体企画11月15日 (金) 10:40~12:30 会場:ルームC
    学びのゲーミフィケーション活用法 2019最前線
    一般社団法人 日本ゲーミフィケーション協会
    代表幹事(賢者Lv98) 岸本 好弘 氏(写真左)

    合同会社ザワッグル(写真中央左)
    代表 中尾 瑛佑 氏

    株式会社プロキッズ
    代表取締役 原 正幸 氏(写真中央右)

    武蔵野学院大学
    EdTech研究所
    所長 坂井 裕紀 氏(写真右)
    ■講演概要
    「学習者のやる気を高めるためには一体どうすれば良いか?」こうした問いに対し今注目を集めているのが、ゲームの要素を用いて学習者をやる気にさせる「ゲーミフィケーション」(=モチベーション・テクノロジー)です。本トラックでは4つの事例。対象者は小学生から社会人まで、英語学習アプリやプログラミング授業など、デジタルもアナログも含め、ゲーミフィケーションを活用して効果を上げている最新事例4つをご紹介します。さらに、会場の皆さまも含めてディスカッションを行い、ゲーミフィケーション活用のコツを議論します。
    ■講演者略歴
    一般社団法人 日本ゲーミフィケーション協会
    代表幹事(賢者Lv98) 岸本 好弘
    約30年にわたり、ナムコ、コーエーにて、ゲームクリエイターとして有名ゲーム開発を手がける。東京工科大学メディア学部にてゲーミフィケーション、ゲームデザインを教える。今年、日本ゲーミフィケーション協会を立上げ。著書「ゲームはこうしてできている」。好きな食べものはオムライス。

    合同会社ザワッグル
    代表 中尾 瑛佑
    1978年神奈川県生まれ。高校卒業後、陸上自衛隊入隊。SI企業エンジニア後に東京理科大学でIDを学ぶ。合同会社ザワッグルでは、学習コンテンツ、学習サービスの開発を行う。

    株式会社プロキッズ
    代表取締役 原 正幸
    NECに入社後SE、商品企画を経て独立し、大手企業の新入社員教育などに従事。
    子どもが生まれたことを機に、子どもの未来教育を行うプロキッズを設立。
    現在は、子ども向け教育から企業研修まで幅広い世代に教育事業を展開。国立 名古屋工業大学非常勤講師も務める。

    武蔵野学院大学
    EdTech研究所
    所長 坂井 裕紀
    2019年,早稲田大学大学院人間科学研究科修了。同年,武蔵野学院大学EdTech研究所 所長就任(現職)。これまでに働く人を対象に「心の健康」や「心の在り方」に関する教育を1,000回以上実施。ゲーム要素を用いた研修デザイン・教材開発・評価制度の構築、等の実績がある。日本デジタルゲーム学会2017年大会奨励賞受賞。
    ■ポイント
    ゲーミフィケーションとは何か
    ゲーミフィケーション活用の最新事例4つ
    会場の皆さまと活用法のディスカッション
    ■聴講者へのメッセージ
    ゲーミフィケーションの知見共有・学びの場として、一般社団法人 日本ゲーミフィケーション協会を立ち上げました。https://jgamifa.jp/

    受付中

  • 全体企画11月15日 (金) 12:55~14:45 会場:ルームC
    次世代集合研修~研修DX(デジタルトランスフォーメーション)トラック~
    株式会社ネットラーニング
    代表取締役社長 岸田 徹 氏
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    Coming Soon
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 全体企画11月15日 (金) 14:15~17:05 会場:Sola City Hall
    EdTechトラック
    デジタルハリウッド大学大学院
    教授 佐藤 昌宏 氏
    ■講演概要
    デジタルハリウッド大学大学院 教授 佐藤昌宏氏
    他、多数の有識者によるトラック講演


    2012年から開催されている「EdTech Japan Pitch Fes」。
    これまで教育に変革をもたらそうとするイノベーター達60社以上の熱き想いを発信してきました。
    あれから7年。教育はどのように変わってきたのでしょう。
    今回は、eラーニングアワードEdTech賞受賞者他なども含めたイノベーター達が登壇します。
    既成概念にとらわれず、新しい取組に挑戦しているEdTechイノベーター達の想いを存分に伺います。

