• トップページ
  • 開催概要
  • プログラム・セミナー
  • スポンサー一覧
  • 日本e-Learning大賞
  • コンテンツポータル
  • アクセス
  • FAQ
eラーニングアワード facebookページ


eラーニングアワード ツイッターページ

2017年度プログラム・セミナー

10月27日のプログラム・セミナー

10月25日の講演内容から選ぶ 10月26日の講演内容から選ぶ 10月27日の講演内容から選ぶ
10月25日のスケジュールから選ぶ 10月26日のスケジュールから選ぶ 10月27日のスケジュールから選ぶ
事例紹介コーナーから選ぶ

  • 受付中

    基調講演10月27日 (金) 14:25~15:00 会場:ハート
    【基調講演】文部科学省:教育の情報化の動向と今後の展望について
    文部科学省
    生涯学習政策局 情報教育課
    情報教育振興室長
    安彦 広斉 氏
  • 受付中

    基調講演10月27日 (金) 17:00~17:35 会場:ハート
    【基調講演】総務省における教育ICT政策
    総務省
    情報流通行政局情報流通振興課情報活用支援室
    室長
    ■講演概要
    総務省で推進している教育ICT政策(教育現場におけるクラウド活用、ネットワーク整備支援、プログラミング教育)について、全国各地における豊富な先進事例を交えて詳しく解説するとともに、今後の展開等についてもお話します。
  • 受付中

    全体企画10月27日 (金) 09:25~10:50 会場:スペード
    【受賞者講演会】第14回 日本eラーニング大賞
    ■講演概要
    第14回 日本eラーニング大賞受賞者による講演会を開催いたします!

    ■日本eラーニング大賞(最優秀賞)
    ■経済産業大臣賞
    ■文部科学大臣賞
    ■総務大臣賞
    ■厚生労働大臣賞

    により、受賞作品の内容を、それぞれの受賞者より講演をして頂きます!

    例年、本講演は“有料”でした。しかし、

    より多くの皆様に受賞作品を知って頂きたい気持ちから、

    本年度より、“無料”でご参加いただけるようにしました!

    全受賞者は、2017年10月中旬に決定いたします!

    登壇者(=受賞者)は、しばらくの間、わからない状況ではありますが、

    皆様からのご予約とご来場、心よりお待ちしております!
  • 受付中

    全体企画10月27日 (金) 09:30~11:30 会場:Sola City Hall
    【トラック】EdTech×HRTech
    ■ヤフー株式会社
    コーポレートエバンジェリスト
    Yahoo!アカデミア学長
    伊藤羊一氏

    ■株式会社ピーアップ
    取締役副社長
    川名廣季氏

    ■株式会社サイダス
    執行役員 経営戦略室長
    諸橋峰雄氏

    ■株式会社Emotion Tech
    代表取締役 CEO
    今西良光氏

    ■TANREN株式会社
    代表取締役社長 
    佐藤勝彦氏
    ■講演者略歴
    ■ヤフー株式会社
    コーポレートエバンジェリスト
    Yahoo!アカデミア学長
    伊藤羊一氏

    略歴:
    日本興業銀行にて企業金融、企業再生支援を、プラス株式会社にてロジスティクス、マーケティング、事業再編・再生、経営に従事後、2015年4月ヤフー株式会社に転じ、企業内大学Yahoo!アカデミア学長として、次世代リーダー育成を行う。グロービス経営大学院客員教授。KDDI ∞ Labo、MUFG Fintechアクセラレーター、Code Republicほかのアクセラレータープログラムにて講師を務める。

    ■株式会社ピーアップ
    取締役副社長
    川名廣季氏

    略歴:
    1980生まれ。株式会社ピーアップ取締役副社長として、競争の激しい通信業界において超大型店舗出店戦略など、
    常に時代を先取りした営業攻勢で着実に店舗数を増やし(180店舗以上)、年商368億、従業員745名を抱える組織へと急拡大で成長中、
    同社のNo.2として業界を先取りし、組織活性化学問【識学】の導入や先進スタートアップのクラウド利活用を積極的に展開
    持続的成長・拡大へと導くマネージメントのエキスパート

    ■株式会社サイダス
    執行役員 経営戦略室長
    諸橋峰雄氏

    略歴:
    慶應義塾大学理工学部卒業、慶應義塾大学大学院修了。博士(工学)。国家研究プロジェクトで細胞シミュレーション解析などの研究従事後、バイオベンチャーを経て戦略コンサルティングファームPRTM(現PwC Strategy&)に入社。国内外のハイテクや製薬企業を中心に戦略立案、実行支援を行う。その後、企業再生系プロフェッショナルファームのアリックスパートナーズを経てインジェニコンサルティング共同創業後、現職。

    ■株式会社Emotion Tech
    代表取締役 CEO
    今西良光氏

    略歴:
    日立製作所でシステム営業に従事した後、ファーストリテイリングでユニクロ店舗のマネジメント業務を経験。
    その後、ユニクロでの実務経験で感じた組織マネジメントの課題をITを活用して解決するため、大学院に入り海外論文や事例を研究。
    2013年にwizpra(現Emotion Tech)を創業。
    顧客と従業員の感情を解析することで企業の収益や生産性を高めるサービス「Emotion Tech」「Employee Tech」を開発。
    2017年に独自の解析技術が特許を取得。

    ■TANREN株式会社
    代表取締役社長 
    佐藤勝彦氏

    略歴:
    1978生まれ。B2B系企業向けセールス研修を主軸とする株式会社テソロの創業メンバーとして、国内大手携帯キャリアにて15年間に渡り通信ハイテク領域の営業強化を得意とする。手がけた店舗は7000店舗以上。リアル/アナログでの接客接遇スキルを重視しながらも、裏側を最先端のモバイルクラウドで加速させる必要性を感じ、2014年10月にB2BEdTechスタートアップとして起業。
  • 受付中

    全体企画10月27日 (金) 10:00~12:30 会場:ジャック
    【特別企画】元Google×eLearning コンソーシアム × eLearning Initiative Japan
    株式会社 村上憲郎事務所
    代表取締役
    村上憲郎氏

    株式会社富士通ラーニングメディア
    顧問
    特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
    会長
    加藤憲治氏

    株式会社ネットラーニング
    代表取締役
    一般社団法人eLearning Initiative Japan
    代表理事 理事長
    岸田徹氏
    ■講演概要
    【第一部】グローバル時代を生き抜いていける人材を育てるために。

    グローバル時代の到来が叫ばれるようになって久しい。グローバル化そのものの是非について賛否があるとしても、それは避けがたい現実である。これから否応なしに、そんな時代を生き抜いて行かざるを得ない人材について、米グーグルや他のグローバル企業で働いた経験を持つ先行者として、このグローバル時代を生き抜く上での、いくつかの重要な事をお伝えしたい。

