• トップページ
  • 開催概要
  • プログラム・セミナー
  • スポンサー一覧
  • 日本e-Learning大賞
  • コンテンツポータル
  • アクセス
  • FAQ
eラーニングアワード facebookページ


eラーニングアワード ツイッターページ

2017年度プログラム・セミナー

10月25日のプログラム・セミナー

10月25日の講演内容から選ぶ 10月26日の講演内容から選ぶ 10月27日の講演内容から選ぶ
10月25日のスケジュールから選ぶ 10月26日のスケジュールから選ぶ 10月27日のスケジュールから選ぶ
事例紹介コーナーから選ぶ

  • 受付終了

    基調講演10月25日 (水) 16:10~16:45 会場:ハート
    【基調講演】経済産業省の情報関連施策 IT人材育成について
    経済産業省
    商務情報政策局
    地域情報化人材育成推進室長
    藤岡 伸嘉 氏
    ■講演概要
    政府は、2017年6月に「未来投資戦略2017」を策定し、Society5.0の実現を目指しています。これら実現の課題解決の鍵は、「人材への投資を通じて経済社会の生産性を上げること」です。この戦略に盛り込まれたIT人材育成政策を中心に経済産業省において重点的に実施している関係事業等について御紹介します。
    ■講演者略歴
    商務情報政策局消費者相談室長、資源エネルギー庁電力・ガス事業部核燃料サイクル産業立地対策室長、中小企業庁長官官房企画官等を経て、平成28年6月より現職
  • 受付終了

    全体企画10月25日 (水) 10:30~13:35 会場:Sola City Hall
    日本e-Learning大賞トラック(開会式・表彰式・基調講演)
    ■経済産業省
    ■文部科学省
    ■総務省
    ■厚生労働省
    ■株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
    代表取締役社長
    小串記代氏
    ■講演概要
    第一部:開会式・表彰式
    日本e-Learning大賞の表彰式を行います。
    経済産業省、文部科学省、総務省、厚生労働省のご担当者および審査委員長から審査基準、受賞理由等についてコメントを頂きます。

    第二部:基調講演
    『人と組織の無限の可能性を拓く~ ICT活用で加速する企業人育成 ~』

    IoTやAIなどの技術革新が加速する今日、あらためて「人が学ぶ」こと、「働く」意味が問われています。本講演では、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 代表取締役社長の小串記代氏が30年にわたり企業の人材育成を支援してきた実績から、人と組織が共に成長し発展していく道筋を振り返り、これから求められる人材育成の方向性とICTの果たす役割についてお話します。

    ★2017年9月26日(火)、本年度の日本e-Learning大賞受賞者が決定しました!

    ■日本 e-Learning 大賞(最優秀賞):株式会社 Digika
    作品:新!暗算学習法「そろタッチ」

    ■経済産業大臣賞:株式会社 Z 会
    作品:Z会 Asteria

    ■文部科学大臣賞:九州保健福祉大学薬学部薬学科臨床薬学第二講座
    作品:患者ロボットとインターネットを活用した医療における身体学的評価法を学ぶためのセルフラーニングシステム

    ■総務大臣賞:株式会社葵
    作品:全国の仲間と楽しく学ぶ「スマホ学習塾アオイゼミ」

    ■厚生労働大臣賞:株式会社 TMJ
    作品:「高齢者応対研修」eラーニングサービス

    その他受賞者一覧:http://www.elearningawards.jp/e-learning.html
    ■講演者略歴
    株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所
    代表取締役社長
    小串記代氏

    略歴:
    大手エンジニアリング会社にて海外渉外業務、人事人材開発コンサルティング会社にてアセスメント、リーダーシップ教育に従事。1996年、株式会社富士ゼロックス総合教育研究所入社。商品開発、調査、コンサルティングに従事。2016年より現職。津田塾大学国際関係学科卒業、国際大学国際経営学研究科修了MBA。
  • 受付終了

    全体企画10月25日 (水) 14:00~15:55 会場:Sola City Hall
    IMS Japanトラック
    ■一般社団法人 日本IMS協会
    理事
    山田恒夫氏

    ■放送大学学園・理事長、九州大学・元総長
    有川節夫氏

    ■日本IMS協会・理事長、早稲田大学・元総長
    白井克彦氏
    ■講演概要
    第1部 第2回IMS Japan賞授賞式
    最優秀賞1点、優秀賞数点の発表と表彰

    第2部 第2回IMS Japan賞記念講演会
    「次世代電子学習環境・教育情報データ分析・
    国際標準化が拓く、新たな学びの地平」

    有川節夫(放送大学学園・理事長、九州大学・元総長)
    白井克彦(日本IMS協会・理事長、早稲田大学・元総長)

    情報科学という観点もふまえ教育改革を推進されてこられた、おふたりの碩学に、今後の教育・学習の進むべき将来像についてご議論いただきます。
    ■講演者略歴
    ■一般社団法人日本IMS協会・理事長
    早稲田大学・元総長、前放送大学学園・理事長
    白井克彦氏
     
    ■放送大学学園・理事長
    九州大学・元総長
    有川節夫氏

    (司会)
    放送大学・教授、一般社団法人日本IMS協会理事・IMS Japan賞選考委員会委員長
    山田恒夫氏
  • 全体企画10月25日 (水) 16:00~17:00 会場:Sola City Hall
    【写真撮影会】受賞者限定
    ■講演概要
    日本eラーニング大賞(最優秀賞)
    経済産業大臣賞
    文部科学大臣賞
    総務大臣賞
    厚生労働大臣賞
    特別部門賞
    IMS Japan賞
    等、「第14回 日本eラーニング大賞」の受賞者の皆様は、
    同日、同会場にお集まりください。

    個別&全体、それぞれの写真撮影を行います。
  • 受付終了

    全体企画10月25日 (水) 17:00~19:00 会場:Sola City Hall
    懇親会
    eLAF事務局
    ■講演概要
    eラーニング アワード 2017 フォーラムでは、

    懇親会(Learning Party)を開催いたします!

    ■ご来場者様
    ■官公庁様
    ■ご講演者様
    ■会場スタッフ
    ■教育関係者様

    どなたでも、“参加可能”です。

    お食事とドリンクをご用意いたしますので、
    是非、楽しい時間と空間にして頂きたいと思っております!