    第一部    EdTech Japan Pitch Fes

    第二部 パネルディスカッション
    ■講演者略歴
    Coming Soon
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 全体企画11月15日 (金) 16:10~18:00 会場:ルームC
    HR先端テクノロジートラック
    株式会社ネットラーニング
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    Coming Soon
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 09:30~10:10 会場:レセプションホール
    新入社員の”即戦力化” ~効果測定と育成成果にこだわる施策~
    アルー株式会社
    商品開発部
    須藤 賢太郎 氏
    ■講演概要
    新入社員の”即戦力化”をテーマに、新入社員研修での集合学習と配属後の個別学習について、事例を紹介します。配属後の個別学習では、テクノロジーを活用した学習(EdTECH)と熊本大学との共同研究の成果も紹介していきます。
    (1)新入社員の即戦力化とは?
    (2)育成成果にこだわるとは?
    (3)新入社員研修における効果測定と育成成果にこだわる施策事例のご紹介
    (4)配属後の効果測定と育成成果にこだわる施策事例のご紹介
    ■講演者略歴
    青山学院大学大学経営学研究科卒。同大学総合研究所特別研究員として、eラーニングのためのメンタリング(学習者支援の実践)をテーマに研究を行い、その後アルー株式会社に入社。法人営業部のマネジャー、新規事業開発室の室長を経て、商品開発部に従事。若手社員を対象に、職場学習×テクノロジーのサービス開発を担当。
    ■ポイント
    新入社員研修ならびに配属後の事例紹介
    効果測定の方法の紹介
    熊本大学との共同研究の成果の共有
    ■聴講者へのメッセージ
    新入社員の即戦力化に向けて、育成成果にこだわる施策事例をご紹介します。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 09:30~10:10 会場:ルームB
    Coming Soon
    一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    Coming Soon
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 09:30~10:10 会場:ルームA
    Coming Soon
    株式会社ギブリー
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    Coming Soon
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 10:25~11:05 会場:ルームB
    マイクロラーニングの海外での活用事例とコンテンツの開発技法
    株式会社WARK
    取締役ラーニングコンテンツコンサルタント
    横江 功司氏
    ■講演概要
    eラーニングとマイクロラーニングの違いや海外で活用されているマイクロラーニングとは どのようなものなのかを解説します。特にマイクロラーニングはeラーニングとは活用法もデバイスもコンテンツの開発技法が違います。その点をしっかり学んで頂ければと思います。その他、株式会社WARKの(モバイル版)コンテンツ開発ツールである「アイコンテンツロイド」や「アイテスタロイド」も少しご紹介させて頂きます。
    ■講演者略歴
    デザイン会社にてMacを使ったデザインや印刷関連の業務に携わる。
    ゲーム制作会社にてコンシューマゲーム機の3DCGのモデリング、アニメーション制作、プロジェクト管理などに携わる。
    外資系大手PCメーカにてeラーニングコンテンツの企画開発に携わる。
    WARK入社後は、コンテンツ制作ツール開発や内製化支援講師を務める。
    ■ポイント
    マイクロラーニングの海外での活用事例    
    マイクロラーニング用のコンテンツ開発    
    eラーニングとマイクロラーニングの違い    
    ■聴講者へのメッセージ
    人事、教育担当者様!是非、マイクロラーニングを学んで頂ければと思います

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 10:25~11:05 会場:ルームA
    マイクロラーニングの現在と未来
    サイコム・ブレインズ株式会社
    取締役最高デジタル責任者 川口 泰司 氏
    ■講演概要
    マイクロラーニングは教育研修にとどまらず業務の効率化やナレッジの共有など、従来のeラーニングの枠を超えて確実に広がりつつあります。本講演ではマイクロラーニングの本質的なメリットと様々な導入パターンをご紹介するとともに、コンテンツの観点、システムの観点から取り組むべき課題を明示します。
    ■講演者略歴
    十数年に渡る法人向けeラーニング事業の経験を活かし、人材育成全般にICTを適用したプログラム開発を専門としている。ラーニングアナリティクスに高い関心を持ち、データ取得から解析まで精力的に研究活動を行っている。マイクロラーニングコンソシアム代表理事、特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム理事
    ■ポイント
    マイクロラーニングとeラーニングの違い
    マイクロラーニングの事例紹介
    マイクロラーニングの将来を大胆予測
    ■聴講者へのメッセージ
    マイクロラーニングに関心のある方、すでに導入したが悩まれている方大歓迎

