eラーニングを活用した人材教育、組織戦略の現状と未来を語り合う専門フォーラム

2018年度プログラム・セミナー

11月15日(木)のプログラム・セミナー

11月14日の講演内容から選ぶ 11月15日の講演内容から選ぶ 11月16日の講演内容から選ぶ
11月14日のスケジュールから選ぶ 11月15日のスケジュールから選ぶ 11月16日のスケジュールから選ぶ
展示・相談コーナーから選ぶ

  • 基調講演11月15日 (木) 09:30~10:05 会場:ルームB
    教育情報化の最新動向と今後の展望~新学習指導要領において、情報教育を通じて子供たちに育もうとしている力とは何か~
    文部科学省    
    初等中等教育局 情報教育・外国語教育課
    情報教育振興室長
    折笠 史典氏
    ■講演概要
    学習指導要領の改訂に影響を与えた急速な情報化の進展などの社会的背景を踏まえて
    これからの社会をイメージし、新学習指導要領が情報教育(情報活用能力の育成)を
    通じてこれからの社会を生きる子供たちに育もうとしている力とは何か、情報教育の
    推進に当たっての課題は何か、新学習指導要領による教育内容に対応するために必要
    な取組は何か、具体的に説明します。

    残席僅少

  • 基調講演11月15日 (木) 12:00~12:35 会場:ルームB
    「未来の教室」 ~日本の将来を支える「未来の教室」という社会システムと、必要な「EdTechの未来」を考える~
    経済産業省
    商務・サービスグループ教育産業室
    室長
    浅野 大介氏
    ■講演概要
     子供達はこれからも「出口の見えない勉強」を続けるのか?「教科」「学年」「時間割」「出席」「卒業」という概念は今後も有効なのか?「学校と私塾」「先生とEdTech」は今後も融合しないのか?就職する頃には「自分は何に夢中になれるか」を知り、「課題発見・設定・解決力」を手にできる教育は全国的に可能になるか?

     日本社会の未来を支える人材を育てる「未来の教室」という社会システムと、それに必要な「EdTechの未来」を考えていく。
    ■講演者略歴
    2001年入省、2016年7月より商務流通保安グループ参事官補佐として部局再編を担当し、現在の教育産業室を立ち上げ。2017年7月より大臣官房政策審議室企画官、10月より教育産業室長を兼務。

    満席

  • 特別講演11月15日 (木) 11:20~11:55 会場:Sola City Hall
    【特別講演】AI社会とSTEM教育 ~STEM教育1.0から2.0へ。ポスト2030年の社会を生きるために必要な学びを考える~
    株式会社 ベネッセホールディングス
    ベネッセ教育総合研究所
    理事長
    新井 健一氏
    ■講演概要
    これからの社会の課題解決に、AIなどの高度な科学技術の活用が益々期待されていく一方で、産業構造や雇用が変化し、求められる人材要件も変化していくことが予想されている。STEM教育はこうした教育課題を解決するために米国で始まり、現在では概念を拡大して世界各国で取り組まれている。本講演では、社会的課題を概観しながら、これからのAI社会を生きるために必要な、STEM教育の現在と今後のあり方を考える。
    ■講演者略歴
    2003年ベネッセコーポレーション入社。2004年執行役員、教育研究開発本部長及び教育研究開発センター長を兼務。2007年NPO教育テスト研究センター理事長。2013年ベネッセ教育総合研究所理事長。2017年日本STEM教育学会会長。現在、教育テスト研究センター理事長、日本STEM教育学会会長、ベネッセ教育総合研究所 理事長。

    満席

  • 特別講演11月15日 (木) 13:40~14:15 会場:Sola City Hall
    【特別講演】グロービスが考えるAI時代の人材育成 「テクノベート学び方改革」
    グロービス経営大学院、グロービス・キャピタル・パートナーズ
    学長、代表パートナー
    堀 義人氏
    ■講演概要
    ① 社会環境の変化によるテクノロジー人材の必要性
    グロービス経営大学院では「テクノベート」というテクノロジー×経営に特化した科目の提供を行っているほか 既存の科目についても、テクノベートを意識した科目の展開を進めています。

     ▼テクノベート科目について 
     https://globis.jp/category/321

     ▼『ビジネススクールで教えている 武器としてのITスキル』
     https://www.globis.co.jp/news/release/20180420_MBA.html
     
     ▼デジタルハリウッド大学との業務提携
     https://www.globis.co.jp/news/release/20171208_mba.html

    ② テクノロジーを活用した教育の提供
    「グロービス学び放題」というサービスはスマートフォンで学べる、動画学習サービスです。150を超えるコース、約1500本近くある動画の中から、ご自身に合った学びをレコメンドする機能も提供しています。リカレントの文脈でも、多くの方にご利用いただいております。

    これらの学習はデータとして蓄積されていますので、データを活用するHRTechの文脈でもはまるかと思います。

    <キーワード>
    ・テクノロジー
    ・働き方改革
    ・AI時代の人材とは
    ・HR Tech
    ・リカレント教育
    ■講演者略歴
    京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事を経て、1992年グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任。2008年に日本版ダボス会議である「G1サミット」を創設。2011年3月大震災後には復興支援プロジェクトKIBOWを立ち上げる。

    受付中

  • 全体企画11月15日 (木) 09:30~10:50 会場:ルームC
    【働き方改革トラック】学びは働き方改革を推進するか?
    明治学院大学
    学長特別補佐(戦略担当)
    伊藤 健二氏

    リクルートワークス研究所
    所長
    大久保 幸夫氏
    ■講演概要
    「働き方改革関連法案」の来年度施行へ向け、eラーニングの活用で働き方改革は加速するのでしょうか?
    また、社会人は学ぶのでしょうか?

    本講演では、HRビッグデータ(JPSED(5万人)、CSP(2.4万人))の調査結果を基にご紹介するとともに、
    「学びを促進するためのモチベーション喚起とは?」
    についてもご紹介します。

    また本講演では、働き方改革を推進するHR/Ed-Techとして、「Sension」を活かした学びの仕組みもご紹介します。


    第1部:
    社会人はそもそも学んでいるか?学びを促進するポイント、テクノロジーは?
    ~JPSED 5万人パネル調査から考える~
    リクルートワークス研究所 所長 大久保幸夫氏

    第2部:
    eラーニングは労働時間を短くするか?生産性を向上させるか?
    ~働き方改革CSP 2.4万人調査から考える~
    働き方改革研究センター センター長 / 明治学院大学 学長特別補佐(戦略担当) 伊藤健二氏

    第3部:
    +スペシャルゲスト「働き方改革を推進するHR/ed-Tech」ベンチャー
    ※SENSSIONを活かした、学びの仕組みです。
    ※SENSSIONは、スクールでも、既に導入を相談されています。
    ■講演者略歴
    明治学院大学
    学長特別補佐(戦略担当)
    伊藤 健二氏

    元みずほ情報総研 知識戦略ソリューション室 シニアマネージャ、元慶應義塾大学大学院特任准教授、元早稲田大学客員主任研究員で、内閣府、厚生労働省、人事院等の人材に関する8省庁の委員を歴任。20年以上前から数百万人のデータを分析・活用し、半年で数十億円の新規利益も創出したビッグデータ分析のコンサルタント。


    株式会社リクルート
    専門役員 兼 リクルートワークス研究所 所長
    大久保 幸夫氏

    1983年、株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)入社。人材総合サービス事業部企画室長、地域活性事業部長などを経て1999年にリクルートワークス研究所を立ち上げ、所長に就任。2010年~2012年内閣府参与を兼任(菅内閣、野田内閣)。2011年専門役員就任。2012年人材サービス産業協議会理事就任。

    受付中

  • 全体企画11月15日 (木) 09:30~11:05 会場:Sola City Hall
    【eポートフォリオトラック】 eポートフォリオで高大接続改革はどう変わるか?どう変えるか? ~本来の「eポートフォリオの良さ」活かし方、わかります~
    東京学芸大学
    情報処理センター
    教授
    森本 康彦氏

    清教学園中・高等学校
    特任教諭
    田邊 則彦氏

    関西学院大学
    アドミッションオフィサー    
    尾木 義久氏

    関西国際大学    
    大学改革本部
    部長
    得永 義則氏
    ■講演概要
    高大接続改革では「高校教育改革」、「大学教育改革」、二つをつなぐ「大学入試改革」を三位一体で進めていくことが求められています。
    この実現のため「eポートフォリオ」が注目されていますが、高校や大学の現場では、eポートフォリオとして、何を、いつ、どのように蓄積し、学びとその評価にどう活かすべきかが浸透していないため有効活用できている学校は多いとは言えません。むしろ大学入試の攻略ツールであるかのような誤解まで生じており、今まさに整理が必要です。
    そこで本トラックでは、高校教育のeポートフォリオ、大学教育のeポートフォリオ、新大学入試に向けたJAPAN e-Portfolio、のキーマンが一堂に会して、これら課題について議論し、eポートフォリオのあるべき姿について明らかにしていきます。まさに、高大接続改革eポートフォリオの初のサミットです!