    【場所】ソラシティホール
    【費用】¥2,000(税込)※領収書はお渡しいたします。
    【日時】2017年10月25日(水)17:00~19:00
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 09:25~10:00 会場:スペード
    ドローン技術を活用したスポーツの教育実践
    武蔵野美術大学
    身体運動文化
    北 徹朗 氏
    ■講演概要
    体育・スポーツ教育におけるドローン利用の事例とその有用性について、大学の体育授業での実践事例(ゴルフ、野球、サッカー、バスケットボールなどの球技)を中心に紹介します。実際の撮影動画やその活用事例、撮影方法とセッティングのコツ等についても紹介します。
    ■講演者略歴
    武蔵野美術大学身体運動文化准教授、同大学大学院博士後期課程准教授(兼担)。サイバー大学IT総合学部客員准教授。中央大学保健体育研究所客員研究員。国際基督教大学、電気通信大学、フェリス女学院大学、明治大学などの非常勤講師を歴任。帝京科学大学専任講師を経て現職。博士(医学)。経営管理修士(専門職)。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 09:30~10:05 会場:クローバー
    プロが教える!動画eラーニング成功への近道
    株式会社ネットラーニング
    カスタムサービス事業部 課長
    太田 正治 氏
    ■講演概要
    昨今、教育・研修に動画を活用することが増えています。動画はわかりやすく、多くの情報を入れられるため、取り入れたいとお考えの研修担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか。
     ● 動画の優位性とは?
     ● 反面、なかなか気づかないその落とし穴とは…?
    本セミナーでは、ちょっとした実験や事例紹介を交えながら、効果的な動画の取り入れ方を考えていただく機会を提供したいと思います。
    ■講演者略歴
    B to B営業を経験。ネットラーニング社に転職後は、大手企業や官公庁に対して、研修の企画設計および実施のサポートをする。お客様のニーズに応じた、各種オリジナルeラーニングコンテンツの制作や研修運営方法の企画・提案を中心に営業活動を行っています。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 09:30~10:05 会場:ダイヤ
    ラーニングアナリティクス&AI教材 見て触って体験ワークショップ!
    株式会社デジタル・ナレッジ ビジネスソリューション事業部長 齋藤陽亮氏
    株式会社デジタル・ナレッジ  プラットフォーム事業部 教育ビックデータチーム 
    エンジニア ラーニング・データサイエンティスト Jason Gettys氏
    ■講演概要
    ラーニングアナリティクスと語学用AI教材を実際に体験できるワークショップ型セミナーです。定員10名の少人数でPCとスマートフォンを利用し、ラーニングアナリティクスでは弊社のデータサイエンティストによるデモンストレーションを行います。
    実際のデータに触れていただく事も出来ます。語学用AI教材では英語、中国語の3つのデジタル教材「ダイアローグ訓練評価」「ライティング訓練評価」「発音矯正」の受講と教材制作を体験頂けます。
    ━━━━━━
    ★参加特典★
    ━━━━━━
    パラパラっと見やすい小冊子【教育ビッグデータ早わかりブック】プレゼント!教育ビッグデータ&ラーニングアナリティクスのヒントがいっぱい詰まった見応えたっぷりの小冊子をご聴講いただいた方全員にお配り致します。
    ■講演者略歴
    齋藤陽亮(ファシリテータ)
    2009年デジタル・ナレッジ入社。100を超えるeラーニングビジネスのコーディネートを行ってきたeラーニングビジネス専門家。