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 11:20~12:00 会場:レセプションホール
    最新のリーダー育成 経営シミュレーション×オンライン×修羅場
    株式会社ビジネスコンサルタント
    デジタルソリューションビジネス本部    
    Biz-Ex専任担当 中村 隆延 氏
    ■講演概要
    経営シミュレーション実践型eラーニングとオンラインミーティングを用いた
    これまでの教育プログラムとは異なった弊社独自の新しい教育アプローチです。
    この方法を使えば集まらずに経営感覚をもったリーダーを育成することができます。
    特にリーダーに必要な戦略・財務・マーケティングなど広い視野でビジネスやマネジメントを考えられるようになります。
    これからのリーダー育成をお考えの方はぜひ、セミナーにお越しください。
    ■講演者略歴
    (株)ビジネスコンサルタントに入社後、営業部門に配属
    新規事業部門設立をきっかけに同部署に移籍
    経営シミュレーション実践型eラーニング「Biz-Ex」の開発に従事
    「Biz-Exを通じて、財務に明るい敏腕経営者を育成すること」がミッション
    現在はBiz-Exの販売促進とサービス運用を担当
    ■ポイント
    完全オンラインで集合研修以上の学習効果
    経営シミュレーション実践型プログラム
    80%超えの高い受講完了率
    ■聴講者へのメッセージ
    講義は全4回行いますので、ご都合の良い日程を選択してお越しください。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 11:20~12:00 会場:ルームB
    Coming Soon
    株式会社CAIメディア
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    Coming Soon

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 11:20~12:00 会場:ルームA
    【学校向け】教材UPでアバター動画が完成!反転&マニュアル活用
    株式会社4COLORS
    代表取締役社長 加山 緑郎 氏
    ■講演概要
    PIP‐Makerはパワーポイントから撮影・録音不要で教育動画を作るクラウドシステムです。
    大手企業・金融・学校での導入が多い理由は、一般的な映像と異なり、操作する動画内テスト、
    マニュアル動画、対話するロープレ動画が簡単に作れるからです。
    セミナーでは製品デモ、体験企画、費用対効果の実績から最先端の自動翻訳機能、
    エクセルから動画生成など今まで見たことのないEdTechビジョンをご紹介します。
    ■講演者略歴
    2006年創業。すべての情報を入力して、伝える形に出力する伝達産業を創るビジョンをもとに、
    撮影・録音不要で誰でも簡単にアバターが音声でしゃべる動画が作れる「PIP-Maker」を自社開発 ※特許取得済
    現在250社動画10,000本以上の提供実績があり大企業から学校を中心に研修動画と営業ツール動画として事業を行っている。
    ■ポイント
    1社500本実績、170人の人件費削減の効果
    パワポで簡単運用が実現!テスト動画の制作
    インタラクティブ動画が研修効果を高める
    ■聴講者へのメッセージ
    「働き改革」を具体的に実現するための施策でお困りの方は是非、ご参加を!