    【第二部】デジタルビジネス時代の人材育成とICTの活用

    テクノロジーの大きな進化に伴いデジタル化の波が急速に拡大をし。新たなイノベーションが次々と起こっている。このような
    時代に即したデジタル人材とはどのような人材か。またそのような人材を如何に効果的に育成をするか。ICTを効果的に生か
    した人材育成のあり方に関して考察をしたい。

    【第三部】教育、研修、学習の大変革と学習履歴

    現在起こっているeラーニングの本質的大転換点と、従来型教育・研修を根本から変えていくインパクトを論じます。また、その大転換のキードライバーとなっている学習履歴活用やラーニング・アナリティクス(学習履歴分析)についても、これまでの動向や最新状況をふまえて、当社が考える今後の方向性を発表します。
    ■講演者略歴
    ■株式会社 村上憲郎事務所
    代表取締役
    村上憲郎氏

    略歴:
    元グーグル米国本社副社長兼日本法人社長。現在、国際大学GLOCOM主幹研究員・教授、大阪工業大学客員教授、東京工業大学学長アドバイザリーボード委員、会津大学参与。

    ■株式会社富士通ラーニングメディア
    特定非営利活動法人日イーラーニングコンソシアム
    顧問&会長
    加藤憲治氏

    略歴:
    1976年富士通に入社以来、40年間に渡り人材育成、研修サービスに携わる。1994年に株式会社富士通ラーニング
    メディア発足に伴い移籍をし、2011年より2016年3月まで代表取締役社長を務めた。現在は、同社顧問に就任し、
    特定非営利法人日本イーラニングコンソシアム会長を務める。

    ■株式会社ネットラーニング
    代表取締役
    一般社団法人eLearning Initiative Japan
    代表理事 理事長
    岸田徹氏

    1974年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。出版社、セコム新事業開発室長、セコムラインズ社長などを経て1998年1月、株式会社ネットラーニングを創立。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 09:25~10:50 会場:ハート
    【トラック】電子出版 ~第二部~ パネルディスカッション講演
    学研プラス 北居誠也 氏
    旺文社 宮田 裕基 氏
    イースト 大島 俊哉 氏
    日本電子出版協会 下川 和男 氏
    ■講演概要
    「初中等:今後の英語教育とICT活用 ~コンテンツ導入の現場から~」

    ① 新学習指導要領が公示され、外国語教育は小学校から大きく変わろうとしています。特に小学校では先生方の負担は大きくなることが予想されています。学研教育アイ・シー・ティーでは、子どもたちの英語力向上と学習動機付けにつながる、ICTを活用した「オンライン英会話」を提供しています。その成果と課題のほか、小学校の先生方の課題を解決できる「指導力・英語力向上研修」をご紹介いたします。

    ② 高大接続改革の概要と大学入試での英語外部検定試験活用について、高等学校でのICT活用の現況(旺文社2017年実施アンケートより)、旺文社の教育ICTへの取り組み(アプリ、webサービス他)について、ご紹介いたします。

    ③ イーストにおける教育ICT分野の取り組みを紹介するとともに、新学習指導要領や高大接続改革を視野に入れた今後の辞書アプリ/学習アプリの役割と方向性をご提案いたします。
    ■講演者略歴
    〇学研プラス
    取締役
    北居 誠也 氏

    略歴
    1989年 学習研究社入社。
    2001年 デジタルコンテンツ事業部に異動。以降、デジタル分野に従事。
    2011年 ㈱学研ホールディングス 教育ICT事業室長。学研グループの教育ICT事業戦略の立案と推進を担当。
    2014年 ㈱学研教育アイ・シーティー設立。代表取締役就任

    〇旺文社 
    ブック事業部営業部 事業開発グループマネージャ
    宮田 裕基 氏

    略歴
    2007年 株式会社旺文社に入社。高等学校向け営業等を担当。
    2014年 大学受験生向け英単語アプリ「ターゲットの友」企画運営。同アプリで第12回日本e-Learning大賞アプリ部門賞を受賞
    2017年 高等学校向け英単語習得webサービス「タンゴスタ! for 英単語ターゲット」、英語資格試験書のリスニング学習アプリ「英語の友」企画運営

    〇イースト 
    取締役 教育ICT担当
    大島 俊哉 氏

    略歴
    1987年 日本電気(NEC)入社
    1995年 NEC米国現地法人勤務。
    1999年 NECインターチャネル。
    2008年 イースト入社、2013年より現職。

    〇日本電子出版協会 
    下川 和男 氏

    略歴
    1986年より日本電子出版協会(JEPA)に参加し、現在副会長
    1996年から3年間、フランクフルトブックフェアでWorldFont CD-ROMプロジェクトを推進
    2000年、出版物向けXML電子交換フォーマット「JepaX」を策定
    2010年、総務省「電子出版環境整備事業」で「EPUB日本語組版」を推進
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 09:30~10:05 会場:クローバー
    eラーニング運用に潜む落し穴!導入前に知りたいリスクとその対処!!
    株式会社プロシーズ
    ラーニングパートナー事業部
    チーフプランナー
    後藤 大輔 氏
    ■講演概要
    eラーニング導入で成果を上げるには、運用する中で発生するリスクと、その対処方法を事前に知る事が大切です。運用開始後にどんなリスクが潜んでいるのか、どんな対処をすればいいのか、具体的な事例を交えてご紹介いたします。成果を上げているお客様は何が違うのか、リスク回避という視点も忘れない事が大切です。

    ▼eラーニングのプロシーズ 活用事例・導入実績はこちら
    http://www.pro-seeds.com/course/?post_type=result
    ■講演者略歴
    2013年 株式会社プロシーズ入社。eラーニングシステム導入のチーフプランナーとして、大手生命保険会社の部門別研修、大手石油会社グループの全社研修を主に担当。
    企業規模を問わず、年間100社以上の企業に対し、社内研修の効率化、eラーニングの学習効果の向上提案に携わっている。
  • 残席僅少