    Jason Gettys(ラーニング・データサイエンティスト)
    2005年デジタル・ナレッジ入社。多数のeラーニング開発を経て学習履歴データ分析・活用を専門とするエンジニア。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 09:30~10:05 会場:ジャック
    学習ビッグデータを活用した「スマートな学び」の支援
    上智大学
    理工学部 情報理工学科 教授
    田村 恭久 氏
    ■講演概要
    初等中等教育では、2020年に教育の情報化が予定されています。生徒や受講者の手元にタブレットPCやノートPCがあることで、教科書や教材を見るだけでなく、学習活動の履歴を自動的に収集できます。この膨大な、一見脈絡のないデータをビッグデータ処理を用いて分析し、生徒や受講者の理解度、苦手分野、学習スタイルなどを推定し、個々に応じた学びを提供することができます。
    ■講演者略歴
    上智大学理工学部教授。博士(工学)。専門分野は教育工学。研究テーマはeラーニング、電子教科書、ラーニングアナリティクス、スキル学習支援など。学習分析学会理事長、日本eラーニング学会会長、ISO/IEC JTC1/SC36 /WG8 project co-editor、ICT Connect 21 技術標準化WG座長、JEPAフェロー。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 09:30~10:05 会場:ハート
    東京工業大学における新しい「学び」の支援方針
    東京工業大学
    教育革新センター
    渡辺 雄貴 氏
    ■講演概要
    2016年からはじまった東京工業大学教育改革において,具体的な教育内容にかんして,教育革新センターの役割を中心的に,FD活動や,新たな授業方法であるアクティブラーニング,反転授業を取り入れた授業設計,環境整備など,学生の学びを促す仕組み作り,さらに,学習環境改善への取り組みを,各国の大学の先進事例とともにご紹介します.
    ■講演者略歴
    東京都出身.専門は教育工学,インストラクショナルデザイン,学習環境デザイン.東京工業大学では全学FDプログラムの開発や学習環境デザインを担当.東京理科大学理学部卒業.東京工業大学大学院社会理工学研究科修了.博士(学術).青山学院大学,東京大学大学院,首都大学東京などを経て,2015年より現職.
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 10:15~10:50 会場:スペード
    清教学園中学校・高等学校 主体的な学びをサポートするe-ポートフォリオ
    清教学園中学校・高等学校
    特任教諭
    田邊 則彦 氏
    ■講演概要
    LMS機能を持たせた初等・中等教育機関向けのe-ポートフォリオで、学びのプロセスと学習成果物を蓄積し、多様な「学びのニーズ」への対応を試みた取組を紹介する。様々な評価手法を扱える柔軟なシステムを用いて、教育の質保証と質向上に向けた実践を報告する。学習者の学習に対するメタ認知を高め、指導と評価の一体化を促進し、授業改善につなげ、学習を支援するコミュニティの形成を目指している。
    ■講演者略歴
    1952年生まれ 慶應義塾大学卒 慶應義塾・関西大学・清教学園にて体系的な情報教育カリキュラムの構築およびICTを活用した新しい学習環境の提案をメインに活動 初等・中等教育機関向けのeポートフォリオの利用を推進 NHK高校講座「社会と情報」講師
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 10:20~10:55 会場:クローバー
    教育の情報化におけるICT CONNECT 21の役割
    ICT CONNECT 21
    事務局
    常務理事・事務局長
    片岡 靖 氏
    ■講演概要
    ICT CONNECT 21は、情報通信技術を活用して教育をより良くして行こうという意思を持つさまざまなステークホルダーが集まるオープンな場を提供するとともに、格差なく誰でもいつでもどこでも生涯を通じて学べる学習環境作りに取り組み、教育の情報化の一層の進展に寄与し、社会の発展に貢献することを目的として立ち上げました。今までの取組とこれからの取組についてお話をいたします。
    ■講演者略歴
    2015年4月よりJAPET&CECに出向、ICT CONNECT 21の事務局長として現在にいたる
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 10:20~10:55 会場:ダイヤ
    1社で500本!大量生産実績!【撮影・録音不要】3Dアバターの研修動画でコスト削減を実現!
    株式会社4COLORS
    代表取締役
    加山 緑郎 氏
    ■講演概要
    ・「読ませる」から「2倍伝わる視聴覚メディア」へ
    ・eラーニング動画制作における課題
    ・最新テクノロジーで解決 1本3990円で作れる理由
    ・パワーポイントから最短5分で動画を完成 デモストレーション!
    ・1社で500本以上の大量生産実績の紹介
    ・制作、配信、管理のワンストップだから選ばれる
    ・初公開!スマホから教育動画を作る最新サービスの紹介
    ・参加者の皆様で、スマホからアバター動画の制作体験
    ■講演者略歴
    大量の読ませる情報を、ITで伝わる形にするのが企業理念。最先端の3Dアバターと音声合成を使った、
    eラーニング/プロモーション動画を誰でも簡単に作れるクラウドシステムを提供。(特許取得済)
    生産性・訴求力を高める効果が認められ、累計5000本以上の制作実績があります。
    第1回「横浜知財みらい企業」認定。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 10:20~10:55 会場:ジャック
    アクティブ・ラーニングの視点を生かした「深い学び」を どう実現するか?
    早稲田大学
    教職大学院 教授
    田中 博之 氏
    ■講演概要
    アクティブ・ラーニングは、学習者自らが課題を発見・解決していく「主体的・対話的で深い学び」である。しかし、その授業理論は未だ確立されてはおらず、小中学校段階での具体的な指導方法も明らかになっていない。そこでこの講演では、アクティブ・ラーニングの具体的な授業づくりと学習評価のあり方に焦点をあて、その具体的な方法を、新学習指導要領の改訂をふまえながら、理論的かつ実践的に豊富な授業事例を交えて解説する。
    ■講演者略歴
    1960年北九州市生まれ。大阪大学人間科学部卒業後、同大学院人間科学研究科博士後期課程在学中に大阪大学人間科学部助手となり、その後大阪教育大学教授を経て、2009年4月より現職。専門は、教育工学および教育方法学。主著に、『アクティブ・ラーニング「深い学び」実践の手引き』(教育開発研究所、2017年)、他多数。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 10:20~10:55 会場:ハート
    「新しい進学校」のカタチをどうつくるか ─ 桐蔭学園の改革から
    学校法人桐蔭学園
    中学校・高等学校・中等教育学校 校長
    岡田 直哉 氏
    ■講演概要
    われわれ桐蔭学園は、2014年の創立50周年を期に、次の50年を見据えた教育改革をスタートしました。コンセプトは「新しい進学校のカタチを提案する」。次の50年とはどのような時代なのか、そしてそのような時代において力強く生きていくためには何が必要なのか、という観点からの抜本的な改革です。アクティブラーニング型授業を本格導入してきた実践を紹介しつつ、次の時代の中等教育の在り方についても考察します。
    ■講演者略歴
    1965年、横浜市に生まれる。1978年、桐蔭学園中学校に入学し、1984年に同高等学校を卒業。同年、中央大学文学部に入学し、1988年に卒業。同年4月より、母校・桐蔭学園にて教鞭を執る。担当は国語。理数科主任、学年主任、一貫教育推進部長等を歴任し、2017年4月より中学校・高等学校・中等教育学校の第4代校長に就任。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 11:05~11:40 会場:スペード
    【アクティブ・ラーニング】机上投写型電子黒板システムを用いたアクティブ・ラーニング
    京都情報大学院大学
    准教授
    江見 圭司 氏
    ■講演概要
    これまでの電子黒板は垂直な面に書く必要があるので不慣れな学習者には書き込みが難しく,アクティブ・ラーニングの重要な手法であるグループディスカッションでの利用は難しかった. 本発表の方式では, これを水平面(机上)に投射することでこの問題点を解決した.さらに, 複数の机上投写型電子黒板をネット上で連携することで, 教室内でのグループワークや遠隔地とつないでアクティブ・ラーニングを行うことも可能である. ※マクセル株式会社/京都情報大学院大学/一般社団法人野菜プラネット協会 presents
    ■講演者略歴
    京都大学理学士,同大学院修士課程修了(化学専攻),同大学院博士課程修了,博士(人間・環境学), 金沢工業大学専任講師をへて現職。
    ETロボコン関西地区実行委員長,ゲーム学会評議員,情報処理学会「コンピュータと教育」研究会運営委員
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 11:10~11:45 会場:クローバー
    AIでモチベーション向上!  チャットボット × ICT教材の活用
    株式会社すららネット
    代表取締役社長
    湯野川 孝彦 氏
    ■講演概要
    人工知能(AI)が生徒の学習データに基づき、生徒と対話。チャットボットによる「努力を促す声掛け」が他の声がけと比較して6倍の学習量の伸びを示した事例をご紹介。生徒の学習継続・モチベーションアップに繋がった具体的なアプローチやシステムについて研究成果を発表します。また、最先端のアダプティブラーニング機能やバイタルデータを利用した学習習慣改善の取り組みなどもお伝えします。
    ■講演者略歴
    国内の学習塾や学校で活用され、現在では650の塾、120の学校、40,000のユーザーが利用中。「所得格差と教育機会格差の負のスパイラルを断ち切る」という理念を掲げ、近年はスリランカ、インドネシア、インドにも展開中。大企業、大学とも連携したオープンイノベーションで最先端の研究や新技術の活用などを行っている。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 11:10~11:45 会場:ダイヤ
    事例で学ぼう!eラーニングの「運営」設計
    株式会社ネットラーニング
    教育事業部 サービス統括課
    課長
    竹内ゆい氏
    ■講演概要
    eラーニングを初めて導入する方は「どのようなコンテンツを制作するか」にフォーカスしがちです。

    しかし、課題とゴールをふまえた運営方法を、事前に設計することが成功への近道なのです!