    冒頭あいさつトラックテーマの説明/問題提起:
    「eポートフォリオの高大接続改革へのインパクト」
    登壇者:森本 康彦氏(東京学芸大学 教授)


    第1部:講演

    高校教育改革の視点から:
    「初等中等教育におけるeポートフォリオの現状とこれから」
    登壇者:田邊 則彦氏(清教学園中・高等学校 特任教諭)

    大学入試改革の視点から:
    「新大学入試におけるJAPAN e-Portfolioの役割と展望」
    登壇者:尾木 義久氏(関西学院大学 アドミッションオフィサー)

    大学教育改革の視点から:
    「高等教育におけるeポートフォリオの現状とこれから」
    登壇者:得永 義則氏(関西国際大学 大学改革本部 部長)


    第2部:パネルディスカッション

    パネルテーマ:「高大接続改革におけるeポートフォリオの期待とそのカタチ」
    パネリスト:田邊 則彦氏、尾木 義久氏、得永 義則氏
    モデレーター:森本 康彦氏
    最後のまとめ:森本 康彦氏
    ■講演者略歴
    森本 康彦氏
    エンジニアとして企業に勤務した後、中学校教諭、高等学校教諭を経て現職。eポートフォリオ研究の第一人者として、その発展のため尽力している。博士(工学)

    田邊 則彦氏
    高校教育改革の代表:慶應義塾幼稚舎・慶應義塾湘南藤沢中高等部。関西大学初等部教諭を経て現職。情報教育の黎明期からコンピュータの教育利用に関わり、NHK高校講座「社会と情報」講師を担当。初等中等教育機関におけるeポートフォリオの普及のため活動している。

    尾木 義久氏
    大学入試改革の代表:文部科学省大学入学者選抜改革推進委託事業(主体性等分野)を学長特命で担当。高大接続ポータルサイトJAPAN e-Portfolioの高等学校・大学での利用に向け、現在は各地を飛び回っている。

    得永 義則氏
    大学教育改革の代表:1995年より金沢工業大学、関西大学、関西国際大学の3大学に在籍し、2002年よりそれぞれの大学のeポートフォリオシステムの企画、設計、運用を担当する。高等教育におけるeポートフォリオに詳しい。

    残席僅少

  • 全体企画11月15日 (木) 12:10~13:25 会場:Sola City Hall
    【キーパーソンサミット】《学習履歴・ビッグデータ》~学習履歴のビッグデータ化が進む中、なにを採取し、どう活かすか? 各界のプロが徹底議論!~
    株式会社ベネッセホールディングス
    ベネッセ教育総合研究所
    理事長
    新井 健一氏

    株式会社富士通ラーニングメディア/特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
    エグゼクティブアドバイザ/会長
    加藤 憲治氏
        
    株式会社プロシーズ
    代表取締役
    花田 隆典氏

    株式会社ネットラーニング
    代表取締役
    岸田 徹氏

    株式会社デジタル・ナレッジ
    代表取締役COO テクノロジ・エバンジェリスト    
    吉田 自由児氏
    ■講演概要
    例えば、IoTによる生体情報や、映像の時間軸視聴情報、VRによる視線情報、GPSによる位置情報など、
    学習結果だけではない学習履歴の採取可能性が増大し、ビッグデータ化しています。
    これら学習履歴としてなにを採取し、どう活かすか。
    社会人研修分野、トレーニング分野、学校教育分野でそれぞれどんな方向に進んでいくのか。
    各界のキーパーソンが熱い議論を繰り広げます。

    第1部:背景(進むビッグデータ化)
    学習履歴の種類が増大(IoT、スマフォ、映像、VR・・・)    
    解説:花田隆典氏

    第2部:市場側からのニーズ、期待すること解説    
    解説:新井健一氏

    第3部:プラットフォーマーを交えたディスカッション

    第4部:各者議論
    プラットフォーマーの責任、テクノロジーの方向性、市場の方向性
    ■講演者略歴
    新井 健一氏
    2003年ベネッセコーポレーション入社。2004年執行役員、教育研究開発本部長及び教育研究開発センター長を兼務。2007年NPO教育テスト研究センター理事長。2013年ベネッセ教育総合研究所理事長。2017年日本STEM教育学会会長。現在、教育テスト研究センター理事長、日本STEM教育学会会長、ベネッセ教育総合研究所 理事長。

    岸田 徹氏
    東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。出版社、セコム新事業開発室長、セコムラインズ社長などを経て1998年1月、株式会社ネットラーニングを創立。現在は国内外にグループ企業5社、中国に合弁会社を有する。
    一般社団法人日本IMS協会の理事会会長(代表理事)、一般社団法人e-Learning Initiative Japanの理事長を務める。

    残席僅少

  • 全体企画11月15日 (木) 12:40~14:15 会場:ルームC
    【ICT CONNECT21 トラック】 ~「CBT」と「著作権」~
    一般社団法人ICT CONNECT 21
    ICT CONNECT 21 事務局
    総務担当
    丸亀 孔明氏

    株式会社学研ホールディングス    
    学研教育総合研究所/アセスメント戦略研究室
    室長
    劉 東岳氏

    岐阜聖徳学園大学
    教育学部
    准教授
    芳賀 高洋氏
    ■講演概要
    第1部:ICT CONNECT 21のご案内
    一般社団法人ICT CONNECT 21について、団体の概要や今後の計画についてご説明いたします。

    第2部:CBTについて
    CBT (Computer-based Testing)について、ICT CONNECT 21 CBT SWGリーダーがご説明いたします。

    第3部:教育の情報化と著作権 -学校教育における異時の公衆送信に係る著作権法改正に関して-
    教育の情報化やe-learningに非常に大きな影響があると考えられる著作権法第35条の改正、および、補償金制度の新設等に関して、ICT CONNECT 21 学習資源利活用促進SWGリーダーがご説明いたします。

    第4部:質疑応答
    講演内容に対する質疑応答
    ■講演者略歴
    芳賀 高洋氏
    2012年より現職(前職 お茶の水女子大学附属中学校教諭)
    専門は、情報倫理学、情報教育学、教員養成等
    教育における著作権、個人情報・プライバシー、プログラミング学習、学校教員のICT利活用等について研究しているほか、前職の中学校教員時代からオリジナルのe-learningシステムを開発し実践をしてきた。現在は特に教育実習など教員養成課程向けのe-learningシステムを開発している。

    劉 東岳氏
    学生時代の専門は応用統計学(ミシガン大学大学院)、OR/マネジメントシステム工学(コロンビア大学大学院)。
    卒業後、プロメトリック日本支社(コンサルタント、CBT、サイコメトリックス、テスト開発、認証制度を担当)を経て、
    2015年より現職。アセスメント戦略を担当。

    受付中

  • 全体企画11月15日 (木) 14:30~16:00 会場:ルームC
    【EdTech/電子出版トラック】~国内外におけるEdTech最新動向と旺文社CVCの取り組み~
    株式会社EduLab
    取締役副社長 兼 CMO
    和田 周久氏