    企画講演10月27日 (金) 09:30~10:05 会場:ダイヤ
    eラーニングビジネス開始にむけて、用意すること/しないこと
    株式会社ネットラーニング
    プラットフォームサービス事業部 課長代理
    平木 美那 氏
    ■講演概要
    eラーニングを利用して、ビジネスの拡大または新規研修事業の立ち上げを企画する企業様が増えてきた中、「すべきこと」「しなくてよいこと」を見極めて、スピーディに事業を立ち上げることが必要です。
    本セミナーでは、ビジネス事例のご紹介とともに、eラーニングのメリットが活かせる領域、eラーニングビジネスを始める時の心構え、どういう観点で利用するeラーニングプラットフォームやサービスを選ぶとよいのか等を、国内最大手の実績を持つ当社のプラットフォームの特長やご利用企業様の事例を交えてお伝えいたします。
    ■講演者略歴
    SIerにてシステムエンジニアおよび営業を担当後、株式会社ネットラーニングに入社。ネットを通じた企業研修の企画・実施をサポート。
    現在は、プラットフォームの機能を含めたサービス企画とeラーニング導入および運用支援を、企業内eラーニング・企業外向けeラーニングビジネスの両面で担当。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 10:20~10:55 会場:クローバー
    ICTによる「学び・資格・仕事」の 最適化ビジネスモデル
    株式会社養成課程推進機構
    代表取締役    
    秦 隆博 氏
    ■講演概要
    これから更に深刻化する人材不足・人材難や、人工知能(AI)の普及などによる社会構造の変化に、資格はどのように進化・貢献すればよいのでしょうか。
    資格を取得したい人が着実に学習を続けることにより、確実にプロフェッショナルとしての実力を着けていくことができる養成課程の仕組みを、ICT活用の運用プラットフォームとアクティブラーニングのアプリにより実装し、資格・検定団体の持続可能な発展を実現について説明します。
    ■講演者略歴
    京都府公立中学校講師を経て、1984年から日本アイ・ビー・エム株式会社でK-12機関を対象にしたCAIシステム、教育コンテンツ開発に従事。米国IBMに出向を経て2000年に起業。ラーニングとパフォーマンスに特化したコンサルティングやコンテンツ開発支援サービス事業を展開。2017年よりDK社と養成課程推進機構を立ち上げる。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 10:20~10:55 会場:ダイヤ
    社内試験実施のメリット ~社員のスキル向上のために~
    株式会社イー・コミュニケーションズ    
    CBT事業部 営業部    
    営業部長
    小沢 孝 氏
    ■講演概要
    従来、試験実施にはかなりの運用負荷が発生していましたが、コンピュータを利用した試験形態(CBT形式)での実施をすることで効率的かつ低コストな社内試験実施が実現できます。「社員のスキル向上」、「適切な人材配置」を実現する社内試験スキームを、100社以上の導入実績を持つ弊社のソリューションを、実例を踏まえご紹介させていただきます。
    ■講演者略歴
    2011年からイー・コミュニケーションズにて、営業に従事。検定団体、法人向けにCBT(Computer Based Testing)の導入を推進。既存紙試験のCBT化はもちろん、新規試験の立ち上げの参画も含め、100社以上に社内試験スキームの導入を行う。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:05~11:40 会場:ハート
    調整中
    Findアクティブラーナー
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:05~11:40 会場:スペード
    東洋大学:志願者10万人 4年間で4万人増を達成した戦略とは!!  紙からWebへ。TOYO Web Styleの取り組みと今後の展開
    東洋大学
    理事・入試部長
    加藤 建二 氏
    ■講演概要
    東洋大学は他大学に先駆けて、2010年よりインターネット出願を開始。2013年より紙の大学案内を完全廃止し、
    すべての入試を完全インターネット出願に移行。情報提供、出願、合格、入学手続まで、受験生とのコミュニケーションの軸を紙からWebにシフトしました。
    また、一部の入試をWebで実施する試みもスタートさせています。本学がこのような試みを行なう背景や狙い、今後の展開などについてお話します。
    ■講演者略歴
    1964年生まれ
    1987年学校法人東洋大学入職
    教務部、入試部、総務部等を経て
    2013年より入試部長
    現在、学校法人東洋大学理事・評議員を務める
    職員生活30年中18年が入試部勤務
    大学案内へのムーミンの起用に関わり、その後2011年ムーミンの引退を決断
    2013年より紙の大学案内を廃止、オールインターネット出願に移行し、
    「TOYO WEB STYLE」を始める
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:10~11:45 会場:クローバー
    調整中
    システム計画研究所
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:10~11:45 会場:ダイヤ
    セキュアな電子テキスト配信サービスをSaaSで提供
    アイドック株式会社
    代表取締役
    成井 敦 氏
    ■講演概要
    セキュアなコンテンツ配信プラットフォーム「bookend(ブックエンド)」を紹介します。
    ■既存システムで本人認証したうえでクラウド上のWeb書庫から専用アプリに配信
    ■しおり、メモ等の注釈情報もWeb書庫経由で端末間同期
    ■多彩なアナリティクス機能
    ■ユーザ毎に透かしを入れられるソーシャルDRM機能
    ■Flashやプラグインを使わないセキュアなブラウザ閲覧機能
    ■講演者略歴
    1981 年生まれ,東海大学工学部電子工学科卒業。システムエンジニアとして様々なシステムの構築を経験した後,2006 年アイドック(株)に入社。電子書籍の配信、ライセンス管理システムの設計、開発に従事する。2010年マルチプラットフォームDRMシステム 「booked」を開発。2016年1月より現職。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:45~12:35 会場:Sola City Hall
    VRを使った新しい学びの可能性
    株式会社プロシーズ
    ラーニングパートナー事業部
    リーダー
    池辺 直樹 氏
    ■講演概要
    人材流動化が加速しており、早期人材育成が各業界で必要とされています。
    特に、知識偏重ではなく「VR」を使った疑似体験型教育は注目を浴びています。
    まさに、体験型で【身体で覚える】ことで、従来のパソコンやスマホ/タブレット画面上で見て記憶する学習とは異なる、新しい学習体験の提供を実現していけます。ここでは、Vreラーニング制作に際しての問題点や工夫点、今後のVRを使ったeラーニングの展望をご紹介していきます。
    ■講演者略歴
    1977年、兵庫県姫路市生まれ。Webデザインツールの講師、および、個人向けeラーニング教材の制作がきっかけとなり、企業向けのeラーニング教材の制作にも着手。2003年株式会社プロシーズ設立に参画。現在「プロシーズラボ」プロジェクトリーダーとして、新しい教育の価値創造に向けて、調査・研究に取り組んでいる。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:55~12:30 会場:ハート
    4技能試験が起こす英語教育大革命
    一般財団法人 実用英語推進機構
    代表理事
    安河内 哲也 氏
    ■講演概要
    グローバル化が加速する今日、日本の競争力を語る上で、現場で求められる、実践的な英語力の習得は全ての企業・大学にとって共通の課題です。当講演では、グローバルな視点での英語学習のトレンドを踏まえつつ、従業員・学生の英語学習を推進していくためのヒントをご紹介いたします。また、自らの英語習得までのプロセスに触れながら個人レベルでの英語学習方法、そしてその中でのICTの利活用についても触れていきます。
    ■講演者略歴
    各種教育関連機関での講演活動を通じて実用英語教育の普及活動を行う。文部科学省の審議会を歴任。大学入試への4技能試験導入に向けて積極的に活動中。帰国子女でもなく、長期留学経験もなく、TOEICスコアは1390点満点 (LR+SW)を取得。執筆活動では、ベストセラービジネス書、及び参考書を多数執筆。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 11:55~12:30 会場:スペード
    Monacaではじめる実践的プログラミング教育
    アシアル株式会社
    スクール事業部
    Monaca プログラミング教育アドバイザー
    岡本 雄樹 氏
    ■講演概要
    今、スマートフォン向けのアプリを開発する実践的なプログラミング教育が、文系の大学や商業・工業高校でも行われています。
    従来、スマートフォン向けのアプリ開発は学生のニーズは高いものの特別な開発環境が必要となり教育現場での実施は困難でしたが、ブラウザだけでAndroid/iOSアプリの開発が行えるMonacaの登場により気軽に実施できるようになりました。
    全国の先生から集めたMonacaの活用事例についてお話しします。
    ■講演者略歴
    アシアル株式会社でスクール事業を行うかたわら、「Monaca」を活用したプログラミング
    教育のアドバイザーとして、南は沖縄から北は北海道まで全国の学校や地域コミュニティ
    を訪ね歩く。プログラミング教育を通して実社会で活躍できる人材の育成につとめる。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 12:00~12:35 会場:クローバー
    タイの技術者育成のための技術教育展開事例
    株式会社 工学研究社
    常務取締役
    橋本 邦一 氏
    ■講演概要
    本講演では、技術者の技術基礎知識を可視化する試験を行い、その結果にもとづいた教育を実施することで、どのような効果を発揮するのかについて、具体的な活用事例をもとに紹介します。特に、2017年1月より発売を開始したタイ人技術者育成のための試験と、関連した教育に関する事例紹介は、グローバル人材育成を担当する方々にとって有益な情報となることでしょう。
    ■講演者略歴
    明治大学時代に8ビットパソコンと出会いプログラミングの学習を開始。音響カプラの時代に秋葉原でパソコンゲームの営業アルバイトを体験。大学卒業後、工学研究社に入社。技術系教材開発を行う企画開発部に所属。「MS/DOS入門講座」等の数多くのヒット教材を開発。その後、技術研修事業の責任者として活躍し、現在に至る。
  • 残席僅少