    今回はeラーニングの「運営設計」にフォーカスを当て、その重要性やコンテンツ制作より前の段階で検討すべきポイントをお話します。

    eラーニングの導入を検討されている方、うまくeラーニングを活用できていないかもと思われる方は必見です!
    ■講演者略歴
    株式会社ネットラーニング
    教育事業部 サービス統括課
    課長
    竹内ゆい氏

    2014年3月 株式会社ネットラーニング入社。
    大学・教育機関向けの営業を経て、顧客別にeラーニングの運営設計の検討、満足度向上をミッションとする課を立ち上げ現在に至る。
    また、JMOOC特別会員企業としての営業・広報活動にも従事しており、JMOOC専用のオンラインチャンネル「JMOOC CAST」のキャスター。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 11:10~11:45 会場:ハート
    【第12回 経済産業大臣賞受賞企業】先生・生徒に様々な教育サービス届けるプラットフォームの世界観
    Classi株式会社
    企画部 部長
    宮尾 晃一 氏
    ■講演概要
    Classiは2014年4月からサービスを開始し、2017年8月時点で2,000校77万人となりました。
    日本で最も多くの学校からICTに関する声をいただきながら、活用されるデータから色々な事が見えるようになってきました。
    データを元にしたアダプティブラーニングが進む中で、個々にあった教育サービスは必ず必要になってきます。
    様々なサービスパートナーと、先生生徒を繋ぐClassiプラットフォームの世界観をお話したいと思っています。
    ■講演者略歴
    ソフトバンク株式会社で、日3億件のビッグデータを分析。モバイルおよびサービスコンテンツ開発・新規事業開発を行う。
    教育×ICT(データ)の掛け合わせで生まれる新しい価値の開発に取り組む。
    2014年4月から株式会社ベネッセホールディングスとの合弁会社であるClassi事業を開始し、2017年8月、Classiは2,000校77万人に。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 11:35~13:30 会場:ジャック
    Amazingな学び、Crazyな学校 変わる公立学校の学び!
    小金井市立前原小学校
    校長
    松田 孝 氏
    ■講演概要
    プログラミング100時間とe-Learning(ブレンデッドラーニング)が公立学校の「学び」を変えることを、小学校現場の事実としてお話しします。①前原小のプログラミング授業概要(30分)、②EnglishCentralを活用した英語活動について(40分ーEnglishCentral代表取締役松村弘典氏との対談)、③「ブレンデッドラーニングの衝撃」の紹介(20分ー訳者小松健司氏講演)(調整中)、④算数におけるブレンデッドラーニングの取組みについて(40分ーe-borad、凸版印刷、COMPASSの代表者3名とのパネルディスカッション)
    ■講演者略歴
    東京学芸大学卒、上越教育大学大学院修了、東京都公立小学校教諭、指導主事、主任指導主事(指導室長)を経て、2016年4月からは小金井市立前原小学校校長。情報端末の積極的活用で、100年以上変わらない初等公教育のリデザインを実践する。11月25日土曜日、授業(学校)公開予定。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 11:55~12:30 会場:スペード
    フィッシャーテクニックによるeラーニングを活用したSTEMの推進
    アイファ電気商会
    代表取締役
    関山 忠志 氏
    ■講演概要
    フィッシャーテクニックは、自分自身で基本となる技術的理解を見出すことを促します。すべてのパーツは機能的に組み合わせることができ、50年の経験により、ドイツでは教育機関からもっとも支持されている教材です。積み重ねた実績を踏まえ現在の教育トレンドであるSTEMメゾットを効率的に進めるアイテムとして提案いたします。そして、eラーニングを活用することで、その有効性はより確かになるでしょう。
    ■講演者略歴
    関山 忠志 氏
    アイファ電気商会、代表取締役。工場などにおける生産設備の保守サービスを通じて、ドイツとの交流する機会を得。その御縁の中でフィッシャーテクニックと出会い、その素晴らしさに賛同し、日本でのプロモーションを行うに至る。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:00~12:35 会場:クローバー
    AIでモチベーション向上!  チャットボット × ICT教材の活用
    株式会社すららネット
    代表取締役社長
    湯野川 孝彦 氏
    ■講演概要
    人工知能(AI)が生徒の学習データに基づき、生徒と対話。チャットボットによる「努力を促す声掛け」が他の声がけと比較して6倍の学習量の伸びを示した事例をご紹介。生徒の学習継続・モチベーションアップに繋がった具体的なアプローチやシステムについて研究成果を発表します。また、最先端のアダプティブラーニング機能やバイタルデータを利用した学習習慣改善の取り組みなどもお伝えします。
    ■講演者略歴
    国内の学習塾や学校で活用され、現在では650の塾、120の学校、40,000のユーザーが利用中。「所得格差と教育機会格差の負のスパイラルを断ち切る」という理念を掲げ、近年はスリランカ、インドネシア、インドにも展開中。大企業、大学とも連携したオープンイノベーションで最先端の研究や新技術の活用などを行っている。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:00~12:35 会場:ダイヤ
    ネットワーク収録と動画共有がもたらす新たな学習効果
    フォトロンM&Eソリューションズ株式会社
    教育映像システム部
    糸川 覚 氏
    ■講演概要
    近年医療系学部では従来の座学講義に加え、臨床能力を高めるための実習講義の比率が高くなっています。
    反転学習用の映像コンテンツの作成や収録された講義映像の復習環境の構築に加え、カリキュラムとして比重が増す実習講義における収録とディブリーフィングでの活用、共有といった実際に利用されている医療系学部での取り組みを紹介致します。
    ■講演者略歴
    2000年4月株式会社フォトロン入社
    2003年4月より現教育映像システム部の前身となるeソリューション部にてICTソリューションの営業・企画に従事。
    2017年4月教育映像システム部の事業譲渡によりフォトロンM&Eソリューションズ株式会社で現職。
    これまで80大学以上の映像ICTソリューションの導入に関わる。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:00~12:35 会場:ハート
    【2016年EdTech部門賞受賞者!】第一学院高等学校のICT教育の取組と今後の展望
    株式会社ウィザス / 第一学院高等学校
    教育運営部 ICT推進室 室長
    四條 勇人 氏
    ■講演概要
    第一学院では、時間を自由に使える通信制高校の特長を生かし、教科学習はもちろん、実学的なキャリア教育を重視したカリキュラムを構築しています。
    最新のICTを活用したアクティブラーニングの取り組み内容や、学習・成績管理のデジタル化による教員の生徒への関わり方の変化等、生徒一人ひとりの希望進路実現に向けた第一学院の取り組みを、今後の展望を交えてご紹介します。
    ■講演者略歴
    四條 勇人 氏
    通信制高校の第一学院高等学校(全国52拠点)でICT推進室を担当。2015年度より全校生徒にタブレット端末を配布。通学生約3,300名を対象に東京のスタジオから全国にリアルタイムに授業を配信する、ライブ配信授業を展開。スタジオとキャンパスをインタラクティブに結ぶ全国一斉のアクティブラーニングにチャレンジしている。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:45~13:20 会場:スペード
    【2016年 EdTech部門賞受賞】テクノロジーの力で授業を指揮する
    株式会社コードタクト
    代表取締役
    後藤 正樹 氏
    ■講演概要
    テクノロジーの発達により、人々の生活や価値観に変化が起こりました。そしてそれにより、社会に必要な能力にも変化が現れ、文科省はその能力を「生きる力」と呼び、協働型の学びに力を入れています。
    私は過去には講師として、現在は指揮者としての仕事もしていますが、近年独裁型から協働型の指揮者が増えてきました。その類似性も踏まえながら、テクノロジーの力で先生が授業を指揮する環境作りについてお話したいと思います。
    ■講演者略歴
    東京大学大学院総合文化研究科、洗足学園大学指揮研究所を卒業。未踏スーパークリエータ認定。
    現在、コードタクト代表取締役、StudyLab取締役、日本デジタル教科書学会の役員を務める。
    一方、指揮者としても活動しており、琉球フィルハーモニックオーケストラ指揮者などを務める。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:50~13:25 会場:クローバー
    新学習指導要領とプログラミング教育は「未来の学び」を創る!
    ICT CONNECT 21
    事務局
    次長
    寺西 隆行 氏
    ■講演概要
    2020年度に小学校段階から始まる新学習指導要領では、プログラミング教育が必修化されます。その背景や、どれくらい教科書に書かれるか、など、なかなかつかめない方も多いと思われます。新学習指導要領に沿った教科書検定の方向性を示した報告書の一文では「小学校におけるプログラミング教育に関連する規定の新設」とまで明記されているプログラミング教育への「本気度」について、新学習指導要領の要点と共にお伝えいたします。
    ■講演者略歴
     1997年(株)増進会出版社(現Z会)入社。教材編集に従事する傍ら、メールマガジンを企画・配信。

