eラーニングアワードフォーラム開催概要

開催概要

「eラーニングを取り巻く現状と未来」
『eラーニングアワード 2019 フォーラム』 2019年11月13日(水)~15日(金)
「eラーニングを取り巻く現状と未来」を豊富な事例とともに
紹介・発表・議論する国内唯一の総合フォーラムです。

日本のeラーニングを代表する企業が集結
国内の有力eラーニング関連サービス提供企業が集結。
課題に対して具体的なソリューションが得られる、絶好の商談の場です。

併催企画『日本e-Learning大賞』
先進事例、活用事例、導入事例を広く募集し、eラーニング アワード 2019 フォーラムの会期中に行う表彰式では省庁からの表彰・受賞者による発表の場を設け、フォーラムをさらに盛り上げます。

Value from the Innovation

いま教育は、ICTを使うことで大きく変わりつつあります。
これは素晴らしい未来になるはずですが、人を育むという重要かつ複雑な営みであり、ICTを入れる「だけ」では成果はあがりません。
この時に大切になってくるのは「事例」の積み重ねにより、教育にICTを適用する方法の知恵が生まれ、共有されていき、知恵を持った社会になることだと思います。私たちはこのために一般社団法人e-Learning Initiative Japanを設立し活動しています。

『日本e-Learning大賞』は教育にICTを使って成果を上げた事例を広く募集し、優秀な事例に経済産業大臣賞、総務大臣賞、文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、各団体会長賞、特別部門賞を授与するアワードです。

3日間にわたって開催する『eラーニングアワード フォーラム』では、
このアワードの省庁からの表彰、審査委委員長による講評、受賞者による発表を聴講できると同時に、
企業研修、中小企業教育、高等教育機関、初等中等教育、塾やスクールなど教育ビジネスまで幅広い分野で、有識者による100を超える多くの講演もご用意いたします。

さらに、AIやVR、ビッグデータなどの旬なキーテーマについては、そのテーマの第一人者がファシリテーターとなってその分野の有識者と語り合って頂く、テーマトラックも10を超えるテーマで実施いたします。

このような3部構成により『eラーニングアワード フォーラム』は教育ICTについて気付きを得られる場になっています。
冒頭で述べさせていただいたとおり知恵の共有を目的にしているため、完全無料でご聴講頂けますのでぜひご来場いただければ幸いです。

当法人では『日本e-Learning大賞』『eラーニングアワード フォーラム』 をはじめとした業界発展の為の様々な活動を実施しております。

事業者に於かれましては、本会の趣旨にご賛同頂けましたら幸いです。

一般社団法人e-Learning Initiative Japan 理事長 はが弘明

会期 2019年11月13日(水)~15日(金) 9:00~18:00
会場 ソラシティ カンファレンスセンター
主催 一般社団法人e-Learning Initiative Japan / フジサンケイビジネスアイ
入場料 事前にお申し込みをしていただくことで無料になります。
※ 当日受付は入場料として1,000円いただきます。
後援 経済産業省
文部科学省
総務省
厚生労働省
独立行政法人情報処理推進機構
全国都道府県教育委員会連合会
日本商工会議所
社団法人日本経済団体連合会
公益社団法人経済同友会
産経新聞社
New Education Expo 実行委員会
協賛 ATD International Member Network Japan
公益財団法人学習ソフトウェア情報研究センター
教育システム情報学会(JSiSE)
一般財団法人コンピュータ教育推進センター
公益社団法人私立大学情報教育協会(JUCE)
全国教育研究所連盟
大学ICT推進協議会
大学eラーニング協議会
デジタル教科書教材協議会(DiTT)
特定非営利活動法人日本e-Learning学会(JeLA)
特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC)
日本教育工学会
日本教育工学協会(JAET)
一般社団法人日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)
一般社団法人日本コンピュータシステム販売店協会
一般財団法人日本視聴覚教育協会
日本情報科教育学会
日本電子出版協会(JEPA)
特定非営利活動法人u-School推進コンソーシアム(USEC)
台湾eラーニング及びデジタルアーカイブ産業推進計画
モバイルラーニングコンソーシアム
日本ムードル協会

第15回(2018年度) 開催レポート

2018年11月14日、15日、16日に開催した「eラーニングアワード 2018 フォーラム」は、3日間でのべ聴講者数10,000名を超える皆さまにご来場いただき、大盛況のうちに終了となりました。

詳細はこちら