    企画講演10月27日 (金) 12:00~12:35 会場:ダイヤ
    コストをかけずにeラーニングで成果を上げるポイント
    KIYOラーニング株式会社
    代表取締役
    綾部 貴淑 氏
    ■講演概要
    多額の費用をかけてもeラーニングで成果が上がるとは限りません。逆に、コストを抑えながら成果を上げる方法もあります。
    本セミナーでは、どうすればコストを抑えつつeラーニングで成果を上げられるのか、手法と導入手順をわかりやすく解説します。
    ■講演者略歴
    東京工業大学情報科学科卒。日本オラクルを経て経営管理システムのコンサルティングに従事。
    仕事の傍ら、能力を最大限に引き出す学習法を研究し、2008年にオンライン講座「通勤講座」を開講。現在有料受講者1.5万人を超え急成長中。2017年には社員教育クラウド「AirCourse」をリリース。社会人教育の革新を追求している。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 12:45~13:20 会場:ハート
    近畿大学付属高等学校・中学校 ICT導入の「本当の成功」に向けて
    近畿大学附属高等学校・中学校
    ICT教育推進室室長
    乾 武司 氏
    ■講演概要
    2013年に1to1(1on1)教育の理想を掲げ、iPadの利活用を進めてきた近畿大学附属高等学校。約3000名の生徒・教員が1人1台を持ち、今年2期目の卒業生を輩出しました。「iPadのある日常」を過ごした生徒は何を得て旅立っていったのでしょうか?
    先進校として他校から注目が集まる中、更なる高みを目指すにあたり、絶え間ない「新たな試み」についてお話いただきます。
    もちろん、恒例となった「オフレコ発言」にもご期待ください!!
    ■講演者略歴
    高等学校、塾、予備校等の講師を経験後、平成14年より理科専任教員として近畿大学附属高等学校に勤務。電算室主任として、校務学籍管理システムの構築や教科「情報」の設置に携わる。各種学籍情報のデータベース化とともに、ICT教育環境のアウトラインデザインに取り組む。平成26年度からICT教育推進室室長。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 12:45~13:20 会場:スペード
    次世代授業におけるデジタルコンテンツの制作と運用
    国立大学法人 東京大学大学院
    情報学環・学際情報学府 メディア・コンテンツ総合研究機構
    特任教授
    長丁 光則 氏
    ■講演概要
    大学、専門学校などにおいては、近年の学問学際化によって授業の内容も様々な専門分野が横断的に組み合わされて行われることが多くなってきている。そのような授業環境の変化によってそこで利用される教科書・教材にもこれまでにない構成、利用形態が求められてきている。本プラットフォームとコンテンツ開発手法はそれらの新しい授業と教材に対応するものである。
    ■講演者略歴
    東大にて、デジタルメディア・コンテンツの研究と教育を担当
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 12:45~13:35 会場:Sola City Hall
    『最旬テクノロジ×教育が今できること』 AI・ビッグデータ・VR・アプリ
    株式会社デジタル・ナレッジ
    代表取締役COO
    吉田 自由児 氏
    ■講演概要
    AIやラーニング・アナリティクス、VRといった新しいテクノロジーと有機的につながることで、eラーニング、そして教育はあらたな局面を迎えようとしています。本セッションでは、eラーニングのトレンド、最旬テクノロジをご紹介するとともに、弊社が現在進めております「AI英会話」などの様々な取り組みについてお話しいたします。また、昨今のeラーニングの傾向のひとつに、座学による知識教育だけでなく“OJTでの経験学習”への取り組みが挙げられます。本講演では、その背景にあるVRやAIといったテクノロジの教育への活用の可能性についても言及してまいります。
    ■講演者略歴
    株式会社デジタル・ナレッジ代表取締役COO
    株式会社デジタル・ナレッジ教育テクノロジ研究所 所長
    株式会社デジタル・ナレッジ・ユニバーシティ・ラーニング 取締役
    特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム 資格制度e-Learningエキスパート講師(「eラーニングテクノロジ」と「LMS活用技術」を担当)
  • 残席僅少