    EduLab Capital Partners
    マネージング・パートナー
    Liam Pisano氏

    株式会社旺文社ベンチャーズ
    代表取締役社長
    本多 輝行氏

    一般社団法人日本電子出版協会
    副会長
    下川 和男氏
    ■講演概要
    第1部:最新の世界・日本におけるEdTech市場の動向とEdTechエコシステム(海外比較)の現状    
    世界でEdTech市場が拡大している背景とその最新の動向についてお話します。さらに、現在のEdTechのエコシステムの現状と今後どのような展開が必要となるのかについて深堀します。

    第2部:国内出版業界初 旺文社CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の取り組み
    1931年の創業以来、旺文社は教育分野の様々なイノベーションを起こしてきました。海外では出版社がファンドを創設しEdTechに参加し、出版とテクノロジーの架け橋となる動きが出てきています。国内外でEdTechスタートアップへの投資が拡大するなか、旺文社がEdTechスタートアップ企業との連携により、更なるイノベーションを創出する動きについてお話します。

    第3部:パネルディスカッション
     今後の国内外のEdTechの展望
    講演内容を踏まえ、今後の国内外のEdTechの展望についてのディスカッション
    ■講演者略歴
    和田 周久氏
    1994年、慶應義塾大学総合政策学部卒。卒業後、株式会社アドバンスト・メディアにて教育事業を担当、在職中にマザーズ上場を経験。世界最大の非営利テスト機関にて事業開発コンサルタントを経験。現在、株式会社EduLab取締役副社長兼CMO、米国法人Edutech Lab, Inc. Director & CMO。

    Liam Pisano氏
    イェール大学MBA、ウィリアムズ大学政治学学士号。プライベートエクイティ、レバレッジドファイナンス、シードステージVC分野における17年の経験。LearnLaunchのマネージングディレクターとして、アーリーステージEdTech45社の投資ポートフォリオ構築をリード。EduLab Capital Partners マネージング・パートナー(現任)

    本多 輝行氏
    2015年 早稲田大学大学院 商学研究科 経営管理修士(MBA)修了。1998年に旺文社に入社し、大学受験生・英語学習者向けメディア等、教育分野の新規デジタル事業開発に従事。2013年に教育デジタルソリューションズを設立し代表取締役に就任(現任)。2018年4月、旺文社ベンチャーズを設立し、代表取締役に就任(現任)。

    下川 和男氏
    「ブラウザ(HTML5、CSS3)への日本語組版の導入」、「電子出版の標準化」、「文字情報の標準化」などを推進 業界団体での活動は一般社団法人日本電子出版協会副会長、日本IMS協会運営委員、Advanced Publishing Lab. 広報リーダー、文字情報技術促進協議会理事

    受付中

  • 全体企画11月15日 (木) 16:15~17:45 会場:ルームA
    【アジアeラーニングトラック】~教育ICT海外活用事例トラック~
    独立行政法人国際交流基金関西国際センター
    教育事業チームEラーニング開発班
    日本語教育専門員
    和栗 夏海氏

    GLOBEPOINT INC
    代表取締役社長
    CHO SANG YONG(チョウ サンヨン)氏

    HUNET
    代表取締役社長
    CHO/YOUNGTAK(チョウヨンタク)氏

    華和結ホールディングス
    CEO    
    王沁(Alex Wang)氏
     第14回日本e-Learning大賞 クール・ジャパン特別部門賞(2017年)

    佼成学園女子中学高等学校
    国際部長 / SGH推進事務局長
    宮川典子氏

    NPO法人Asuka Academy
    理事長
    福原美三氏

    株式会社デジタル・ナレッジ
     第13回日本e-Learning大賞 教育ビッグデータ特別部門賞(2016年)
     第11回日本e-Learning大賞 学習記録賞(2014年)

    韓国教育学術情報院
    国際協力部
    主任研究員(教育学博士)
    曺圭福(Kyubok Cho)氏

    他、複数名のグローバル活用事例発表を予定
    ■講演概要
    効果的な海外教育事例紹介の他、有識者によるパネルディスカッションを実施します。
    ここでしか聞けないお話もあるかも!?

    第1部:冒頭趣旨説明


    第2部:講演
    華和結ホールディングス CEO 王沁(Alex Wang)氏
    第14回日本e-Learning大賞 クール・ジャパン特別部門賞(2017年)
    ・海外に売れるクールジャパン教育コンテンツ
    ・低コスト・低リスクかつ迅速に展開できるビジネスモデル
    ・大量生産マネジメントのコツ
    ・パートナー企業とWin-Win関係の構築
    ・これからの取り組み
    ・質疑応答


    第3部:講演
    佼成学園女子中学高等学校 国際部長 / SGH推進事務局長 宮川典子氏
    NPO法人Asuka Academy 理事長 福原美三氏
    ~Open Educational Resourcesの活用について~
    ・スーパーグローバルハイスクール指定校としての取り組み    
    ・Asuka Academyからの教材を利用したe-learning授業~SGクラスを例にして~    
    ・教育的効果 佼成学園女子中学高等学校は平成26年度に文部科学省よりSGH校として認定を受けました。平成27年度に設立したSGクラスでは、CLILの原理に基づき英語4技能をバランスよく身に付けられるような授業を展開しています。昨年度からSGクラスの英語授業では、Asuka Academy の教材を利用し、「多様性」をテーマとした内容に関して翻訳を授業中に行っています。異文化理解や国際問題も同時に理解できるため、社会問題に関する意識の広がりを実感しています。この取り組みについてお話します。    


    第4部:講演
    株式会社デジタル・ナレッジ    


    第5部:講演
    独立行政法人国際交流基金関西国際センター 和栗夏海氏
    日本語学習プラットフォーム「JFにほんごeラーニング みなと」
    ~オンラインコースで世界170カ国以上の人に日本語学習の機会提供を実現!~

    「JFにほんごeラーニング みなと」は、学習管理システム搭載の日本語学習専用プラットフォームです。世界の誰もが登録、利用でき、オンラインコースで日本語が学べ、コミュニティで世界の仲間と交流できます。時間的、地理的な制約から日本語学習を開始、継続できない潜在的ニーズに応えて開発しました。「みなと」とそこで提供するオンラインコースの概要、登録者の分布と傾向、学校機関や企業での活用法についてお話します。


    第6部:パネルディスカッション
    ■講演者略歴
    和栗夏海氏
    カザフスタンやフィリピン、日本国内で日本語教師として教壇に立ち、2013年より現職(国際交流基金関西国際センター 日本語教育専門員)。日本語学習者のためのウェブサイトやプラットフォームの開発、日本語オンラインコースの制作、運用に従事。

    王沁(Alex Wang)氏
    中国漢中出身、大学中退後メディア事業を従事、20歳来日。来日間もなく起業し、同時にゴールドマン・サックスや丹羽宇一郎(元伊藤忠商事会長・駐中国大使)等10つ奨学金をもらい、慶應義塾大学商学部卒業。その後リクルートHD事業開発本部にて海外ビジネス交渉・提携を携わる。

    曺圭福(Kyubok Cho)氏
    韓国教育学術情報院(2008年〜現在)
    東京大学大学院教育学研究科の客員准教授・客員研究員(2017年4月〜2018年3月)

    宮川典子氏
    平成11年 佼成学園女子中学高等学校 専任講師として奉職(英語科)
    平成13年 同校 専任教員として奉職
    平成28年 同校 国際部部長就任 現在に至る
    平成29年 同校 SGH推進事務局長就任 現在に至る

    満席

  • 全体企画11月15日 (木) 16:20~18:00 会場:ルームC
    【人財育成トラック】ラーニング・トランスフォーメーション ~Reskilling & Upskilling for 2025 働き方・学び方が明らかに変わる「2025年」に向けて~
    株式会社人財ラボ代表取締役社長、日本イーラーニングコンソシアム理事、ATDインターナショナル・メンバー・ネットワーク・ジャパン理事
    下山 博志氏

    熊本大学    
    教授システム学研究センター
    教授・センター長
    鈴木 克明氏
    ■講演概要
    ラーニング・トランスフォーメーション    