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 11:20~12:00 会場:Sola City Hall
    空前の人手不足時代…eラーニングは人手不足を解決できるか?
    株式会社MAIA
    CEO
    月田 有香 氏(写真左)

    株式会社プロシーズ
    取締役
    西川 修平 氏(写真中)

    株式会社プロシーズ    
    HRオンボーディング事業部    チーフ
    井上 賢次    氏(写真右)
    ■講演概要
    2030年には640万人の労働人口が不足すると言われている人手不足時代。人手不足解消の手法は数多くありますが、人を増やす方法を取る以上、そこには必ず教育が必要になります。
    この講演では、eラーニングによる教育と仕事の供給や就業マッチングサービスを展開している株式会社MAIA(「RPA女子プロジェクト」等)と株式会社プロシーズ(「ReCADemy」等)がそれぞれの事例をご紹介します。人手不足解消のヒントになれば幸いです。
    ■講演者略歴
    株式会社MAIA
    CEO
    月田 有香 氏
    2010年、芸術教育・芸術による人材育成事業を行う現Cheers株式会社を設立。2017年に「人とテクノロジーを繋ぎ、新しい働き方を創出する仕組みを創ること」をビジョンに掲げた株式会社MAIAを設立。女性の働き方改革を実現する「RPA女子プロジェクト」等さまざまな事業を展開している。    

    株式会社プロシーズ
    取締役
    西川 修平 氏
    eラーニングコンテンツ・システムを提供している株式会社プロシーズの立上げに参画し、効果的なeラーニングの導入・運用を提案する研修コンサルタントとして活躍。現在人材系企業に対する研修・定着支援サービスの実施や、さらに、ITエンジニア・CAD分野のBtoCサービスにて、企業との採用マッチング事業を進めている。

    株式会社プロシーズ    
    HRオンボーディング事業部    チーフ
    井上 賢次 氏
    2006年プロシーズに入社。BtoC向けのeラーニングサービスや、派遣会社のキャリア形成を支援するeラーニングサービス『派遣の学校』等様々なサービスの企画・立ち上げ・運用に携わる。現在は、今後増加する日本で働く外国人や受け入れ企業向け支援サービス『MANABEL JAPAN』を立ち上げ中。
    ■ポイント
    eラーニングによる人手不足解消策    
    「RPA女子プロジェクト」の事例    
    人材をスカウトできるLMSのご紹介    

    ■聴講者へのメッセージ
    人手不足にお悩みならぜひ一度お聞きください!

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 12:15~12:55 会場:ルームA
    「デジタル教材の問題点」を超えるそろタッチ教室システム
    株式会社Digika
    代表取締役社長 橋本 恭伸 氏
    ■講演概要
    デジタル教材の導入を懸念する声があります。「画面ばかり見てしまう」「人との関りが少なくなる」「自分で考える力が育たない」これらを覆すような仕組みがそろタッチ教室システムにあります!そろタッチ教室は、子供も大人も椅子から立ち上がって、生き生きと授業を行っています!本講演では、教室の様子を再現しながら、暗算能力の獲得を通じてSocial Emotional Learningに繋げていくそろタッチの思いをお話します。
    ■講演者略歴
    Microsoftグローバル新卒採用第一期生として入社。The University of Sheffield MBAを経て楽天株式会社へ.PT. Rakuten Indonesia, PT. Rakuten Belanja OnlineのDirectorを歴任し、海外ビジネスを現地最前線で率いた。子供達の計算力の向上と自信の獲得の為、世界中にそろタッチを広めるべく活動中。
    ■ポイント
    「先生」に代わる「ファシリテーター」とは
    デジタル教材の問題点とその突破方法
    認知能力の獲得とSELの関わり合い
    ■聴講者へのメッセージ
    子供が自信を持つために必要な教室とは何なのか、皆さんと考えたいです。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 12:15~12:55 会場:Sola City Hall
    教育 x AI、eラーニングテクノロジの可能性
    株式会社デジタル・ナレッジ
    代表取締役 COO テクノロジ・エバンジェリスト
    吉田 自由児 氏
    ■講演概要
    AIをはじめとする様々なテクノロジが我々の生活の中に取り込まれ、これまでにない価値を創造しつつあります。これら最新テクノロジを教育に取り入れることで社会の変化に適応し多様化するニーズに応えることは、今後のeラーニングを検討する上で考慮しなければならない事項だと考えます。

    当セッションでは、AIの技術的な特性と昨今の教育トレンドを踏まえ、「教育 x AI」で実現する世界観を説明した上で、現時点でデジタル・ナレッジが提供する教育xAIソリューションを紹介いたします。
    ■講演者略歴
    株式会社デジタル・ナレッジ代表取締役COO 特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム 資格制度e-Learningエキスパート講師(「eラーニングテクノロジ」と「LMS活用技術」を担当)
    ■ポイント
    参加者全員にeラーニングお役立ち冊子をプレゼント
    ■聴講者へのメッセージ
    教育テクノロジのトレンドを知り活用したい方、高い教育効果を提供したい方、必聴です!