    企画講演10月27日 (金) 12:50~13:25 会場:クローバー
    脳科学で学びを斬る! ~マイクロラーニングの正体とその効果~
    株式会社アイ・ラーニング
    取締役
    加藤 佐和子 氏
    ■講演概要
    20世紀末USにおける研究により明らかにされてきた脳科学。人間の脳は忘れるようにできていると言われています。複数の概念を一度に学ぶより、シングルコンセプトだけをバイトサイズのコンテンツに分けて学ぶ仕組みは記憶残存率が高まることが実証されています。「自ら学び、考え、行動する人財」の育成の手助けとなる最新の学び「マイクロラーニング」とは何か、脳科学の見地を含めてご紹介します。
    ■講演者略歴
    1988年日本IBM株式会社入社。流通業/商社/小売業のお客様担当SEとして日々走り回る生活を送る。
    2002年、日本研修サービス(LSJ)に出向し、AIX研修講師、IBMシステム製品研修GLを経て、IT研修部長。
    2013年7月、株式会社アイ・ラーニングに転籍。現在、取締役新規事業部長。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 12:50~13:25 会場:ダイヤ
    調整中
    朝日ネット
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 12:50~13:25 会場:ジャック
    IoTとAIを活用した新型英会話ロボットによる英語学習について
    株式会社CAIメディア
    代表取締役社長
    福地 三則 氏
    ■講演概要
    英会話力をつけるには、英語ネイティブ話者と日常的に英語で会話をすることが一番有効だとわかっちゃいるが、皆、英語を話す環境が身近にないのが現状。また、留学には大きなコストがかかる。今回開発のIoTとAIを活用した新型英会話ロボットによる学習方式は、これらの問題を解決し、身近に英語を話す環境を作り、かつ維持するコストを抑えるという点で革新的なもの。今後、教育現場でロボットが先生役になる先駆けになるだろう!
    ■講演者略歴
    鹿児島県生まれ65歳。早稲田大学法学部卒。旅行会社勤務、英会話学校の外国人講師マネージメント、学習塾講師経験後1995年に教育ソフト会社(株)CAIメディアを設立し代表取締役社長就任、現在に至る。2003年日本初の音声認識英会話ロボットを制作販売し、今秋2代目IOT英会話ロボット「チャーピー」を販売する。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 13:35~14:10 会場:ハート
    面白法人のタレントマネジメント~データと感性の組織戦略~
    面白法人カヤック
    管理本部/人事
    佐藤 謙太 氏

    面白法人カヤック
    社外人事
    神谷 俊 氏
    ■講演概要
    「つくる人を増やす」を理念に掲げる面白法人カヤック。そのクリエイティビティを持続的に、そして存分に発揮できるように、面白法人は戦略的にカヤック流の組織開発を進めています。個人と組織、創造性とマネジメント。相反するエネルギーをバランスさせるためには私たちは何を考え、どのように実践しているのか。本セミナーでは、その一端を公開しつつ、その背景にある組織観についてお話させていただきます。
    ■講演者略歴
    佐藤 謙太 氏
    販促メディアを運営する会社の総務・労務の仕事を辞めて料理人になろうとしていたところで声をかけられ2015年7月に株式会社カヤックに入社。面白採用キャンペーン以降の選考プロセスの改善に並々ならぬ熱意を注ぐ。採用以外にも「クソゲー供養会」といったクリエイター向けイベントの企画や、プロレス団体の広告の企画なども担当。

    神谷 俊 氏
    面白法人カヤック 社外人事
    面白法人という組織を「外」から観ていきたいと、カヤックの人事領域の企画・開発に参画。主に,施策プランニングと調査結果の分析を手がけている。そのほか、株式会社エスノグラファー代表取締役、株式会社ビジネスリサーチラボ研究員、有馬高原病院マネージャーなど兼任。複数の組織で自らの居場所を構築し、棲み分けながら独自のキャリアを歩んでいる。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 13:35~14:10 会場:スペード
    JMOOC基礎講座シリーズによる実践的な学び直し、企業での実践事例を中心に
    一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会
    常務理事・事務局長
    福原 美三氏
    ■講演概要
    JMOOCでは経済産業省、文部科学省の施策である「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」での議論に基づき、経団連と連携し、9社400名を対象に学び直しの実態調査を実施した。この結果に基づき、ニーズの高い講座を各分野毎に提供することとした。
    本年度は電気、機械、数学等12講座を提供しており、次年度へ向けて情報系科目の提供を計画している。本施策では今後技術系に続き、ビジネス系、教養系などに拡大していく予定である。
    ■講演者略歴
    1976年慶大・工・電気卒、1978年同大学院修士課程終了。 同年日本電信電話公社(現 NTT) 入社。1999 年京都大学大学院情報学研究科博士後期課程単位取得修了。 (株)NTT レゾナントを経て、2005 年慶應義塾大学DMC 機構教授、2011年明治大学特任教授、2016年より学長特任補佐。JMOOC常務理事・事務局長。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 13:40~14:15 会場:クローバー
    ICT CONNECT 21「格差なく誰でもいつでもどこでも学べる」地域未来塾の取組
    ICT CONNECT 21
    事務局
    常務理事・事務局長
    片岡 靖 氏
    ■講演概要
    ICT CONNECT 21は、情報通信技術を活用して教育をより良くして行こうという意思を持つさまざまなステークホルダーが集まるオープンな場を提供するとともに、格差なく誰でもいつでもどこでも生涯を通じて学べる学習環境作りに取り組んでいます。その一環として文部科学省が取り組んでいる学校外の学ぶ場である地域未来塾についてご紹介します。
    ■講演者略歴
    2015年4月よりJAPET&CECに出向、ICT CONNECT 21の事務局長として現在にいたる
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 13:40~14:15 会場:ジャック
    科学的な視点から設計した英語学習eラーニング
    ATR Learning Technology 株式会社
    代表取締役CTO
    山田 玲子 氏
    ■講演概要
    目的によって必要な語彙や表現は異なる一方、4技能に代表されるように共通した学習要素も存在します。
    人間の脳の音声言語情報処理過程に着目した学習実験の積み重ねから、低次処理や音声学習の重要性が示唆されました。
    これは学習者に共通した対策であり、eラーニング導入の費用対効果が高い部分といえます。このような研究成果や発音を採点する技術を取り入れたeラーニングシステム『ATR CALL』をご紹介します。
    ■講演者略歴
    神戸大学理学部、大阪大学人間科学研究科を経て、1986年ATR視聴覚機構研究所に入社。
    ATRのR&D研究所にて25年に亘り音声言語習得の研究に従事。
    2008年4月1日にATR Learning Technology株式会社を設立し現職に就く。
    ATR知能ロボティクス研究所主幹研究員、神戸大学客員教授を兼務。博士(人間科学)。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 13:45~14:35 会場:Sola City Hall
    ついにはじまった教育・研修の大転機 eラーニングの創造的破壊力
    株式会社ネットラーニング
    代表取締役
    岸田 徹 氏