    2004年宣伝担当に異動し、携帯Q&AサイトやSNSなどを開発。
    2011年理科課課長、2015年2月「Z会東大個別指導教室プレアデス」の立ち上げ等を経て、2016年7月 ICT CONNECT21に参画。教育改革に対する知見が深い。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:50~13:25 会場:ダイヤ
    学習管理システムMoodleroomsで実践するキャリアパス
    アシストマイクロ株式会社
    Moodlerooms Japan Project リーダー
    錦織 孝行 氏
    ■講演概要
    世界で1億以上のユーザが利用するMoodleをベースに作られたMoodleroomsならば、皆さまの要望に柔軟に対応する豊富な機能と高い操作性を提供。進捗状況などに応じ最適化した学習を提供する個人用学習デザイナ(PLD)、人材育成に有効なコンピテンシーフレームワークなど、先進的な機能を搭載。洗練されたユーザインターフェースにより初心者でも楽々操作、スマホ、タブレットからの学習も可能です。
    ■講演者略歴
    通算25年を超える海外IT製品関連のビジネスに携わり、多岐にわたる業界知識をバックボーンに、これまでにファイルサーバであるXythos(ザイトス)、語学教材のロゼッタストーン、クラウドベースのLMS(学習管理システム)Moodleroomsなどのビジネスを立ち上げる。新事業立ち上げを通じた自立・自律型従業員育成を推進。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 12:50~13:25 会場:ハート
    人工知能、機械学習、 ディープラーニングへの招待とその応用展開
    久留米大学    
    バイオ統計センター 准教授    
    石井 一夫 氏
    ■講演概要
    本講演では、人工知能、機械学習、ディープラーニング(深層学習)の概要を説明し、今のトレンドである人工知能や機械学習で、なぜディープラーニングがトレンドになっているのか、ディープラーニングができて何が嬉しいのかについてまず説明します。そして、そこから人工知能、機械学習、ディープラーニング(深層学習)の応用展開とその可能性について解説し、その将来展望を予想します。
    ■講演者略歴
    専門分野:数理モデリング、計算機統計学、データマイニング、機械学習、人工知能。2015年度情報処理学会優秀教育賞受賞。日本技術士会フェロー、APECエンジニア、IPEA国際エンジニア。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 13:35~14:10 会場:スペード
    プログラミング教育最前線 学びをエンターテインメントに変える!ライフイズテックのオンライン教育サービスの仕組みと事例
    ライフイズテック株式会社
    取締役CTO
    橋本 善久 氏
    ■講演概要
    中高生向けプログラミング教育を手がけるライフイズテックが提供する「学び」をエンタテインメントに変える体験設計の裏側、オンラインで学ぶプログラミング教育サービスの仕組み、カリキュラム設計のポイントなどをライフイズテックCTO橋本が事例を交えながらお話します。
    ■講演者略歴
    1973年愛知県生まれ。東京大学工学部卒業後、株式会社セガでプログラマやゲームディレクターとして家庭用ゲームソフト開発に従事。
    その後株式会社スクウェア・エニックスのCTO、R&D部門長として、全社技術の推進、開発マネジメントの改善、技術者採用促進と育成等に努める。
    2014年春より独立し、リブゼント・イノベーションズ株式会社を創立。
    2014年12月より、ライフイズテック株式会社 取締役CTOに就任。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 13:40~14:15 会場:クローバー
    【2016年 EdTech部門賞受賞企業!】プログラミング教育でクリエイティビティを育む方法
    株式会社しくみデザイン
    三木 祥子 氏
    ■講演概要
    自由な発想をそのまま形ににして「つくる」こと自体を楽しんで欲しい。そしてその経験の中から、論理性や批判的思考を包括する「クリエイティブシンキング」の力を育んで欲しい。そんな想いから生まれたのが、アプリ「Springin'(スプリンギン)」です。従来のプログラミング作業ベースの教育ツールとは異なるこの革新的なアプリについて、ワークショップの様子や、子供たちの作品の紹介も交えながらお話しします。
    ■講演者略歴
    株式会社しくみデザインの絵心あるPR担当。主にクリエイティブ教育アプリのPRを担当。Springin'を使って(主に我が子向けの)作品づくりにいそしむ立場として、その利点や楽しさを伝える。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 13:40~14:15 会場:ダイヤ
    「教育ICT」「ビッグデータを活用した組織戦略」への取り組み
    株式会社システム計画研究所
    第2セグメント
    サブマネージャ
    久野 祐輔 氏
    ■講演概要
    クロマキー合成技術を用いたリアルタイム教育ICTコンテンツ制作システム「ROBUSKEY STUDIO」をご紹介します。
    手軽に合成動画の収録ができるため、教材コンテンツ制作が身近なものとなります。先生や講師の方にはもちろん、企業広報や社内教育、海外研修用のコンテンツ制作にもお役立ちできます。
    また、最先端なAI技術やビックデータを活用し、「人」を可視化するピープルアナリティクスについての取り組みについてご紹介します。
    ■講演者略歴
    2004年、システム計画研究所/ISP入社。写真シール機の開発を始めとして、画像処理関連システムを中心とした開発業務に従事。自社製品の企画/開発も主導する。近年は、人/モノ/知識/情報を繋げることをテーマとして、新規事業の創出やプロジェクトマネージメントに従事。各種技術セミナーでの講師も多く努める。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 13:45~15:45 会場:ジャック
    ICT CONNECT21
    ICT CONNECT21
    常務理事・事務局長
    片岡靖氏