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 13:10~13:50 会場:レセプションホール
    より臨場感のあるeラーニング教材を目指して ~合成動画の活用~(仮称)
    comming soon
    ※presented by 株式会社システム計画研究所
    ■講演概要
    comming soon
    ■講演者略歴
    comming soon
    ■ポイント
    画面越しに、ライブ授業のような臨場感を演出するには
    クロマキー撮影活用のメリットとハードル
    クロマキー合成を実現するソリューション
    ■聴講者へのメッセージ
    comming soon

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 13:10~13:50 会場:ルームB
    eラーニングの導入設計と受講活性による学ぶ風土醸成
    株式会社グロービス
    グロービス・デジタル・プラットフォーム
    チームリーダー 越田 愛佳 氏
    ■講演概要
    働き方改革が叫ばれる中、人材育成や研修の効率化に向けe-ラーニングの導入をする企業が増えてきました。しかし、「導入したけど使われない」「本当に効果があるのかわからない」「どうしたら自発的に学んでくれるのだろう」というお悩みも多くあります。定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」の運営からみた導入前の設計と受講活性による学ぶ風土醸成のナレッジ、事例をご紹介します。
    ■講演者略歴
    総合人材会社にて中途採用支援、採用コンサルティング部門のセールスマネジャーを兼務するなど幅広く従事。2017年よりグロービス・デジタル・プラットフォーム部門に参加。デジタルラーニング推進/営業企画を経て、2019年より法人顧客に向けたサービス普及促進・満足度向上を目指すチームのリードを務める。
    ■ポイント
    テクノロジーを活用した育成計画の設計
    eラーニング導入後の受講活性事例ご紹介
    学ぶ風土作りに必要な育成人事の考え方
    ■聴講者へのメッセージ
    テクノロジーを効果的に活用した育成戦略と運用を事例でご紹介します

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 13:10~13:50 会場:ルームA
    Coming Soon
    株式会社イー・コミュニケーションズ
    CBT事業部 CBT営業部
    CBT営業部長 小沢 孝氏
    ■講演概要
    Coming Soon
    ■講演者略歴
    2011年からイー・コミュニケーションズにて、営業に従事。検定団体、法人向けにCBT(Computer Based Testing)の導入
    を推進。既存紙試験のCBT化はもちろん、新規試験の立ち上げの参画も含め、100社以上に社内試験スキームの導入を行う。
    ■ポイント
    Coming Soon
    ■聴講者へのメッセージ
    Coming Soon