    株式会社ネットラーニング
    社長執行役員
    吉田 俊明 氏
    ■講演概要
    約4千万人のユーザ、約5千社・校の導入実績から得られた実績と知見から、現在起こっているeラーニングの本質的大転換点と、従来型教育・研修を根本から変えていくインパクトを論じます。また、その大転換のキードライバーとなっている学習履歴活用やラーニング・アナリティクス(学習履歴分析)についても、これまでの動向や最新状況をふまえて、当社が考える今後の方向性を発表します。
    ■講演者略歴
    岸田 徹 氏
    1974年 東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。出版社、セコム新事業開発室長、セコムラインズ社長などを経て1998年1月、株式会社ネットラーニングを創立。

    吉田 俊明 氏
    1994年 慶應義塾大学理工学部応用化学科卒。メリルリンチ証券などを経て2000年、株式会社ネットラーニングに入社。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 14:25~15:00 会場:スペード
    動画コンテンツ作成から配信まで「Epiphan Pearl-2」で解決!
    株式会社アルゴ
    営業技術
    藤尾 麻央 氏
    ■講演概要
    今、eラーニングにおけるコンテンツの多くは動画を採用しております。そこで今回は簡単に動画コンテンツの作成からアップロードまで、またライブ授業もできる【Epiphan Pearl-2】をご紹介いたします。今まで教育に効果的なコンテンツを作成するには、様々なコストがかかっていたかと思います。しかし【Epiphan Pearl-2】なら1台でそのコストをカットすることが可能であることを、簡単な実演をしながらお話させていただきます。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 14:30~15:05 会場:クローバー
    VR/ARを活用した 製造現場でのOJT支援
    株式会社創新ラボ
    LAB GROUP(人財ラボx創新ラボ)
    代表取締役
    下山 雄大 氏
    ■講演概要
    LAB GROUPが創造する「未来の学び」のひとつとして、OJTにVR/ARの活用を進めております。
    マンツーマンによるOJTをVRで支援することで学習効果の向上と生産性向上を目指しております。
    ここでは洋菓子製造現場における製造過程でのVR/ARを活用したOJTと既存サービスの比較を行ないながら、
    導入を進めている事例をご紹介いたします。
    ■講演者略歴
    学生時代にeコマースを活用した事業の創造や輸入商社の立ち上げを経験し、テクノロジーを活用した事業構築を経験。
    株式会社人財ラボ入社後は人事、教育において活用出来るシステムの導入、開発、運用支援を担当。
    2013年にシステム開発、ITコンサルティングを専門とした株式会社創新ラボを創業。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 14:30~15:05 会場:ダイヤ
    マイクロ&eラーニング!その効果的なコンテンツ開発手法とは?
    株式会社WARK
    取締役
    横江 功司 氏
    ■講演概要
    今、世界の人材育成業界で注目を集めるマイクロラーニングコンテンツと現行のeラーニングコンテンツの違い、そさらに それぞれのコンテンツ開発手法についてお話しします。特に弊社のモバイル版制作ツール「アイコンテンツロイド」「アイテスタロイド」が両方のコンテンツ制作に活用できることをご説明いたします。
    ■講演者略歴
    ゲーム製作会社から日本IBM研修サービスに転身、eラーニングコンテンツの開発に従事する。その後、WARKにJOIN。携帯電話+eラーニングの「ポケットラーニング」でeラーニング大賞 総務大臣賞受賞、その他モバイル版コンテンツ制作ツール「アイテスタロイド」をプロデュース。コンテンツ内製化セミナーの研修講師でもある。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 14:30~15:05 会場:ジャック
    夢中にさせる授業 「ゲーミフィケーション×授業」2017最前線
    東京工科大学
    メディア学部 特任准教授
    岸本 好弘 氏
    ■講演概要
    長年のゲーム開発の経験から得た“惹きつけるゲームデザイン”のノウハウを大学授業に活かしたら学生が劇的に変わった。
    四年連続で大好評だった講演の第五弾!能動的参加、即時フィードバックなど“学生の心をつかむ6つの手法”をご紹介します。大学の授業のみならず、企業研修などあらゆる場面で実践可能な“モチベーション向上”のヒントを、ゲーミフィケーション×授業の第一人者がご紹介します。
    ■講演者略歴
    約30年にわたり、ナムコ、コーエーにて、有名ゲーム開発を手がける。
    その後、2012年から東京工科大学メディア学部特任准教授、現在に至る。
    著書「ゲームはこうしてできている」。オムライス好きが高じてオムライス教授と呼ばれる。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 15:00~18:00 会場:Sola City Hall
    【トラック】EdTech
    デジタルハリウッド大学院大学
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 15:15~15:50 会場:ハート
    教育・経験値 ビックデータ大活用!
    株式会社ジンジャーアップ
    代表取締役
    井手 啓人 氏
    ■講演概要
    教育データや人事関連データを幅広く収集して分析し、様々な活用を行う施策が広がっています。ジンジャーアップxAPI/LRSサービスを使用した業界ごとの導入事例における「ビフォー・アフター」を具体的に紹介いたします。次世代のeラーニングシステムによって実現できることや、AIを活用したビックデータの解析・レコメンド等、今後のトレンドについてもご紹介します。また、xAPI&AI新製品の全貌をこの場で初披露!致します。
    ■講演者略歴
    神戸市出身成城大学卒業。現在、eラーニングに留まらず、様々な行動履歴を共通規格で記録するxAPI(ExperienceAPI)による高度なサービスを提供するナンバーワン企業を目指し、xAPIエバンジェリストとして、日々、日本全国で解説をして活躍中。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 15:15~15:50 会場:スペード
    楽しみながら英語が身に着く!2015年EdTech賞受賞作「英剣伝説」の今!
    株式会社ケーシーエスキャロット
    三富 裕哉 様
    ■講演概要
    ・英語教育とゲーミフィケーション
    ・ブラウザ版リリースからアプリ版への移植について
    ・マネタイズ(課金モデルか広告モデルか等)
    ・学習塾向けの展開について
    ※詳細準備中 この辺りを中心にお話させていただく予定です。
    ■講演者略歴
    SE・ITコンサルタントとしてキャリアを積み29歳で子供専門オンライン英会話「リップルキッズパーク」を創業。
    2015年ゲーム型英語教材「英剣伝説」で日本Eラーニング大賞EdTech賞を受賞。
    2016年株式会社レアジョブ(マザーズ上場)のグループ会社となる。
    英剣伝説の開発・運営を株式会社ケーシーエスキャロットに託す。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 15:20~15:55 会場:クローバー