    「ラーニング・トランスフォーメーション」とは、AIやロボットと共存しながら働き方や学び方が変わる社会に向けて、より良い人財開発をしていこうという概念です。今活用しているスキルを変えるのか、または強化するのか、組織は学習のあり方も変えるべきなのか考察します。
    ■講演者略歴
    下山 博志氏
    2004年人材開発の総合プロデュースを行う株式会社人財ラボを創業。数百社の人事・教育、ラーニングテクノロジーに関する戦略を支援した実績を持つ。日本イーラーニングコンソシアム理事、ATDインターネットワークネットジャパン理事、熊本大学大学院教授システム学講師など幅広く活動。早稲田大学大学院技術経営学(MOT)修士

    鈴木 克明氏
    Ph.D.(教授システム学)(米国フロリダ州立大学)、日本eラーニングコンソシアム名誉会員、日本教育工学会第8代会長、ibstpiフェローなど。
    主著に『学習設計マニュアル』(共編著)、『研修設計マニュアル』などがある。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 09:00~09:20 会場:レセプションホール
    【展示ブース予約のみ】15日の展示ブース予約のみのかたはこちらをご予約ください

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 09:30~10:05 会場:レセプションホール
    教材閲覧を見える化するクラスルームエンゲージメントシステム ~教材の配信&閲覧履歴の把握、授業中の小テスト配布&採点などの機能を紹介する~
    東京電機大学
    理工学部 情報システムデザイン学系
    准教授
    矢口 博之氏
    ■講演概要
    教員と学生間のコミュニケーションを円滑化し、学生の参加意識を向上させるクラスルームエンゲージメントを実現するクラウドシステムのHOGO Academiaを開発した。このシステムによれば、配布した教材をいつ、どこで閲覧したかを把握することにより、学生の授業準備状況を見える化することができる。提案のシステムは、アクティブラーニングの支援を念頭に置いたものであり、実証試験を経て今後も機能追加を行っていく予定である。
    ※presented by アイドック株式会社
    ■講演者略歴
    東京電機大学理工学部 理工学科 情報システムデザイン学系准教授,人間工学,出版メディアに関する研究に従事。出版メディア論,情報学,人間工学等に関する授業を担当。日本出版学会(理事),日本人間工学会(関東支部支部長,理事),日本印刷学会(監事)ほか。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 09:30~10:05 会場:ルームD
    デジタルラーニングで、組織に学びのイノベーションを! ~2020年には、我々が予想もつかないような学びをしているだろうと、60%の専門家が回答~
    株式会社ビジネスコンサルタント
    リモートラーニング事業部
    マーケティングディレクター
    長田 隆之氏

    UMUテクノロジージャパン株式会社
    代表取締役
    松田 しゅう平氏
    ■講演概要
    働き方改革・生産性改革の流れの中で、これまでの集合研修だけでは競争力溢れる人財の育成は困難です。「ではどんな学びが良いか?どんな教育が組織を強くするのか?どこに投資すればいいか?」と言った、我々が抱えている人財育成の課題についてアプローチします。自組織に合ったeラーニングとのブレンディングや、職場学習する推進するプラットフォームの活用方法といった内容やツールについてご案内致します。
    ■講演者略歴
    長田 隆之氏
    大学(米国)卒業後、㈱ビジネスコンサルタントに入社。組織開発・人財開発の提案営業と営業所長を経験し、3年間米国にて、マーケティング業務に従事する。帰国後、HRMコンサルタントに転属し大型プロジェクトマネジメントを担当。現在、リモートラーニング事業部の責任者として、デジタルラーニングビジネスの提案に従事。

    松田 しゅう平氏
    2008年から株式会社IPイノベーションズにて経営企画およびATDJapan事務局活動に従事(主に日本国内へのラーニングテクノロジー活用の啓蒙活動)。
    2018年2月にIPイノベーションズ代表・ATDJapan前会長の浦山昌志と共にUMUテクノロジージャパンを設立。
    日本国内におけるラーニングテクノロジー活用の普及活動を行っている。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 09:30~10:05 会場:ルームA
    IoT×製造業 IVIの取組と成果のご紹介 ~設立から4年、600名以上の会員と取り組んだIoTの成果と人材育成~
    一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ
    エバンジェリスト    
    高鹿 初子氏
    ■講演概要
    「IoT」の産業分野での普及を推進している「インダストリアル・バリューチェーン・イニシアチブ(IVI)」(理事長 法政大学 西岡康之)。大企業・中小企業 600名以上が集まり、60以上の業務シナリオを作成してきました。本講演では、IVIの今までの活動内容、IoTのよる現場の匠のワザやベテランのスキルを伝承のシナリオ例、現場にIoTを導入するためのIoT人材の育成例などについてご紹介します。
    ■講演者略歴
    インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ(IVI)設立当初から活動、エバンジェリストとして国内外で活動の広報を行っています。IVIでは総合企画委員でIICなどの外部団体との連携推進、IoTと管理会計研究分科会の主査として活動。富士通株式会社に勤務。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 10:20~10:55 会場:レセプションホール
    人材育成を加速させる『データを活用した効果的な学習設計』とは?~累計100万人受講の法人向け育成サービスから考える学習設計のノウハウ~
    株式会社グロービス
    グロービス・デジタル・プラットフォーム
    ディレクター
    加藤  剛広氏
    ■講演概要
    「AI」「IoT」「ビッグデータ」などテクノロジーに関するキーワードが人材育成の領域でも注目される中、これらのテクノロジーを人材育成の場でどのように活用すれば企業の更なる成長につなげることができるのでしょうか。デジタルコンテンツ、オンラインや会場型の企業研修など、多数の企業様で活用いただいている実績をもとに、データ分析とそれを活用した教育に基づく学習設計についてお話しいたします。
    ■講演者略歴
    メーカーにて携帯通信の研究開発を経て立ち上げ直後のネットベンチャーに参画。経営陣の一人として立ち上げなどに従事。
    現在は株式会社グロービスにて、デジタルプラットフォーム事業の統括リーダーとして、デジタルコンテンツやアセスメント等のプロダクト事業や学習環境(プラットフォーム)の構築などの業務を兼務。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 10:20~10:55 会場:ルームD
    東洋大学のアクティブラーニング:「データを全てお見せします」 ~リアルタイムアンケートシステム「respon」が導く、双方向型授業の実践~
    学校法人東洋大学
    情報システム部情報システム課
    課長補佐
    藤原 喜仁氏
    ■講演概要
    東洋大学では出席確認とアクティブラーニングを実践するツールとして、「respon」を全学運用しています。同じ開発者による授業支援システムも含めて、10年目の運用に突入。一日あたりのrespon提出者数は、導入校で1位。最も長期に、そして最も高い利用率でレスポンを運用されています。本講演では、システムをご担当されている藤原様に、大学でのrespon運用実態について、特別にデータをお見せいただきご解説いただきます。
    ※presented by 株式会社レスポン
    ■講演者略歴
    情報システム部門で20年勤務。企画立案/導入・システム構築/運用・利用推進/利用者支援を経験。授業支援(manaba)、出席/リアルタイム・アンケート(respon)を全学導入し、全学へサービスを浸透させ、大学の発展へ貢献してきた。ICT活用を推進する「ソリューション・ディレクター」としての役割を担う。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 10:20~10:55 会場:ルームB
    eラーニング多様化時代に成功する11つのヒント!~教育担当者として知っておくべき機能&ノウハウとは?~
    株式会社デジタル・ナレッジ プラットフォーム事業部 事業部長 中嶋 竜一氏
    ■講演概要
    eラーニングが急速に普及しその使い方や機能、コンテンツが多様化する中、企業や学校が最適なeラーニングを選ぶのは簡単なことではありません。「eラーニングをはじめたいが何から手をつけるべきかわからない」「eラーニングを導入したものの新たな課題に直面して困っている」という方も多いのではないでしょうか。

    本講演では、効果的な導入方法や教育担当者として知っておきたい機能、運用のポイント・ノウハウを大公開!実際にeラーニング活用に成功されている企業、学校、スクールの最新事例についても効果を含めくわしくご紹介する予定です。