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 14:05~14:45 会場:ルームB
    最新のリーダー育成 経営シミュレーション×オンライン×修羅場
    株式会社ビジネスコンサルタント
    デジタルソリューションビジネス本部
    Biz-Ex専任担当 中村 隆延 氏
    ■講演概要
    経営シミュレーション実践型eラーニングとオンラインミーティングを用いた
    これまでの教育プログラムとは異なった弊社独自の新しい教育アプローチです。
    この方法を使えば集まらずに経営感覚をもったリーダーを育成することができます。
    特にリーダーに必要な戦略・財務・マーケティングなど広い視野でビジネスやマネジメントを考えられるようになります。
    これからのリーダー育成をお考えの方はぜひ、セミナーにお越しください。
    ■講演者略歴
    (株)ビジネスコンサルタントに入社後、営業部門に配属
    新規事業部門設立をきっかけに同部署に移籍
    経営シミュレーション実践型eラーニング「Biz-Ex」の開発に従事
    「Biz-Exを通じて、財務に明るい敏腕経営者を育成すること」がミッション
    現在はBiz-Exの販売促進とサービス運用を担当
    ■ポイント
    完全オンラインで集合研修以上の学習効果
    経営シミュレーション実践型プログラム
    80%超えの高い受講完了率
    ■聴講者へのメッセージ
    講義は全4回行いますので、ご都合の良い日程を選択してお越しください。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 14:05~14:45 会場:ルームA
    自分の人生に集中する生き方
    株式会社ジンズ
    MEME事業部 兼 Think Labグループ
    統括リーダー 井上 一鷹 氏
    ■講演概要
    残業を減らし、生産性を上げなければいけない、という働き方改革を進めるのならば、まず重要なのは、パフォーマンスを図る物差しである。日常生活での集中力測定を実現したJINS MEMEにより、様々な環境での集中力の変化を記録。そうして蓄えられた知見を詰め込んだ、世界一集中できるワークスペースThink Lab。その効果や、様々な企業に広がる集中への投資・Think Labの導入をご紹介。
    ■講演者略歴
    大学卒業後、戦略コンサルティングファームにて大手製造業を中心とした事業戦略、技術経営戦略、人事組織戦略の立案に従事後、ジンズに入社。MEME 事業部、Think Labプロジェクト兼任。「集中力 パフォーマンスを300倍にする働き方」を執筆。
    ■ポイント
    定量的なデータを活用した働き方改革
    世界一集中できるワークスペースThink Lab
    広がる集中への投資とその効果
    ■聴講者へのメッセージ
    コミュニケーション過多の時代だからこそ、個が考える時間や空間が重要です

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 15:00~15:40 会場:ルームB
    データから見る、「就職」の現状と未来
    一般社団法人スクール・トゥ・ワーク
    代表理事 古屋 星斗 氏
    ■講演概要
    第四次産業革命や人生100年時代と言われる変化のなかで、採用や若手育成も大きく変容しています。そして若手人材の価値観も急激に変化しています。本講演では最新のビッグデータをもとに、何が真の問題なのかを考えるとともに、これまでのやり方が通用しないなか新たなやり方で優秀な若手を獲得する企業などの事例について取り上げます。
    ■講演者略歴
    1986年岐阜県生まれ。大学院にて教育社会学を専攻。卒業後、経済産業省に入省。産業人材政策、福島の復興、未来投資戦略の立案に従事し、経済産業政策局課長補佐を最後に退職。現在は民間研究機関にて若者のキャリアづくりを研究する傍ら、非大卒の若者のキャリア作りを支援する団体であるスクール・トゥ・ワークを創設。
    ■ポイント
    最新のデータから若者の企業観の変化を探る
    これからの就職のあるべき姿を探る
    企業の採用や育成に求められる取組を探る
    ■聴講者へのメッセージ
    終身雇用が終わる時代、日本の人材育成はどう変わるべきか問題提起します