    社内試験実施のメリット ~社員のスキル向上のために~
    株式会社イー・コミュニケーションズ    
    CBT事業部 営業部    
    営業部長
    小沢 孝 氏
    ■講演概要
    従来、試験実施にはかなりの運用負荷が発生していましたが、コンピュータを利用した試験形態(CBT形式)での実施をすることで効率的かつ低コストな社内試験実施が実現できます。「社員のスキル向上」、「適切な人材配置」を実現する社内試験スキームを、100社以上の導入実績を持つ弊社のソリューションを、実例を踏まえご紹介させていただきます。
    ■講演者略歴
    2011年からイー・コミュニケーションズにて、営業に従事。検定団体、法人向けにCBT(Computer Based Testing)の導入を推進。既存紙試験のCBT化はもちろん、新規試験の立ち上げの参画も含め、100社以上に社内試験スキームの導入を行う。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 15:20~15:55 会場:ダイヤ
    1社で500本!大量生産実績!【撮影・録音不要】3Dアバターの研修動画でコスト削減を実現!
    株式会社4COLORS
    代表取締役
    加山 緑郎 氏
    ■講演概要
    ・「読ませる」から「2倍伝わる視聴覚メディア」へ
    ・eラーニング動画制作における課題
    ・最新テクノロジーで解決 1本3990円で作れる理由
    ・パワーポイントから最短5分で動画を完成 デモストレーション!
    ・1社で500本以上の大量生産実績の紹介
    ・制作、配信、管理のワンストップだから選ばれる
    ・初公開!スマホから教育動画を作る最新サービスの紹介
    ・参加者の皆様で、スマホからアバター動画の制作体験
    ■講演者略歴
    大量の読ませる情報を、ITで伝わる形にするのが企業理念。最先端の3Dアバターと音声合成を使った、
    eラーニング/プロモーション動画を誰でも簡単に作れるクラウドシステムを提供。(特許取得済)
    生産性・訴求力を高める効果が認められ、累計5000本以上の制作実績があります。
    第1回「横浜知財みらい企業」認定。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 15:20~15:55 会場:ジャック
    事例でみる人材育成におけるデータ活用に必要な視点とは
    株式会社グロービス
    グロービス・デジタル・プラットフォーム
    マネジング・ディレクター
    井上 陽介 氏
    ■講演概要
    HR Techが人事のさまざまな領域に広がる中、育成領域においてはどのような変化が起こるのでしょうか?今まで満足度や学習効果以外の指標が見える化しづらかった人材育成において、あらたに見える化できることは何かや、データドリブンで進める育成の変化についてグロービスの事例を用いてお話いたします。
    ■講演者略歴
    消費財メーカーに従事後、グロービスにて企業向け人材コンサルティング、名古屋オフィス新規開設リーダー、法人部門マネジング・ディレクターを経て、デジタル・テクノロジーで人材育成にイノベーションを興すことを目的としたグロービス・デジタル・プラットフォーム部門を立ち上げ責任者として組織をリードする。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 16:05~16:40 会場:ハート
    企業研修を科学的に斬る!ラーニングアナリティクスのインパクト
    サイコム・ブレインズ株式会社
    教育ビッグデータ事業推進本部
    取締役本部長
    川口 泰司 氏
    ■講演概要
    企業研修におけるICT利活用はここ数年で飛躍的に拡大し、集合研修とオンライン学習の併用などの手法は、ほぼ定番になりつつあります。さらに、スマートフォンを利用したマイクロラーニングなどのツールの登場が、集合研修そのものの進め方や研修後のスキル定着化プログラムまでを劇的に変化させようとしています。こうしたツール等から取得される学習行動に関するデータの分析がもたらす価値について、実施例を交えて解説します。
    ■講演者略歴
    十数年に渡る法人向けeラーニング事業の経験を活かし、人材育成全般にICTを適用したプログラム開発を専門としている。最近はラーニングアナリティクスに高い関心を持ち、データ取得から解析まで精力的に研究活動を行っている。特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム理事、モバイルラーニングコンソシアム理事
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 16:05~16:40 会場:スペード
    Kalturaを活用した動画の作成から配信までのワークフロー構築
    Kaltura
    APAC Japan Country Manager
    安藤 典久 氏
    ■講演概要
    今後動画が、ますます活用されるようになることは間違いありません。その場合、その動画をどう管理すればいいのでしょうか?少ない動画の本数であれば、手作業で管理できます。しかしながら、動画の本数が大量になると、そうはいきません。動画プラットフォームの機能を活用して、如何に簡単に動画を作成し、整理し、検索可能にし、自動的に配信し、分析できるようにするのか。一連の内容をご紹介させて頂きます。
    ■講演者略歴
    2015年2月、ビデオプラットホームサービス提供会社である、KalturaのJapan Country Managerに就任。Kalturaとは前職の日本IBM時代から協業パートナーとして連携。Kaltura以前は、グローバルIT会社のエンジニア、コンサルテーション及び経営職に従事。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 16:10~16:45 会場:ダイヤ
    eポートフォリオが拡げる教育の可能性
    株式会社グローバルパートナーズ
    コンサルタント
    ケン フォーセット 氏
    ■講演概要
    近年、教育改革の必要性が叫ばれ続けています。教育現場は、知識偏重型の教育から、多くの情報を収集・分析・統合・判断し、多様な考えや概念を表現する探究型への移行が進んでいます。それに伴い、児童の学習成果を評価・記録・報告する方法も見直しが迫られています。その中で、一つのツールだけでなく、教育全体に対する考え方・アプローチが変わるeポートフォリオの魅力をご紹介します。
    ■講演者略歴
    ニュージーランド国籍、日本生まれ日本育ち。関西のインターナショナルスクールで5年勤務し、国際バカロレアのコーディネーターなどを担当。現在、株式会社グローバルパートナーズで国際教育のコンサルタントをしながら東京コミュニティスクールにて英語教師を担当している。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 16:10~18:00 会場:ジャック
    グローバルなオープンエデュケーション・コンテンツの先進現場事例
    NPO法人 Asuka Academy
    理事長
    福原 美三氏

    広尾学園
    副校長、教務開発部長
    金子 暁氏

    横浜国立大学
    情報基盤センター
    情報基盤センター長
    田名部 元成氏

    株式会社日立製作所 
    総合教育センター
    日立総合技術研修所
    高橋 宜孝氏
    ■講演概要
    MITなど世界トップ大学による教育のオープン化が