    とくに学習履歴活用を重点テーマに取り上げ、研修効果に対する多面的評価、ポートフォリオ・学びの成果のファイル化、スコアアップ・合格の近道を提示など、企業研修・学校・スクール分野における具体的活用例についてお話ししたいと思います。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    例)
    ・学習傾向から最適な教育計画を導き出すデータ活用の事例
    ・ドロップアウトを抑止するための教育ビッグデータ分析事例
    ・7割が「新人育成に効果がある」と回答した店舗教育における成功事例
    ・マニュアルのデータ化によりコストカット・効率化を実現した事例
    ・eラーニング導入で教育期間を大幅に短縮化した事例
    ・大学における教職員向け“ナレッジ共有ツール”としての成功事例
    ・導入3年目に受講者数3倍、受講率90%以上を達成したeラーニング事例
    ・集合研修費や海外出張費の大幅カット事例 など
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ぜひ、皆様の目的に沿ったeラーニング活用の具体的な成功イメージをお持ち帰りいただければと思います。

    ★★★聴講特典★★★
    全33ページの小冊子『eラーニングのはじめかたブック』ほか事例集&eラーニング導入インタビューブックを聴講者全員にプレゼント!
    ■講演者略歴
    大手メーカーにて制御系システムの開発に7年間従事したのちに2000年よりeラーニング関連業務に従事。2002年にデジタル・ナレッジ入社。eラーニングコーディネータとして、これまで100を超える高等教育機関や企業法人などへのeラーニング導入に関する提案やプロジェクトリーダーを行う。
    2011年より文教ソリューション事業部長、プラットフォーム事業部長を歴任。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 10:20~10:55 会場:ルームA
    《昨年度 日本e-Learning大賞 IoT特別部門賞 受賞》「話す」ことで「話せる」ように!シャイな生徒もどんどん話す! ~IoTとAIを活用した英会話ロボット、スピーキング力アップのヒミツ~
    株式会社CAIメディア
    代表取締役社長    
    福地 三則氏
    ■講演概要
    教育現場でロボットが使われ始めるのは、もう間近のこととおもわれます。弊社が今回開発したIoTとAIを活用した英会話ロボットを教育現場で使用した実例を数例ご紹介するとともに、会場で皆様に実際に体験していただき、その利用方法や効果を実感していただけます。
    ■講演者略歴
    鹿児島県出身66歳。早稲田大学法学部卒。旅行会社勤務、英会話学校の外国人講師マネージメント、学習塾講師経験後1995年に教育ソフト会社(株)CAIメディアを設立し代表取締役社長就任、現在に至る。2003年日本初音声認識英会話ロボットを制作販売し、本年4月に2代目IOT英会話ロボット「チャーピー」を販売開始。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 11:10~11:45 会場:レセプションホール
    撮影・録音不要!「3Dアバター研修動画」で働き方改革を実現 ~最短5分でeラーニング動画が完成するデモンストレーションと成功事例を多数ご紹介~
    株式会社4COLORS
    代表取締役
    加山 緑郎氏
    ■講演概要
    ・「読ませる」から「2倍伝わる視聴覚メディア」へ
    ・eラーニング動画制作における課題
    ・最新テクノロジーで解決 1本3990円で作れる理由
    ・制作、配信、管理のワンストップだから選ばれる
    ・スマホから教育動画を作る最新サービスの紹介
    ・グローバル研修の事例紹介(欧米・アジア言語対応)
    ・初公開!写真から似顔絵アバターを作成しオリジナルの動画コンテンツが実現(講師の身代わり講義、研修や営業支援が可能に!)
    ■講演者略歴
    大量の読ませる情報をITで伝わる形にするのが企業理念。最先端の3Dアバターと音声合成を使った
    eラーニング/プロモーション動画をパワーポイントで誰でも簡単に作れるクラウドシステムを提供。(特許取得済)
    PIP-Makerは「働き方改革」を通して社員一人ひとりの能力や価値を高め生産性向上やイノベーション創出が可能!

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 11:10~11:45 会場:ルームD
    体育館で英語教育が変わる! 満足度100%の英語学習劇  70分で子供たちが熱狂し、英語が好きになる。驚きの英語学習ミュージカルの秘密とは?
    ファンファンラーニング株式会社
    代表取締役社長
    山中 裕人氏
    ■講演概要
    2018年から始まった子供たちが英語を好きになるミュージカル『マグナとふしぎの少女』
    実際に公演を行った学校関係者のコメントも交えつつ、劇を観た子供たちがどのように感じ、どんな変化が起きたのか?を映像を交えながら解説します。アプリ等を交えた観劇後のアフターフォローなど、学校授業だけではなかなかカバーしきれない英語学習への動機付けや基礎単語等の反復練習法などに有効な方法などを共有します。
    ※Presented by ミントフラッグ株式会社
    ■講演者略歴
    2003年よりソニー(株)にて本社、工場、海外販売会社の経営企画部門にて改革プロジェクトを推進。14年より楽天にてグループ戦略、海外事業M&A、PMI等をリード。17年より原体験のある教育にコミットすべく、孫泰蔵氏率いる社会インパクトを目指すMistletoe(株)に参画。2018年にMistletoeでの業務に並行し、ファンファンラーニング(株)代表。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 11:10~11:45 会場:ルームC
    経験学習・自己調整学習からマイクロラーニングへ ~経験を内省・概念化し「自ら学ぶ力」を養う研修設計とマイクロラーニングの可能性~
    千葉工業大学
    情報科学部 情報ネットワーク学科
    教授
    仲林 清氏
    ■講演概要
    近年注目されている自律的学習の理論のひとつにコルブの経験学習モデルがあります.このモデルは,学習者が経験を内省・概念化し,得られた概念を能動的に次の経験に適用する,というものです.本講演では,経験からの学びが不可欠な「問題解決」,「自己調整学習」などの学習主題を対象とした授業設計例を紹介するとともに,自律的な学びを促進する学習環境としてのマイクロラーニングの可能性について考えます.
    ■講演者略歴
    1982年日本電信電話公社武蔵野電気通信研究所入社.文字認識システム,ネットワーク型教育支援システムなどの研究開発に従事.放送大学教授などを経て2010年より現職.一般社団法人教育システム情報学会会長.NPO法人日本イーラーニングコンソシアム副会長,熊本大学教授システム学専攻客員教授.博士(人間科学).

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 11:10~11:45 会場:ルームB
    プログラミング研修・教育のコストを削減し、効果を最大化するための新しい取り組み ~年間100社以上の支援実績を元に、効率的なプログラミング学習の在り方と事例をご紹介!~
    株式会社ギブリー
    HR Tech事業部 カスタマーサクセスチーム
    取締役・CSM(Customer Success Manager)
    新田 章太氏

    東京大学/株式会社ギブリー
    名誉教授/技術顧問
    竹内 郁雄氏
    ■講演概要
    昨今のプログラミング研修の現場では、言語の多様化や高度化、アップデートへの対応など、進化の激しい技術領域ならではの、
    課題に多くの管理職が悩んでいます。

    当講演では,これまでに数多くのIT・通信・メーカー企業のエンジニア採用・育成を支援し、オンラインプログラミング学習支援サービスtrackを手がけるギブリーの新田が、企業におけるプログラミング研修の課題や新しい在り方についてを語る。
    ■講演者略歴
    新田 章太氏
    「エンジニア」領域に特化した支援事業を株式会社ギブリーにて立ち上げ、入社。現在は取締役を務める。オンラインプログラミング学習・試験ツール等の自社サービスを管掌しつつ、日本最大規模の学生ハックイベント、JPHACKSの組織委員会幹事を務めるなど、若い世代のイノベーターの発掘・支援にも取り組む。