    全国子どもの貧困・教育支援団体協議会
    事務局
    生田大五郎氏

    NPO法人eboard
    代表理事
    中村孝一氏

    特定非営利活動法人 アーモンド コミュニティ ネットワーク 
    理事長
    水谷裕子氏
    ■講演概要
    ■第一部
    格差のない子どもへの学習環境の提供

    ■第二部
    「教育支援活動のさらなる推進」に向けて

    ■第三部
    「ICTを活用した学習支援の取り組み  〜子どもの貧困解決に向けたNPO法人eboardの取り組み〜」
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 13:45~15:50 会場:ハート
    【特別企画】新製品プレゼンテーション会
    ■株式会社Z会
    ICT事業部 事業戦略課
    課長
    野本竜哉氏

    ■ヒューマンアカデミー株式会社
    戦略本部  IT戦略推進室
    シニアマネージャー
    丹羽 潤一氏

    ■サイコム・ブレインズ株式会社
    取締役
    川口泰司氏

    ■株式会社デジタル・ナレッジ
    代表取締役COO
    吉田自由児氏

    ■株式会社ネットラーニング
    社長執行役員
    吉田俊明氏
    ■講演概要
    ■株式会社Z会
    ★新製品★
    全国どこでも、新大学入試やこれからの社会で求められる”学力の3要素”を育成できる世の中へ
    協働学習・探究学習の世界にいざなう「Z会Asteria 総合探究講座」のこれまでとこれから
    -テクノロジーが超えた950km-

    ■ヒューマンアカデミー株式会社
    ★新製品★
    教育ICTを活用した21世紀にふさわしい「ミライの教育」の提供
    ~IT化がもたらすパラダイムシフトによる「教育のIT化」「アダプティブラーニング」「反転教育」などに備える

    ■サイコム・ブレインズ株式会社
    ★新製品★
    経営スキルやビジネスナレッジを効率よく身につけるマイクロラーニング型の映像講座「ビジネスマスターズ」のご紹介
    通勤時やカフェでも学べる1トピック5分の映像講座。全8講座を日英中の3言語でご用意。

    ■株式会社デジタル・ナレッジ
    ★新製品★
    AIを活用した英語四技能の教育サービスを2017年10月25日にリリース致します。
    今、注目されるAIによる“新しい学び”をお届けいたします。

    ■株式会社ネットラーニング
    ★新製品★
    AIで個人レッスンの英会話:発音診断と会話フィードバックでみるみる上達
    eラーニング+アプリ。2つの組み合わせでいつでもどこでも「個人レッスン!」
    ■講演者略歴
    ■株式会社Z会
    ICT事業部 事業戦略課
    課長
    野本竜哉氏

    略歴:
    2009年KDDI入社、国際通信回線の設計保守、私学向けICT環境構築SE、IoT企画業務を経て、2017年5月より現職。
    大学受験時に動く数学教材で長年の疑問が氷解した経験から、学習者目線での教育ICT推進に注力。
    現在はZ会にて、小学生から社会人まで幅広いICT系商材を担当。一般社団法人iOSコンソーシアム 文教WG 座長も兼任。

    ■ヒューマンアカデミー株式会社
    戦略本部  IT戦略推進室
    シニアマネージャー
    丹羽 潤一氏

    略歴:
    教育業界やeラーニング業界、IT制作業界を経験し、2016年12月にヒューマンアカデミー入社。eラーニングを中心とした教育ICT化の推進を担当し、教育品質の向上や業務改善や、eラーニングを中心としたシームレスな連携に取り組んでいる。

    ■サイコム・ブレインズ株式会社
    取締役
    川口泰司氏

    略歴:
    十数年に渡る法人向けeラーニング事業の経験を活かし、人材育成全般にICTを適用したプログラム開発を専門としている。最近はラーニングアナリティクスに高い関心を持ち、データ取得から解析まで精力的に研究活動を行っている。特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム理事、モバイルラーニングコンソシアム理事

    ■株式会社デジタル・ナレッジ
    代表取締役COO
    吉田自由児氏

    略歴:
    株式会社デジタル・ナレッジ代表取締役COO
    株式会社デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所 所長
    株式会社デジタル・ナレッジ・ユニバーシティ・ラーニング 取締役
    特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム 資格制度e-Learningエキスパート講師(「eラーニングテクノロジ」と「LMS活用技術」を担当)