    世界の学校教育や人材育成を大きく変えています。

    変化の激しい時代、世界最良・最先端の知を無料で活用して

    学びを変革できるメリットは大変に大きなものです。

    日本ではコンテンツが英語であることが壁になっていましたが、

    NPO Asuka Academyと教育現場との協働取り組みによって、

    コンテンツの日本語翻訳とWEBでの無償公開が続いており、

    新しい学習モデルの開発も始まっています。

    本トラックではグローバルな学習コンテンツを取り入れて

    最先端の実践を行っている初中等教育、高等教育、企業内教育の各現場から

    第一線実践者の先生方にお集まりいただき、

    先進的な現場事例の発表とパネルディスカッションを行います。
    ■講演者略歴
    ■NPO法人 Asuka Academy
    理事長
    福原 美三氏

    略歴:慶應義塾大学大学院工学研究科修士課程修了。京都大学大学院情報学研究科博士後期課程単位取得修了。1978年に日本電信電話公社横須賀電気通信研究所入所、NTT情報通信研究所、NTT-X取締役、NTTレゾナント。2004年デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構教授などを経て、2011年4月より明治大学研究・知財戦略機構特任教授に就任。
    JMOOC(一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会)常務理事・事務局長。
    元JOCW(日本オープンコースウェア・コンソーシアム)代表幹事。

    ■広尾学園
    副校長、教務開発部長
    金子 暁氏

    略歴:
    広尾学園中学高校副校長、教務開発統括部長。学校改革と広報戦略を担当し、学校改革の中でICTをベースにした教育活動の高度化を推進。現在、従来の学校教育を超えて行くための次の学校改革に踏み出している。文部科学省デジタル教科書検討会議委員。

    ■横浜国立大学
    情報基盤センター
    情報基盤センター長
    田名部 元成氏

    略歴:
    横浜国立大学大学院国際社会科学研究院教授、情報基盤センター長(併任)。博士(工学)。専門分野は、情報システム学。情報システム、経営情報論、ビジネスシミュレーション関連科目を担当し、ゲーミングシミュレーション、キュレーション学習法、OERを活用した授業を展開。情報処理学会、経営情報学会会員。

    ■株式会社日立製作所 
    総合教育センター
    日立総合技術研修所
    高橋 宜孝氏

    略歴:
    (株)日立製作所日立研究所入社、組込みシステム開発に約10年従事後、
     本社教育部門へ異動。若手技術者の社内教育機関である日立工業専門学院で
     情報工学分野の指導業務に従事後、現在は日立総合技術研修所で情報技術分野
     の研修企画を担当。
  • 満席

    企画講演10月27日 (金) 17:00~17:35 会場:クローバー
    ラーニングアナリティクス&AI教材 見て触って体験ワークショップ!
    株式会社デジタル・ナレッジ ビジネスソリューション事業部長 齋藤陽亮氏
    株式会社デジタル・ナレッジ プラットフォーム事業部 教育ビックデータチーム 
    エンジニア ラーニング・データサイエンティスト Jason Gettys氏
    ■講演概要
    ラーニングアナリティクスと語学用AI教材を実際に体験できるワークショップ型セミナーです。定員10名の少人数でPCとスマートフォンを利用し、ラーニングアナリティクスでは弊社のデータサイエンティストによるデモンストレーションを行います。
    実際のデータに触れていただく事も出来ます。語学用AI教材では英語、中国語の3つのデジタル教材「ダイアローグ訓練評価」「ライティング訓練評価」「発音矯正」の受講と教材制作を体験頂けます。
    ━━━━━━
    ★参加特典★
    ━━━━━━
    パラパラっと見やすい小冊子【教育ビッグデータ早わかりブック】プレゼント!教育ビッグデータ&ラーニングアナリティクスのヒントがいっぱい詰まった見応えたっぷりの小冊子をご聴講いただいた方全員にお配り致します。
    ■講演者略歴
    齋藤陽亮(ファシリテータ)
    2009年デジタル・ナレッジ入社。100を超えるeラーニングビジネスのコーディネートを行ってきたeラーニングビジネス専門家。

    Jason Gettys(ラーニング・データサイエンティスト)
    2005年デジタル・ナレッジ入社。多数のeラーニング開発を経て学習履歴データ分析・活用を専門とするエンジニア。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 17:00~17:35 会場:ダイヤ
    AIがあなたの発話を指摘!「AI個人トレーナー」のご紹介
    ■A5 Technologies
    CEO
    Daire O’Neill

    ■株式会社ネットラーニング
    コースウェア事業部
    部長
    野口 茂
    ■講演概要
    新商品「AI個人トレーナー付きオフィス英語」とはどのような商品なのか、デモを交えてご紹介します。またご参加の方には実際に商品を使っていただき、どのような学習ができ、どのような効果があるのかも実感していただきます。今までになかった勉強方法にもかかわらず、より短期間でより効果的に英語をマスターできる方法を体感いただけます。
    ■講演者略歴
    ■A5 Technologies
    CEO
    Daire O’Neill

    略歴:
    音声関係や信号処理を専門とし、チーフエンジニアとして東京にて日本企業に5年間従事。その後2015年にアイルランドでA5 Technologiesを創業。語学学習のためにゲーム体験とロールプレイで、今までにない新しい学習体験を最新テクノロジーで作り出している。

    ■株式会社ネットラーニング
    コースウェア事業部
    部長
    野口 茂

    略歴:
    株式会社インタラック、株式会社アルク教育社にて国際化研修のコンサルティングセールスを合計11年間担当、株式会社ネットラーニングの立ち上げから現在に至るまで19年間eラーニングの企画・提案を行っている。
  • 受付中

    企画講演10月27日 (金) 17:10~17:45 会場:スペード
    【4技能統合型】高校英語のアクティブ・ラーニング 成功する指導技術&4技能統合型活動アイデア50
    東京都立白鷗高等学校
    主任教諭
    英語科 小林 翔 氏
    ■講演概要
    主体的・対話的で深い学びを実現するためには何が必要でしょうか?ICTがあるだけでは万能ではありません。本講演では中学1年生から高校1年生までの学校の英語授業においてICTを活用したアクティブラーニングの授業実践を録画した授業ビデオを見ながら解説します。ICTを使用した授業のみならず、ホワイトボードや写真や絵などを活用したICT環境が整っていない学校現場でも実践できる活動アイデアも多数紹介します。
    ■講演者略歴
    関西大学大学院修了(外国語教育学修士)。専門は英語授業実践学。単著に「高校英語のアクティブ:ラーニング成功する指導技術&
    4技能統合型活動アイデア50」(明治図書)、共著書に「英語授業の心・技・愛ー小・中・高・大で変わらないことー」(研究者)がある。第65回読売教育賞外国語・異文化理解部門優秀賞受賞。第32回東書教育賞入選。

選択リスト

続けて他の講演を選択できます。
選択完了したら申込を確定します。
申込を確定した後でも講演を追加・キャンセルできます。

申込を確定