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 15:00~15:40 会場:ルームA
    マイクロラーニング×○○?!最適な人材育成ソリューションをご紹介
    サイコム・ブレインズ株式会社
    ソリューションユニット
    アソシエイト 今矢 敦士 氏
    ■講演概要
    昨今、業務時間削減、人手不足などを背景に、社員には仕事の効率を一層上げる事が求められ続けているかと思います。
    限られた時間・リソースをどう配分すれば、より良い社員の育成ができるのか、お悩みではないでしょうか。
    今回の講演では、弊社のお客様の中で3社に実施させて頂いた、複合型の育成プログラム事例を。
    マイクロラーニングと集合研修と現場実践をどう絡めていけばいいか、どんな効果が出たのかをご紹介します。
    ■講演者略歴
    1992年兵庫県生まれ。立命館大学法学部卒。前職では、営業改革の為のシステム導入や業務改善に従事。
    サイコム・ブレインズ入社後は、夜間のビジネススクール担当を経て、現在は、企業研修の提案から導入や分析を行う。
    また次世代人事育成の公開講座担当も兼務。
    ■ポイント
    知識定着とリフレクション
    eラーニングを活用した、プログラム最適化
    働き方改革による研修機会削減への対応
    ■聴講者へのメッセージ
    正解がない人財育成の取組に対して、何かご参考にして頂けますと幸いです。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 16:00~16:40 会場:ルームB
    未来の教室バーチャルクラスを運営するためのポイント
    株式会社人財ラボ
    代表取締役社長 下山 博志 氏
    ■講演概要
    一箇所に参加者を集める集合研修は、一定の時間やコストが必要です。そこで、近年欧米を中心にネットを介してリアルタイムに講義を行う「バーチャルクラス」の活用が広まっています。これは単なる集合研修の替わりではありません。バーチャルクラスの特徴を活かした、講義手法やコンテンツデザインが必要です。このセミナーでは、バーチャルクラスの課題や可能性について説明し、導入を検討している方のためのステップを説明します。
    ■講演者略歴
    ㈱人財ラボ代表取締役。人事・人材開発の戦略支援、ラーニングテクノロジー支援を行うコンサルティングを展開。WEBシステム開発の㈱創新ラボ会長、ほか日本イーラニングコンソシアム理事、熊本大学大学院講師、ATDジャパン理事、神奈川県総合教育センター顧問アドバイザーなど勤める。
    早稲田大学大学院技術経営学修士
    ■ポイント
    集合研修に替わるバーチャルクラスとは
    バーチャルクラスを導入するための準備
    バーチャルクラスを効果的に運営するには
    ■聴講者へのメッセージ
    急速に広がる、ネットを活用した研修を、あなたの組織でも活用して下さい。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 16:00~16:40 会場:ルームA
    動画による人材育成、ナレッジ共有のポイント
    KIYOラーニング株式会社
    代表取締役社長 綾部 貴淑 氏
    ■講演概要
    社員教育の問題点は、動画eラーニングで解決できます。本セミナーでは、動画を活用して効果的に人材育成し、ナレッジを共有する方法をご紹介します。動画を使った社員教育の成功事例、6つの具体的な動画活用テーマ、動画eラーニングの成功のポイントについてわかりやすく解説します。また、最新の動画eラーニングサービス「AirCourse」をご紹介します。
    ■講演者略歴
    東京工業大学情報科学科卒。日本オラクルを経てITコンサルティングに従事。仕事の傍ら、効率的な学習法を研究し、2008年にオンライン講座「通勤講座(現:スタディング)」を開講。2010年法人化。2019年4月に累計受講者5万人を超える。2017年に社員教育クラウド「AirCourse」をリリース。社会人教育の革新を追求している。
    ■ポイント
    動画eラーニングの効果的な活用事例
    運営の手間やコストを削減するノウハウ
    eラーニングで学習成果を上げるポイント
    ■聴講者へのメッセージ
    社員教育やeラーニング導入に関する貴社のお悩みを解決します。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (金) 16:55~17:35 会場:ルームB
    プログラミング教育と自己調整学習
    千葉工業大学
    情報科学部 情報ネットワーク学科
    教授 仲林 清 氏
    ■講演概要
    近年注目されている自律的学習理論のひとつに自己調整学習の考え方があります.学習のサイクルを予見,遂行,自己内省の段階に分け,各段階での自分の状態に関するメタ認知や自己効力感を自ら調整して学習を促進させようというものです.本講演では,大学生に自身の学習経験を自己調整学習の理論から省察させ,これによってプログラミングなどさまざまな分野の学習での自己調整学習能力向上を図る教育実践事例を紹介します.
    ■講演者略歴
    1982年日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所入社.文字認識システム,ネットワーク型教育支援システムなどの研究開発に従事.放送大学教授などを経て2010年より現職.一般社団法人教育システム情報学会理事.NPO法人日本イーラーニングコンソシアム副会長,熊本大学教授システム学専攻客員教授.博士(人間科学).
    ■ポイント
    大学生・社会人の「自ら学ぶ力」の重要性
    コルブの経験学習理論に則った授業設計
    情報教育・プログラミング教育への効果
    ■聴講者へのメッセージ
    自分のこれまでの学びの経験と,それが理論に裏付けられたものとなっているか

    受付中

選択リスト

続けて他の講演を選択できます。
選択完了したら申込を確定します。
申込を確定した後でも講演を追加・キャンセルできます。

申込を確定