    竹内 郁雄氏
    東京大学名誉教授、IPA「未踏」統括プロジェクトマネージャ(PM)。日本における Lisp の草分け的な存在であり現役のハッカーでもある。1997 年より電気通信大学教授。2005 年より東京大学大学院教授、早稲田大学大学院教授を歴任。 2016年に株式会社ギブリーの技術顧問に就任し、プログラミング問題の監修にあたる。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 11:10~11:45 会場:ルームA
    ラーニングツールの容易な連携をLTIを活用して実現しませんか? ~Noカスタマイズで連携を実現!~
    アシストマイクロ株式会社
    Software Distribution Group
    Sales Director
    岩沢 哲之氏
    ■講演概要
    弊社は、IMS Global Learning Consortiumが策定した標準規格であるLTI(Learning Tool Interoperability)をサポートする様々な製品を日本のお客様に提供しております。弊社取扱製品を例に、LTIを活用いただく事によるラーニングツール間の連携をご紹介いたします。
    ■講演者略歴
    1992年、横浜国立大学 経営学部卒業。同年、日本能率協会グループ (株)ジェーエムエーシステムズ入社。メインフレーム、クライアント&サーバシステムの開発、プロジェクト管理に従事。2000年より海外製パッケージ製品のプリセールスを担当。2006年、アシストマイクロ(株)に入社。以来、海外製パッケージ製品の営業を担当。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 12:00~12:35 会場:レセプションホール
    事例に学ぶ!「活用される」eラーニング成功のポイント ~よくある4つの問題点を解決するノウハウ公開します~
    KIYOラーニング株式会社
    代表取締役社長
    綾部 貴淑氏
    ■講演概要
    eラーニングの導入では「コストがかかる」「運用の手間がかかる」「活用されない」といった問題点をよく耳にします。これらの問題を解決し、eラーニングで学習成果を上げるノウハウを具体的な導入事例を踏まえて解説します。
    ■講演者略歴
    東京工業大学情報科学科卒。日本オラクルを経て経営管理システムのコンサルティングに従事。仕事の傍ら、能力を最大限に引き出す学習法を研究し、2008年にオンライン講座「通勤講座」を開講。2010年KIYOラーニング株式会社を設立。2017年には社員教育クラウド「AirCourse」をリリース。社会人教育の革新を追求している。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 12:00~12:35 会場:ルームA
    学びスタイル一気に電子化へ《Wisebook》 ~ムダな時間とコストを削減できるeラーニング制作・配信システム~
    株式会社ビーガル
    イノベーション推進事業部 第3戦略部
    セールスマネージャー
    柴田 勉氏
    ■講演概要
    ・他社の運用がどのようになされているのか、実際にご利用いただいているお客様事例でプレゼンします。
    ・Wisebook:制作・編集〜配信まで短時間で公開できる仕組みの実演
    ・QRコードを使って実際のデジタルテキストを体験してもらいます。
    ■講演者略歴
    印刷会社に長年勤め、紙面データ(DTP)の制作・出力を業務を行ってきました。時代の流れと共に、情報伝達手段を紙面から画面にシフトしています。今に至るまでWisebookソリューションのお客である頃から10年携わってきました。豊富な経験を活かし今まで扱ってきた多くの事例を元にeラーニングおよびデジタルテキストの紹介をいたします。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 12:50~13:25 会場:レセプションホール
    やさしいPholly事始め-学習効果を高めるポートフォリオとは- ~本当に必要な5つの機能で、普段の学びを新鮮に。事例も交えご紹介します~
    日本事務器株式会社
    事業推進本部
    シニアマーケッター
    渡辺 哲成氏
    ■講演概要
    アクティブラーニング、入試改革、ICT活用…これらの言葉に表されるような、「教育」を見直す動きが近年高まっています。大学のみならず高校や中学も含めて様々な変化が巻き起こる中で、学習過程を見える化・成果として残すことで更なる学びに繋げる学習基盤の整備=ポートフォリオの活用が広がっています。
    効果的な学習基盤とは何か、多様なポートフォリオからどう選択すればよいのか、活用シーン例も交えご紹介いたします。
    ■講演者略歴
    2005年より日本事務器株式会社にて学術情報や教育ソリューションに関する販売推進や商品企画を担当。
    Phollyについては2014年の企画段階から関わる。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 12:50~13:25 会場:ルームD
    会社の力が見えてますか?会社専用ス〇ウターはこれを使え! 社員の学びをデータ化し戦闘力を可視化 ~「学び」を可視化することで会社がダントツに成長する仕組み~
    株式会社manebi
    営業部
    取締役副社長&COO
    平石 鳳志氏
    ■講演概要
    弊社が考える今後のeラーニングは、教材の受講に限らない。社員教育に関する様々な情報をデータ取得し、「学び」を数値化する。可視化される社員の学びや成長を会社の戦闘力として定量化できる。データ(事実)に基づき、適切な社員教育や最適な組織の形成を実現できる。
    ■講演者略歴
    1993年中央大学卒業。同年に丸紅株式会社に入社。2011年12月に同社を退職し、日本支社長として「ふとんクリーナーRaycop」の事業立上げを実施。2013年に当社の立上げ時より参画。学生インターン生や新卒社員を最速で育成し、約2年間で700社以上の自社eラーニングサービス導入実績を誇る。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 12:50~13:25 会場:ルームB
    まなびポケットで新しい学びのperspectiveを描く ~小金井市立前原小学校が実践する「学びの”インフラ”としてのICT」による学びの激変~
    東京都小金井市立前原小学校
    校長
    松田 孝氏
    ■講演概要
    電気、ガス、水道の生活インフラが整備された時、私たちの生活は激変した。教育ICTも一人一台の情報端末と通信システムが整備された時、「学び」は激変する。教育ICTはツールではなく、インフラである。
    まなびポケットを起点としたICTの活用によって、個性的で個別的な「学び」、協働的な「学び」を実践する本校の取り組みについて紹介し、小金井市立前原小学校が挑戦する新しい「学び」のPerspectiveを示します。
    presented by エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
    ■講演者略歴
    東京学芸大学卒、上越教育大学大学院修士課程修了、東京都公立小学校教諭、指導主事、主任指導主事、東京都公立小学校校長。4月より早稲田大学大学院教育学研究科博士後期課程に在籍。一人一台の情報端末の活用によるクラウドコンピューティングによって、新たな「学び」のPerspectiveを描き出すことに尽力している。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 12:50~13:25 会場:ルームA
    マイクロラーニングが変える女性活躍推進 ~社員のキャリア意識、上司の支援…マインドと行動を変えた企業事例をご紹介~
    サイコム・ブレインズ株式会社
    プログラム&プロダクトチーム
    マネジャー/コンサルタント
    今西 孝志氏
    ■講演概要
    2020年に女性管理職比率を30%にするという目標が掲げられ、女性社員の育成、登用は喫緊の課題となっています。
    そのため、女性社員に対する研修は様々行われていますが、女性のキャリア形成に必要不可欠な上司に対する研修も重要です。
    しかし、研修はやりっぱなしでは効果が中々見込めません。本講演では、女性部下の上司の態度・行動をどう変えてけばいいのかを、最新のマイクロラーニング活用事例と共にご説明いたします。
    ■講演者略歴
    大阪大学卒業後、メーカー勤務を経て株式会社リクルートマーケティングパートナーズに入社。結婚情報誌を活用し、海外ウェディング会社の集客向上に貢献する。
    サイコム・ブレインズ入社後は、ダイバーシティ研修の企画・運営に携わる。
    また、夜間のビジネススクールを担当し、「実務に結びつく」講座の開発を行っている。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 13:40~14:15 会場:レセプションホール
    英語スピーキング試験におけるAI自動採点の運用事例~入試で年間300万人以上の実績を持つ英語スピーキング自動採点システムの運用について~
    株式会社サインウェーブ
    代表取締役社長
    赤池 雅光氏
    ■講演概要
    2020年大学入試改革により、大学入試に英語スピーキング試験が導入される。これを受け学習者や外部検定試験などの受験者の大幅な増加が見込まれており、人での採点が物理的な課題となった。本講演では既に10年以上前から大学入試で行われている英語スピーキング試験の自動採点についての技術面、運用面などをご紹介します。※当システムは年間300万人以上、累計で2,000万人以上の採点実績があります。
    ■講演者略歴
    保険会社、コンサルティング会社、銀行にて経験を積み2010年、6人の音声技術者と共に当社設立。海外でスタンダードになっているAI/音声技術を活用した英語の教育コンテンツをアプリ化し提供。夢は英語の教育現場で日々活躍される先生方をAIの活用でバックアップし、世界に羽ばたく人材の育成に貢献していきたいと語る。