    ■株式会社ネットラーニング
    社長執行役員
    吉田俊明氏

    略歴:
    慶應義塾大学理工学部応用化学科卒業後、外資系金融機関に勤務。
    各種証券のディーリングや資産運用業務、ビジネスプランニングに従事。
    2000年、株式会社ネットラーニング入社。
    営業統括・業務統括として、さまざまなeラーニングソリューションを提案・実行。
    2009年6月、社長執行役員に就任。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 14:25~15:00 会場:スペード
    【2015年グッドアイディア部門賞受賞企業】社内試験実施のメリット ~社員のスキル向上のために~
    株式会社イー・コミュニケーションズ    
    CBT事業部 営業部    
    営業部長
    小沢 孝 氏
    ■講演概要
    従来、試験実施にはかなりの運用負荷が発生していましたが、コンピュータを利用した試験形態(CBT形式)での実施をすることで効率的かつ低コストな社内試験実施が実現できます。「社員のスキル向上」、「適切な人材配置」を実現する社内試験スキームを、100社以上の導入実績を持つ弊社のソリューションを、実例を踏まえご紹介させていただきます。
    ■講演者略歴
    2011年からイー・コミュニケーションズにて、営業に従事。検定団体、法人向けにCBT(Computer Based Testing)の導入を推進。既存紙試験のCBT化はもちろん、新規試験の立ち上げの参画も含め、100社以上に社内試験スキームの導入を行う。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 14:30~15:05 会場:クローバー
    【2016年プログラミング教育特別部門賞受賞者】TechAcademy オンライン学習で、 世の中のエンジニア不足を解消
    キラメックス株式会社
    代表取締役社長
    村田 雅行 氏
    ■講演概要
    小学校におけるプログラミング教育の必修化が注目を集めていたり、多くの企業においてIT人材の不足が課題となっており、ITスキルを身につける場の需要は年々高まっています。TechAcademyでは、オンライン完結型の学習システムを提供しており、場所を選ばず、誰もが高いレベルのITスキル習得に取り組める様になっています。地方在住者や企業における人材育成等多くの卒業生を輩出するTechAcademyがそのノウハウをご紹介致します。
    ■講演者略歴
    1983年生、京都府京都市出身。2006年4月、楽天株式会社に入社。開発本部にてポータル事業のシステム構築・運用を担当。その後システムの調達、交渉、契約などシステムインテグレーションに従事。2008年4月、楽天株式会社を退社。2009年2月、キラメックス株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2016年2月、同社をユナイテッド株式会社に売却しグループ入り。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 14:30~15:05 会場:ダイヤ
    テキストデータが  簡単にアニメーション動画に 変わります!
    株式会社アスデザイン    
    IT事業部
    斉藤 和章 氏
    ■講演者略歴
    約10年間、教育業界において最先端のシステム開発や動画コンテンツ制作に従事してまいりました。
    最新のIT・サービスに精通し、教育業界に新しいソリューションを提案します。
    是非お気軽にご相談ください。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 15:15~15:50 会場:スペード
    eポートフォリオに人材イノベーションを期待する
    市立豊中病院
    医療情報室 情報システム係
    係長
    佐々木 啓充 氏
    ■講演概要
    2011年に導入したLMSがあげている成果の一部を紹介し、その一方でLMS運用の人材確保の難しさについてもお話します。また、次の更新ではeポートフォリオの採用も検討しており、職員の研修や学習などの情報の集約が人材育成や学習促進つながらないか模索しています。eポートフォリオが、限られた人員の中から人材を発掘し、人材確保の糸口となるのではないか。その期待と夢についてお話します。(調整中)
    ■講演者略歴
    1971年大阪府生まれ。 
    1995年大阪大学医療技術短期大学部診療放射線技術学科卒業。同年から市立豊中病院放射線部、2004年から医療情報部を兼務、2011年より医療情報室。診療放射線技師、上級医療情報技師、公認医療情報システム監査人。日本医療情報学会 評議員・医療情報技師育成指導者、関西医療情報技師会世話人など
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 15:20~15:55 会場:クローバー
    マイクロラーニングによる営業力強化の手法
    サイコム・ブレインズ株式会社
    教育ビッグデータ事業推進本部
    取締役本部長
    川口 泰司 氏
    ■講演概要
    営業パーソンの育成は重要な経営課題の一つであり、企業活動の成否を左右するといっても過言ではありません。しかし現実には依然として「気合と根性論」が支配していたり、OJTが十分に機能していないなど、的確かつ効率的な教育が施されていないケースが見受けられます。マイクロラーニングは営業教育に適しており、本講演では営業教育におけるプログラムの設計や期待効果について、ツールも紹介しながらお話しいたします。
    ■講演者略歴
    十数年に渡る法人向けeラーニング事業の経験を活かし、人材育成全般にICTを適用したプログラム開発を専門としている。最近はラーニングアナリティクスに高い関心を持ち、データ取得から解析まで精力的に研究活動を行っている。特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム理事、モバイルラーニングコンソシアム理事
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 15:20~15:55 会場:ダイヤ
    無料!で使えるeラーニングのはじめかた
    株式会社ジンジャーアップ
    営業部
    山﨑 真実 氏
    ■講演概要
    7月より弊社ASP版LMSが基本料金0円でご利用いただける様になりました。本セミナーでは「無料でどこまで使えるのか?」「最初に何から始めればよいのか?」無駄なくeラーニングを導入し活用するをわかりやすくお届けいたします。
    ■講演者略歴
    株式会社ジンジャーアップ営業部、広報セミナー担当。高製能0円LMSから最先端規格xAPI/LRS,cmi5を広く全国に広める為に毎月セミナーを開催している。ユーザー目線でわかりやすくお届けします。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 16:05~16:40 会場:ジャック
    IT時代の医療職教育!  医療技術の暗黙知は自己学習できるのか?
    公立大学法人 大阪府立大学
    人間社会システム科学研究科 教授
    真嶋 由貴恵 氏
    ■講演概要
    「痛くない注射はどうしたらできるのだろうか?」
    医療職は専門知識だけでなく,適切な医療技術も習得することが必要である.しかし,一人で学んで上手になることは大変難しい.そのため,学習での有効度が高い振り返りや自分の傾向を知ることを支援しながら自己学習で技術をマスターできる学習システムができないかと考えている.このようなシステムは医療技術に限らず,スポーツ系他技能の学習でも応用することが可能となる.
    ■講演者略歴
    2001年岡山理科大学博士後期課程了.博士(工学).広島県豊田郡川尻町保健師,国立呉病院看護師,神戸市看護大学助手,産業医科大学助教授,大阪府立看護大学助教授,大阪府立大学教授を経て,2016年より現職.2006年 情報教育研究集会 優秀論文賞,2007年 第4回e-Learning大賞厚生労働大臣賞,2011年 教育システム情報学会論文賞.
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 16:05~16:40 会場:スペード
    プログラミング教育の市場とトレンド ~民間の子ども向けプログラミングスクールはここまで来た!~
    株式会社CA Tech Kids
    代表取締役社長
    上野 朝大 氏
    ■講演概要
    2020年から小学校で必修化されることが決まり、関心が高まっているプログラミング教育。最近では、「子どもにさせたい習い事」ランキングでプログラミングが1位になる等、保護者の間でも人気が高まっており、ビジネスとして参入する企業も急増しています。知られざる民間プログラミングスクールの実態や、今後の展望について、日本最大規模の小学生向けスクール「Tech Kids School」の代表者がお話しします。
    ■講演者略歴
    2013年5月に株式会社CA Tech Kidsを設立し代表取締役社長に就任。
    運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」では約1000人の生徒が本格的なプログラミング学習を行っている。
    文部科学省「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 16:10~16:45 会場:クローバー
    タブレットを活用した英会話授業  千代田区立神田一橋中学校の取組み
    東京都千代田区区立神田一橋中学校
    校長
    太田 耕司 氏
    ■講演概要
    神田一橋中学校は、千代田区の情報教育推進校として、全国に先駆けて生徒一人に1台のタブレット端末を配置し、様々なアクティブラーニングや個別学習に取り組んでいます。その取り組みの1つに、タブレットに自動発音評価システムが付いている英会話トレーニングアプリ「MyET」を取り込み、ALT講師がいなくても授業で英会話の練習を実践しています。講演ではICTを活用した取り組みと「MyET」を使った授業事例についてご紹介します。
    ■講演者略歴
    平成19年 中野区立第十一中学校 副校長
    平成20年 中野区立第八中学校 副校長
    平成24年 千代田区立神田一橋中学校 校長
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 16:10~16:45 会場:ダイヤ
    コストをかけずにeラーニングで成果を上げるポイント
    KIYOラーニング株式会社
    代表取締役
    綾部 貴淑 氏
    ■講演概要
    多額の費用をかけてもeラーニングで成果が上がるとは限りません。逆に、コストを抑えながら成果を上げる方法もあります。
    本セミナーでは、どうすればコストを抑えつつeラーニングで成果を上げられるのか、手法と導入手順をわかりやすく解説します。
    ■講演者略歴
    東京工業大学情報科学科卒。日本オラクルを経て経営管理システムのコンサルティングに従事。
    仕事の傍ら、能力を最大限に引き出す学習法を研究し、2008年にオンライン講座「通勤講座」を開講。現在有料受講者1.5万人を超え急成長中。2017年には社員教育クラウド「AirCourse」をリリース。社会人教育の革新を追求している。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 17:00~17:35 会場:クローバー
    ラーニングアナリティクス&AI教材 見て触って体験ワークショップ!
    株式会社デジタル・ナレッジ ビジネスソリューション事業部長 齋藤陽亮氏
    株式会社デジタル・ナレッジ プラットフォーム事業部 教育ビックデータチーム 
    エンジニア ラーニング・データサイエンティスト Jason Gettys氏
    ■講演概要
    ラーニングアナリティクスと語学用AI教材を実際に体験できるワークショップ型セミナーです。定員10名の少人数でPCとスマートフォンを利用し、ラーニングアナリティクスでは弊社のデータサイエンティストによるデモンストレーションを行います。
    実際のデータに触れていただく事も出来ます。語学用AI教材では英語、中国語の3つのデジタル教材「ダイアローグ訓練評価」「ライティング訓練評価」「発音矯正」の受講と教材制作を体験頂けます。
    ━━━━━━
    ★参加特典★
    ━━━━━━
    パラパラっと見やすい小冊子【教育ビッグデータ早わかりブック】プレゼント!教育ビッグデータ&ラーニングアナリティクスのヒントがいっぱい詰まった見応えたっぷりの小冊子をご聴講いただいた方全員にお配り致します。
    ■講演者略歴
    齋藤陽亮(ファシリテータ)
    2009年デジタル・ナレッジ入社。100を超えるeラーニングビジネスのコーディネートを行ってきたeラーニングビジネス専門家。