    残席僅少

  • 企画講演11月15日 (木) 13:40~14:15 会場:ルームD
    グローバル人材への第一歩 アプリで学ぶ「ひと言英語」事例紹介 ~2020年以降に向けて企業が向き合う英語教育の最新事例紹介~
    株式会社旺文社
    デジタル事業部プロダクト企画営業G
    戦略リーダー
    岡崎 祐樹氏
    ■講演概要
    いまや訪日外国人数は、2020年の政府目標4000万人に向けて順調に推移。しかしその裏では現場最前線の接客業従事者が言葉の壁にぶつかっており、時間のない中でいかに手軽に、必要最低限の英語力を付けられるかが「おもてなし応対」の鍵となっています。本講演では、その課題をクリアするために開発したスマホ英語学習アプリと、我々の身近にある企業がどのようなポリシーで英語教育に向き合っていくかのご紹介を差し上げます。
    ■講演者略歴
    入社以降、数々のeラーニング教材や教育系アプリの企画や開発に携わる。現在は、販売・飲食・交通業など接客業向けの英語検定である「英語応対能力検定」の企画・立ち上げと、同じく接客業向け英語学習教材の開発・マーケティングに従事。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 13:40~14:15 会場:ルームA
    マイクロラーニングが変革する教育の近未来 ~マイクロラーニングの世界的な動向およびコンテンツ作成ツール「iシリーズ」紹介~
    株式会社WARK
    取締役
    横江 功司氏
    ■講演概要
    マイクロラーニングが変革する教育の近未来というテーマでお話しします。世界中に広がるマイクロラーニングの最新動向および活用事例をご紹介します。また、マイクロラーニング用のコンテンツ制作に必須のツール「iシリーズ」もご紹介します。マイクロラーニングの導入を考えている方は是非ご参加ください!とても参考になると思います。
    ■講演者略歴
    ゲーム制作会社にてコンシューマゲーム機の3DCGのモデリング、アニメーション制作、プロジェクト管理などに携わる。
    外資系大手コンユーターメーカにてeラーニングコンテンツの企画、開発に携わる。
    その後、株式会社WARKに参加。マイクロラーニングエバンジェリストとしてマイクロラーニングの普及・振興に努める

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 14:20~16:20 会場:ルームB
    【スポンサードトラック】教育ICTを最前線で引っ張る先生方が語る「本当のこと」 ~地域・規模・スタートが違う4校にある「未来への教育」の共通点とは?~
    近畿大学附属高等学校
    ICT推進室室長
    乾 武司氏

    延暦寺学園 比叡山高等学校
    ICT推進委員会 委員長
    川端 範之氏

    香蘭女学校
    ICTセンター長
    甲斐 雅也氏

    名古屋経済大学市邨中学校・高等学校
    中学部ICT担当
    矢田 修氏
    ■講演概要
    「反転授業」「アクティブラーニング」「プログラミング」など、毎年のようび新しいキーワードが飛び出してくる教育ICT。
    タブレットや2in1PCの配備も着実に進み、将来を担う子どもたちを取り巻く環境は変化し続けています。
    ただ「本質」はどうなのでしょうか?表面的な一部が都合よく切り取られていないでしょうか?
    そんな疑問をお持ちの方のために、全国のICT推進校の先生方に「本当のこと」を語っていただきます。
    ※presented by 株式会社エヌ・ティ・エス

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 14:30~15:05 会場:レセプションホール
    最新テクノロジーで人事が変わる ~センサーデバイスで職場のコミュニケーションを見える化する~
    株式会社リクルート
    リクルートワークス研究所
    研究員
    城倉 亮氏
    ■講演概要
    「人事業務はデータをもっと活用するべきだ」と言われ、様々な取り組みが生まれてきています。伝統的なデータだけでなく、テクノロジーの進化によって取得可能なデータも多様化してきていますが、まだ私たちの驚きを生む変化には結びついていません。
    本講演ではセンサーデバイスを活用した「コミュニケーション可視化プロジェクト」をもとに、人事業務でデータに基づく課題解決をどのように進めていくべきか、考えます。
    ※presented by株式会社システム計画研究所
    ■講演者略歴
    2004年大学卒業後、航空会社、コンサルティングファームを経て、2012年に株式会社リクルート入社。2015年より現職。
    「ピープル・アナリティクスを活用した生産性向上」プロジェクトなどを担当し、「次世代の新しい働き方」をテーマに研究・提言を行う。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 14:30~15:05 会場:ルームD
    ICTによる「学び・資格・仕事」の最適化ビジネスモデル eラーニングによる「深い学び」の実現で資格・検定ビジネスの収益を10倍に改善
    株式会社養成課程推進機構
    代表取締役
    秦 隆博氏
    ■講演概要
    これから更に深刻化する人材不足・人材難や、人工知能(AI)の普及などによる社会構造の変化に、資格はどのように進化・貢献すればよいのでしょうか。
    資格を取得したい人が着実に学習を続けることにより、確実にプロフェッショナルとしての実力を着けていくことができる養成課程の仕組みを、ICT活用の運用プラットフォームとアクティブラーニングのアプリにより実装し、資格・検定団体の持続可能な発展を実現について説明します。
    ■講演者略歴
    京都府公立中学校講師を経て、1984年から日本アイ・ビー・エム株式会社でK-12機関を対象にしたCAIシステム、教育コンテンツ開発に従事。米国IBMに出向を経て2000年に起業。ラーニングとパフォーマンスに特化したコンサルティングやコンテンツ開発支援サービス事業を展開。2017年よりDK社と養成課程推進機構を立ち上げる。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 14:30~15:05 会場:ルームA
    《昨年度 日本e-Learning大賞 IoT特別部門賞 受賞》「話す」ことで「話せる」ように!シャイな生徒もどんどん話す! ~IoTとAIを活用した英会話ロボット、スピーキング力アップのヒミツ~
    株式会社CAIメディア
    代表取締役社長    
    福地 三則氏
    ■講演概要
    教育現場でロボットが使われ始めるのは、もう間近のこととおもわれます。弊社が今回開発したIoTとAIを活用した英会話ロボットを教育現場で使用した実例を数例ご紹介するとともに、会場で皆様に実際に体験していただき、その利用方法や効果を実感していただけます。
    ■講演者略歴
    鹿児島県出身66歳。早稲田大学法学部卒。旅行会社勤務、英会話学校の外国人講師マネージメント、学習塾講師経験後1995年に教育ソフト会社(株)CAIメディアを設立し代表取締役社長就任、現在に至る。2003年日本初音声認識英会話ロボットを制作販売し、本年4月に2代目IOT英会話ロボット「チャーピー」を販売開始。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 14:30~15:30 会場:Sola City Hall
    ついに登場!集合研修デジタルマネージメントシステム ~LMSの破壊的進化と次世代eラーニング~
    株式会社ネットラーニング
    代表取締役
    岸田 徹氏
    ■講演概要
    LMSが破壊的進化を遂げ、eラーニングの新時代が始まった。国内外の潮流と従来型教育・研修を根本から変える新時代のインパクト、そこから生まれる真の”学習の力”を論じます。
    ■講演者略歴
    東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。出版社、セコム新事業開発室長、セコムラインズ社長などを経て1998年1月、株式会社ネットラーニングを創立。現在は国内外にグループ企業5社、中国に合弁会社を有する。
    一般社団法人日本IMS協会の理事会会長(代表理事)、一般社団法人e-Learning Initiative Japanの理事長を務める。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 15:20~15:55 会場:ルームA
    教育の将来像の中でブロックチェーン技術が果たすべき役割 ~2020年代の学習サービスを支えるデータ活用~
    株式会社ソニー・グローバルエデュケーション
    経営企画室
    ブロックチェーンプロジェクト リーダー
    高橋 恒樹氏
    ■講演概要
    eラーニングやMOOC、LMSなど学習データがインターネットを介して蓄積・活用されるのが当たり前となり、現在はそれらの学習データをオープンな形で活用するための基盤整備が求められています。
    本講演では国内外でのブロックチェーン活用事例を紹介し、教育の将来像の中でブロックチェーン技術が果たすべき役割と、もたらされる教育業界の変革を展望します。
    ■講演者略歴
    2014年、慶應義塾大学卒業、ソニー株式会社に入社しクラウド開発・運用に携わる。株式会社ソニー・グローバルエデュケーションにて、KOOV・世界算数等主要サービスのクラウド基盤の構築を担当。2017年より、教育領域へのブロックチェーン技術適用を取り組む。ブロックチェーンプロジェクトリーダー。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 15:30~16:05 会場:レセプションホール
    eラーニングコンテンツはここまで簡単に作れるようになりました  ~複数の機材不要!複雑な操作不要!eラーニングに必要なのはPearl-Miniたった1台!~
    株式会社アルゴ
    営業技術
    藤尾 麻央氏
    ■講演概要
    動画教育は、時間やお金の観点から近年急増していますが、いざ自分たちで動画を作成しようと思うと、機材を揃えるにも、外注するにも莫大な費用がかかります。そこで今回は簡単に動画コンテンツの作成からアップロードまでできる【Pearl-Mini】をご紹介いたします。コストをカットしながら、より効果的なコンテンツが作成できる【Pearl-Mini】を動画をお見せしながらお話させていただきます。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 15:30~16:05 会場:ルームD
    社員の時間の使い方を変える!ポイントは“職場ぐるみ”にあり! ~たった2時間!職場単位でのタイムマネジメントで時間の使い方が変わる!~
    株式会社ビジネスコンサルタント
    ライセンス事業部
    ソリューションマネジャー 兼 グローバルネットワーク本部 グローバルIPビジネス推進
    新井 澄人氏
    ■講演概要
    働き方改革・長時間労働の是正の流れの中で、タイムマネジメント・時間の使い方の変革が求められています。個人の時間意識の変革を促しても、職場には職場の時間の使い方の”癖”があり、思ったように生産的な時間の使い方に繋がらないこともあります。今回は反転学習スタイルで、事前にスマホで自己の強み診断を行い、それをタイムマネジメントに応用し、職場単位で時間の使い方を改善する取組の一部を体験的にご案内致します。
    ■講演者略歴
    大学卒業後ビジネスコンサルタントに入社。営業部にて組織開発・人財開発の提案営業を経験し、営業所長として福岡・横浜・東京のマーケットを担当。2015年よりライセンス事業部。ライセンス事業部ではBConの持つプログラムを職場で展開できるサービス(MSS)の開発・展開に従事。2018年より世界への発信にも従事。