    Jason Gettys(ラーニング・データサイエンティスト)
    2005年デジタル・ナレッジ入社。多数のeラーニング開発を経て学習履歴データ分析・活用を専門とするエンジニア。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 17:00~17:35 会場:ダイヤ
    大事なのは目標設定! 導入して満足にならない、効果の出る教材の作り方、選び方のポイント!
    株式会社プロシーズ
    ラーニングパートナー事業部
    リーダー
    布施 有香里 氏
    ■講演概要
    ・研修をeラーニングにすることになったけど、教材ってPPTを動画にすればいいんだよね?テストも5問くらいあったほうがいいのかな…。
    ・情報セキュリティをeラーニングで研修することになったけど、どの教材を選べばいいの?今時はスマホ対応だよね…。
    このようなお悩みをお持ちの人事担当者様、eラーニングの導入で大事なのは目標設定です!本公演では、目標を設定する際のポイントや、目標達成に向けてどのような工夫をするとよいかを解説いたします。
    ■講演者略歴
    2006年から10年間、企業様の研修等のオリジナル教材作成を企画提案~完成・運用まで、50案件以上お手伝いさせていただきました。法人様向けレディメイド教材の企画にも数多く携わっています。経験を元に、eラーニング教材作成のポイント、教材の選び方のポイントを解説します。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 17:00~18:00 会場:ジャック
    ブレンディッド・ラーニングの衝撃 「個別カリキュラム」×「学習者主導」×「達成度基準」を 実現したアメリカの教育革命
    21世紀教育応援団アイパル
    代表
    小松 健司 氏
    ■講演概要
    ・ブレンディッド・ラーニングの定義、モデル
    ・ブレンディッド・ラーニング普及の背景
    ・ブレンディッド・ラーニングの効果と限界
    ・ブレンディッド・ラーニングの導入事例
    ・日本での導入に向けての提言
    ■講演者略歴
    米国サウスカロライナ大学卒業後、日米欧の大手金融機関にて国際金融業務に20年間携わる。中国北京への駐在から帰国後、2011年に横浜で学習塾を開設。教育関連の新聞、雑誌等にブレンディッド・ラーニングを中心とした欧米の教育事情に関する記事を数多く寄稿。現在は、日本の教育改革を後押しすべく21世紀教育応援団アイパルの代表を務める。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 17:00~17:35 会場:ハート
    1万人に教えて分かった、プログラミング教育ですべき3つの事
    コードキャンプ株式会社
    代表取締役
    池田 洋宣 氏
    ■講演概要
    サービス開始から約4年間で累計1.8万人が利用したオンラインプログラミング学習サービス「CodeCamp」の事例も基に、プログラミング教育において、すべきこと/してはいけないことをご紹介します。プログラミングの教育方法と他教育との違いや社会人向けプログラミング教育の現状などについてもご説明しつつ、様々な目的に応じた効果的なプログラミング教育を実現するための方策について考える場になればと思います。
    ■講演者略歴
    2009年、株式会社サイバードに入社。モバイルサイトの企画やモバイル広告の制作を担当。その後、株式会社ビジネス・ブレークスルーにてオンライン大学の広報・マーケティング業務を担当。2012年コードキャンプ株式会社を創業し、オンラインプログラミング学習サービス「CodeCamp」の提供開始。累計受講生18,000人を超える。
  • 受付終了

    企画講演10月25日 (水) 17:00~17:35 会場:スペード
    21世紀の文武両道の形
    株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
    まなび事業本部 オンラインラーニング事業推進室 コミュニケーションデザインG
    山村 祥平 氏
    ■講演概要
    ・文武両道を取り巻く教育業界、スポーツ業界の変化
    ・脳科学研究からみる文武両道の効果
    ・文武両道の実践事例と課題
    ・21世紀に必要な文武両道の提言
    ■講演者略歴
    東京理科大学電気工学専攻卒業、NTTドコモ入社。R&Dセンター、本社システム開発部で勤務後、リクルートマーケティングパートナーズまなび事業本部事業開発部に勤務。教育分野における新規サービス開発を担当。

選択リスト

続けて他の講演を選択できます。
選択完了したら申込を確定します。
申込を確定した後でも講演を追加・キャンセルできます。

申込を確定