    満席

  • 企画講演11月15日 (木) 15:45~16:20 会場:Sola City Hall
    “ネットの高校”が挑戦する、アントレプレナー教育の最前線 ~設立から10ヶ月。N高起業部顧問が描く、未来の”ユニコーン”の育て方~
    学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校
    起業部
    顧問
    鈴木 健氏
    ■講演概要
    テクノロジーを駆使した”ネットの高校”である「N高等学校」が新たにスタートしたカリキュラム「N高起業部」。ベンチャー支援専門会社と起業家養成オリジナル授業を開発し、起業支援金1,000万円を用意して、金銭的理由で夢を諦めさせない仕組みも構築。設立から10ヶ月間で見えてきた、デジタルネイティブ世代の可能性、アントレプレナー教育の目指すべき地点と支援者の役割など、前例の無い挑戦の全貌をお伝えします。
    ■講演者略歴
    民間教育事業会社での事業企画・人材育成部門などを経て、N高等学校に入職。起業部の他、PBLカリキュラム「N高マイプロジェクト」を担当。「全国高校生マイプロジェクトアワード」では、参加初年度で3チームを全国大会へ、うち1チームはファイナリストに選出。経営系大学にてビジネス事業計画等の指導にも当たる。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 16:20~16:55 会場:レセプションホール
    《昨年度 日本e-Learning大賞 受賞》 子どもの学習効果が8倍に! ~教室一体型開発アプリのご紹介~
    株式会社Digika
    代表取締役社長
    橋本 恭伸氏
    ■講演概要
    「そろタッチ」は、STEM教育の土台となる高い計算力を短期間で効率的に習得すること、そして大きな自信を持つことを目指し開発されたそろばん式イメージ暗算力養成アプリです。世界最速の暗算であるそろばん式イメージ暗算力の習得に特化し、わずか2年弱の通塾で80%以上の子供達が上級暗算能力を習得するなど、高い学習効果をあげ、2017年日本e-Learning大賞を受賞しています。
    ■講演者略歴
    マイクロソフトにグローバル新卒採用第一期生として入社。The University of Sheffield MBAを経て楽天株式会社へ。 Rakuten Indonesia Country Headとして海外のビジネスを現地の最前線で率いる。 2016年に株式会社Digikaの代表取締役社長に就任。そろタッチを通じて子供たちの夢の実現をサポートします。

    残席僅少

  • 企画講演11月15日 (木) 16:20~16:55 会場:ルームD
    Blackboard Collaborateを使った質の高い遠隔授業 ~シンプルかつ教育のためにデザインされたインタラクティブな環境~
    アシストマイクロ株式会社
    Software Distribution Group
    Marketing & Client Care
    荒川 瑞穂氏
    ■講演概要
    Blackboard Collaborateは、遠隔授業で、対面授業さながらの学習体験を提供します。シンプルかつ教育のためにデザインされたインタラクティブな環境により、学習者のエンゲージメントを高めると同時に、バーチャルクラスルーム、グループコラボレーション&ミーティング、オフィスアワー、イベント&Webセミナーなど多様な場面で包括的に学習をサポートします。
    ■講演者略歴
    タイ王国での日本語教員任期を経て帰国、SIer数社勤務ののち2010年アシストマイクロへ入社。海外製品を取扱うSoftware Distribution GroupでWebファイルサーバ、ワークフロー、学習管理システムの営業事務職から、営業を経て現在はマーケティングを担当。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 16:20~16:55 会場:ルームB
    名刺交換会 ※presented by 株式会社エヌ・ティ・エス
    ■講演概要
    【スポンサードトラック】教育ICTを最前線で引っ張る先生方が語る「本当のこと」 地域・規模・スタートが違う4校にある「未来への教育」の共通点とは?

    を聴講された方々とのお名刺交換の場です。

    ※presented by 株式会社エヌ・ティ・エス
  • 企画講演11月15日 (木) 16:35~17:35 会場:Sola City Hall
    ミスタードーナツの成果も”アゲる”eラーニング
    株式会社プロシーズ
    manabi+事業部
    事業部長
    吉岡 敦也氏
    ■講演概要
    集合研修でしか身につけることができない内容「以外」をすべてeラーニングによる事前学習で如何に実現するかを、
    ミスタードーナツカレッジの皆様と一緒に考えました。

    同時にライセンスを管理するということも一緒に考えました。

    48年に及ぶ歴史の中で行き着いた研修の形をミスタードーナツカレッジのご担当者といっしょにお伝えいたします。
    ■講演者略歴
    株式会社プロシーズ設立に参加し、18年間eラーニングの導入の企画、提案を行っており、西日本の営業責任者。2005年から経済産業省委託事業「草の根eラーニング・システム整備事業」を2年にわたり総額1億円を超えるプロジェクトマネージャーとして従事。

    受付中

  • 企画講演11月15日 (木) 17:10~17:45 会場:レセプションホール
    【受賞者記念講演】プログラミング教育・研修で挫折させないための3つのポイント~5秒で学び始められる、総受講数250万受講のプログラミング学習サービス~
    ギノ株式会社
    代表取締役
    片山 良平氏
    ■講演概要
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    本年度、第15回 日本e-Learning大賞において「日本電子出版協会会長賞」を受賞。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    プログラミング学修には様々な『挫折』がつきもので、学習には高いハードルがあります。2030年には約70万人のIT人材が不足していると言われている中、プログラミング学習のハードルを下げる事は今後の日本の国力を高めるうえでも重要な施策と考えています。国内ITエンジニア40万人の約40%超にあたる17万人が登録するpaizaを例に、挫折させないプログラミング教育、研修手法について紹介します。
    ■講演者略歴
    ギノ株式会社代表。「日本のIT/Webエンジニアを世界レベルに引き上げる」ことをミッションに、IT/Webエンジニアに特化した求職・学習サイト「paiza」を2013年に立上げ。「paiza転職」「paiza新卒」は、国内最大級のプログラミング転職サイト。2018年6月にプログラミングスキルチェック受験数が累計100万受験を突破。

    受付中

選択リスト

続けて他の講演を選択できます。
選択完了したら申込を確定します。
申込を確定した後でも講演を追加・キャンセルできます。

申込を確定